1. VOCEで人気のヘアメイクさんがベースメイクの悩みに真剣に答えてみました!Part.4
VOCEで人気のヘアメイクさんがベースメイクの悩みに真剣に答えてみました!Part.4

2015.11.08

VOCEで人気のヘアメイクさんがベースメイクの悩みに真剣に答えてみました!Part.4

顔全体の雰囲気をも左右するベースメイク。肌質、肌色、さらには輪郭コントロールもちょっとの工夫で思いのままに。

芦田 夏子
VOCE編集チームエディター
by 芦田 夏子

Q1 ハイライトやノーズシャドウで顔が濃くなりすぎてしまう……

A.ハイライトだけに絞りましょう。(KUBOKIさん)
「メタリックな質感だとギラつきやすく危険度が高いので、繊細なパール感でサラッとなじむアイテムで、メリハリをつけたい鼻筋、Cゾーン、アゴ先に」

Q2 雑誌モデルのようなハイライトの入れ方が知りたい!

A.皮膚が薄そうに見える入れ方を。(信沢さん)
「そうすると、すごく透明感がでるんです」

voce12月号,ベースメイク

こめかみから目の下を通り、左右を眉間で繋げる“逆メガネ”のイメージで。

RMK グロースティック

ナチュラルに肌を輝かせるハイライト。スティックタイプで狙ったところに塗りやすいのもポイント。
RMK グロースティック ¥2000

Q3 シェーディングしたいけど、顔が面長なのでやり方がわからない!

A.耳の前のくぼみにプチ扇状&生え際とアゴ先に。(AYAさん)
「裏アゴにも入れるとより効果的です」

voce12月号,ベースメイク

スック カラーファンデーション03

ダークなベージュカラーでシェーディングに最適なスティック状ファンデーション。
スック カラーファンデーション 03 ¥4000

Q4 ちょい日焼け肌を秋冬の肌にするには?

A.光と影をうまく操る。(信沢さん)

「ポイントは、色ではなく質感でのコントラスト。肌をツヤツヤさせると日焼け感が悪目立ちしやすいので、ベースはあえてマットめにして、目もとか唇をツヤっぽく。ツヤは光になるので、マットめな肌に透明感をだしてくれるし、異質感のコントラストで肌に陰影がつくので立体感も生まれ、上品な肌に」

voce12月号,ベースメイク

答えてくれたのは…

Image title

KUBOKIさん
知力に裏打ちされた確かなメイク技術の持ち主。骨格すら操る濃淡テクで、顔立ちを激変させる色使いの魔術師。「Three Peace」所属。

Image title

信沢Hitoshiさん
多くの有名人を虜にする魅力を引き出すワザと、卓越した発想能力に基づいた実用的、かつハートに響く愛のあるアドバイスは必見!

Image title

AYAさん
人気アーティストらしい鋭い感性に、女性ならではの目線をプラスした親身な回答には今すぐ使えるアイデア満載。「LA DONNA」所属。

Image title

中村未幸さん
雑誌のジャンルも世代も問わず、あらゆる女性をキレイにする手腕&豊富な経験値を武器にしたアドバイスは超的確。「roraima」所属。

11月15日(日)「アイメイクと眉の悩みにVOCEのイチオシメイクのプロが答えます」を公開予定。

撮影:神戸健太郎(人物) 伊藤泰寛(商品)
ヘア&メイク:信沢Hitoshi、田中陽子(パーツ)
スタイリスト:川崎香織
取材・文:橋本日登美、河津美咲
構成:芦田夏子

芦田 夏子
芦田 夏子
毛穴やニキビ、テカリが気になる典型的オイリー肌のアラサー。美容の基本から勉強中。根本的なスキンケアやインナーケアの重要さに今更気付き始めました。趣味は読書とお酒と整理収納。

この記事に登場したコスメ

最新号

VOCE 07月号

7月号を立ち読みする!

最新号の内容を見る

VOCEアプリ

VOCE APP

記事をサクサクCHECK!

ダウンロードはこちら