1. シャネルのビューティブティックがマレに登場

2016.02.27

シャネルのビューティブティックがマレに登場

パリを代表する高級ブランド・シャネルが、フレグランスとビューティアイテムだけを取り扱うコスメブティックをマレにオープン。その世界感を余すところなく堪能しつつ、キレイを磨ける注目スポットとなっています。

シャネルのビューティブティックがマレに登場
井筒 麻三子
ライター・エディター
by 井筒 麻三子

Image title

あれこれ試したい我が儘ガールもwelcome!

誰もが大好きなブランド・シャネル。ファッションアイテムはちょっと手が届かなくても、コスメなら……と思う人も多いのでは? そしてせっかくなら「あれこれ試して、全部色も見てみたい!」——そんな我が儘な声にもきっちりおこたえしてくれる、フレグランス&ビューティアイテム・オンリーのブティックがお洒落地区マレにオープンしました。

Image title

凄腕ミラーのもと、最適カラーが選べる

明るく開放感溢れるブティック内には、シャネルの全メイクアップコレクションから、ネイル、スキンケアそして、フレグランスラインまでがずらり。製品を使ってタッチアップをしてもらえるメイクアップステーションには、光を変えられるライトを装備したミラーが設置されており、日中の光からキャンドルの灯り、さらには夜のクラブライトまで選べるので、シチュエーションに合わせたカラー選択が可能。もちろん、肌トーンにぴったりなファンデーション探しだって、より厳密にできちゃいます。

Image title

香水探しだって、お任せあれ!

フレグランスは『レ ゼクスクルジフ』のコレクション15種類も含め、すべて完備。その日の気分の香り、またはこれから長く使えるパートナー的フレグランスまで、その人のニーズに合わせて、フレグランス・エキスパートの スタッフのアドバイスのもと選ぶことができます。

Image title

シャネルの世界感を存分に味わえる

こちらのブティックに足を伸ばすならぜひ、インテリアにも注目を。シャネルといえばのキルティングが施されたレザーのチェアは、カンボン通りにあるマドモアゼルのアパルトマンにあるソファからインスパイアされたもの。ワイヤーアートで制作されたマドモアゼルのシルエットが飾られた壁、プロダクトを表現したストーリーボードテーブルなど、とにかく見どころがいっぱい。シャネルワールドをとことん満喫できる空間なのです。

Chanel Le Marais
40, rue des Francs-Bourgeois, 75004 Paris
+33(0)1 49 96 46 00
営11:00-19:30 (土日は11:30-19:30)
無休
#CHANELMARAIS

Image title


井筒 麻三子
井筒 麻三子
エディター&ライター。もとは美容中心だったものの、今や旅や著名人のインタビューページと、何でもアリのオールラウンドに活躍。25ans編集部等を経たのち独立。さらにヨーロッパに移住すべく、2011〜2013年に英国で生活、2014年よりパリ生活をスタート。VOCEを始め、さまざまな雑誌でゆるりとお仕事中。ミモレブログ(http://mi-mollet.com/category/blog-izutsu)随時更新。インスタグラム(@mamigorota)でも日々のことをUPしています。

記事ランキング

あなたにオススメの記事

この記事に登場したコスメ

最新号

VOCE 11月号

11月号を立ち読みする!

最新号の内容を見る

VOCEアプリ

VOCE APP

記事をサクサクCHECK!

ダウンロードはこちら