1. 女は本来がもっと打算的に生きるべきである

斎藤薫の美容自身2

2016.06.08

女は本来がもっと打算的に生きるべきである

人気連載「斎藤薫の美容自身 STAGE2」。 今月のテーマは女は本来がもっと打算的に 生きるべき理由について。毎月第2水曜日更新。

女は本来がもっと打算的に生きるべきである
齋藤 薫
ビューティジャーナリスト
by 齋藤 薫

キャサリン妃は打算的なのか? 当然の女の夢を叶えただけ

 キャサリン妃はよく知られるように、ウィリアム王子の大学の同級生。しかし絵に描いたようなシンデレラストーリーには、案の定“水を差す声”もあったようで、それが「王子とわざわざ同じ大学に入学した」というもの。すでにエディンバラ大学への入学を決めていたのに、王子の進学が発表されたセント・アンドリューズ大学に急遽変更したとの説が浮上した。ただこれが事実であったとして、あなたはキャサリン妃を“計算高い女性”と思うだろうか? 逆にもし一国の王子が自分と同じ年齢なら、どんな女の子でも“王子に見初められる夢”を見たはず。一方で、娘をプリンセスにすることに必死だったのは、元“客室乗務員”の母親だとも言われたが、それこそ王子と同年代の娘が王妃になる可能性を考えない母親はいない。第一これは、狙って狙える話じゃない。キャサリン妃はやはりそういう星の下に生まれついた人。そういう人がもし、王子に近づく努力を何もしなかったら? と考えるとそのほうが問題だ。女なら誰でも見る夢を見て、誰もが望む幸せを手にしようとするのは、計算ではない。キャサリン妃の場合は“成果”が大きすぎただけで、女に生まれたら、この程度の計算は当たり前のことなのじゃないか。

 '70年代から'80年代、日本の女は限りなく“打算的”だった。“三高=高学歴、高収入、高身長”が結婚相手の基本的条件であり、“玉の輿”を狙うのもごく普通のこと。良い結婚を誰もが望んだから、誰もそれを打算と思わなかった。でもバブル崩壊以降、そうしたエネルギーは一気に低下、結婚で自分を高く売ろうとは思わなくなった。それは、仕事上のスタンスにもよく現れていて、'80年代に多くの女性が具体的な方策もなしに抱いてい“成功願望”も、するすると消えていった。もっと言うなら、露骨な“野心”を持つこともなくなったように思う。 総合すれば、それはやはり“女の進化”。自分の身の丈を知り、法外な結婚も望まない。社会のニーズと自分の立場を客観的に見つめて、無謀な成功願望も持たない。それは明らかに精神的な女の進化。社会人としての成長。その分、女たちはトゲがなくなり、カドもなくなり、人との軋轢もなくなり、人の心もちゃんと読めるから、“独りよがり”にならない。妙な夢も見ない分、計算もしない。これはまったく喜ばしいこと。いずれにしても今は'80年代と比べて、日本の女が精神的に大人なうえに清らか。“欲”よりも、心静かに生きる手段を選んだのだ。身に余る“大きすぎる幸せ”を望まず、スイーツとかヨガとか、女同士のおしゃべりとか、猫の温もりとか、そういう日常的な心の平和による小さな幸せだけで充分心が満たされる時代にした。いや確かに、そのほうが日本女性らしい。生き方に奥ゆかしさが戻ってきたと考えてもいい。でも一方、ふと思ったのは、それってあまりに禁欲的すぎないかということ……。
(次ページへ続く/アプリでご覧の方はそのまま表示)

  • 1
  • 2

記事ランキング

あなたにオススメの記事

最新号

VOCE 8月号

08月号を立ち読みする!

最新号の内容を見る

VOCEアプリ

VOCE APP

記事をサクサクCHECK!

ダウンロードはこちら