1. 化粧品メーカーが本気で語る!「VOCEのベストコスメを受賞するということ」

2016.06.26

化粧品メーカーが本気で語る!「VOCEのベストコスメを受賞するということ」

VOCEのベストコスメはガチなんです!だから、化粧品メーカーにとっても本当に重要…。“VOCEのベストコスメを受賞する”とは、どういうことなのか。コスメブランドから見たVOCEベストコスメの価値を伺いました。

化粧品メーカーが本気で語る!「VOCEのベストコスメを受賞するということ」
芦田 夏子
VOCE編集チームエディター
by 芦田 夏子

【SK-II】

Image title

P&G マックス ファクター合同会社 SK-II シニア PRマネージャー 土屋香里さん

“世間の目を釘付けにするVOCEベスコス勲章の威力”
VOCEのベストコスメは、美容界の第一線で活躍するプロの審査委員に評価していただく以外、受賞する術がありません。その分、信頼は厚く、製品の売れ行きも非常に伸びますし、他誌のアワードへの影響も強いと感じます。SK-IIは、私たちPRも構想の段階から関わり、中には世に出るまで10年以上温めてきた製品も。その間に研究、生産などの過程で携わる、すべての人間の熱い想いと製品の魅力をユーザーの方に伝えたいと思った時、VOCEベストコスメというタイトルは、絶大な後押しになります。賞をいただければ、努力が報われたと感動で涙し、もし達成できなければさらなる逸品を生み出すための糧として役立てています。

VOCE8月号,VOCEベストコスメ,

トロフィーの数だけ、喜びもあり、同じ分、受賞できるかという不安や緊張した思い出も。

【AYURA】

受賞の連絡を待っている間は、「ランクインを果たせるか、いやダメなのか……」と仕事が手に付かないほど緊張しました。実際に編集長よりお電話をいただいたときは、大きなプレッシャーから解放され、最高に嬉しかったことを覚えています。(アユーラ ラボラトリーズ 商品企画[当時] 前田美和子さん)

【BOBBI BROWN】

VOCEベストコスメ受賞という栄冠をいただけるのは、名品の証。お客様にも影響力のある賞だからこそ、毎年、審査時期には、社内に緊張感が走ります! 受賞の連絡をいただいた時には、喜びのあまり、頭が真っ白になり、言葉が出ないほど興奮します。(ボビイ ブラウン PR 大久保麻世さん)

【LE COUVENT DES MINIMES】

ロクシタングループ内でも規模の小さなクヴォン・デ・ミニムがベストコスメを獲得するという一大快挙には、社長をはじめとするスタッフも皆、驚愕。社内での存在感をアップすることができました。(クヴォン・デ・ミニム ジャポン プロダクトマネージャー 勝山日佐子さん)

【WELEDA】

VOCEベストコスメにホワイトバーチ ボディオイルが選ばれたからこそ、いまのヴェレダがあるといっても過言ではありません。10年前、初めてトロフィーを頂いた時の驚きは忘れられません。(ヴェレダ・ジャパン PR 栗田綾野さん)

【GUERLAIN】

VOCEベストコスメのトロフィーは、まさに勲章。オフィスの全員が目に触れる所に飾ってあります。ミニトロフィーをつくり、売り場にディスプレイするなど、販売促進にも結びつけています。(ゲラン PRマネージャー 南山絵里さん)

【THREE】

VOCE8月号,VOCEベストコスメ,

株式会社ACRO 代表取締役社長 石橋 寧

“VOCEベスコス受賞作は、海外でも大ヒットする”
「VOCEでベスコスを獲った、あのリップをください」。こんな調子で、店頭には受賞したカラーを指名するお客様が殺到し、瞬く間に大ヒットアイテムになりました。驚くことに、「ほかの色も使ってみたい」と、受賞色以外も全色が売れるというまれな事態に。さらには、次のシーズンに発表した新色まで大ヒットするなど、VOCEベストコスメの冠を得た製品の人気は、いつまでも色褪せません。それほどの賞だからこそ、確実に獲りたいところですが、どんな手段もランキングを動かすことは不可能だと重々承知しています。まっさらの審査用紙に一人でも多くの審査員がTHREEと書き込んでくださることを願い、新しい製品のご紹介に全力を注いでいます。

VOCE8月号,VOCEベストコスメ,

THREE本社の入り口には、過去の受賞トロフィーがズラリと並ぶ。「今後もっと増やす予定」と意気込む。

【Helena Rubinstein】

VOCE8月号,VOCEベストコスメ,

日本ロレアル株式会社 ロレアル リュクス事業本部 ヘレナ ルビンスタイン PR/メディア 統括マネージャー 峠 亜紀

“メガヒットとロングセラーが約束される絶対的な賞”
VOCE年間ベストコスメ授賞式で、舞台上で震えが止まらなくなったことがありました。それは、この賞が製品生命を大きく左右する存在であり、その受賞の喜びとプレッシャーからくるものでした。美容雑誌の草分けであるVOCEのベストコスメは、注目度の高さが格別。頂点に立てば、製品を知っていただくチャンスが拡がり、売り場にトロフィーのレプリカを置けば、店頭のBAも、より自信を持っておすすめできるようになり、さらなるヒットにつながっていきます。そのチャンスを摑むために、PRも必死です。新製品発表会などで、どう製品の特性や魅力を伝え、印象に残すことができるのか趣向を凝らし、必勝祈願も欠かしません。

VOCE8月号,VOCEベストコスメ,

毎期、商売繁盛の神様が祀られた神社へ。絵馬には“VOCE年間ベスコス受賞”と願いが。

【POLA】

数あるベストコスメ企画の中でも「VOCE がいちばん信頼できる」「本当に役に立つ!」「選者のお目が高い」というようなコメントが多くのお客様から店頭の販売員に届いているようです。(ポーラ 宣伝部PR 田中琴乃さん)

【Sinn Pureté】

VOCEベストコスメの審査期間から発表期間は、願掛けのためにPR部署の全員で断酒しています。そのため、受賞の連絡をいただいた時には、喜びもひとしお、全員でガッツポーズ!!!!(スタイラ PR 大澤美保さん)

2016年上半期VOCEベストコスメはコチラ!→http://i-voce.jp/cosme/bestcosme/2016ss.html

撮影:恩田亮一、伊藤泰寛、柏原力、浜村達也
取材・文:金子優子
構成:芦田夏子、与儀昇平

VOCE2016年8月号

VOCE2016年8月号
特集 「VOCEにしかできない! VOCEでしか読めない! 信じるべきはVOCEベストコスメ」詳しくは→http://i-voce.jp/magazine/magazine_voce/

芦田 夏子
芦田 夏子
毛穴やニキビ、テカリが気になる典型的オイリー肌。美容の基本から勉強中。根本的なスキンケアやインナーケアの重要さに今更気付き始めました。趣味は読書とお酒と整理収納。

記事ランキング

あなたにオススメの記事

SPECIAL

  • 南国プーケットで撮りおろした、素顔の大島優子が満載!大島優子×VOCE 2017 CALENDAR

  • \もっとキレイになりたい!/VOCE×美BEAUTE 連載中

最新号

VOCE 3月号

03月号を立ち読みする!

最新号の内容を見る

VOCEアプリ

VOCE APP

記事をサクサクCHECK!

ダウンロードはこちら