1. 原因はたるみ? 乾燥? できちゃった”ほうれい線”を消す方法

2016.10.12

原因はたるみ? 乾燥? できちゃった”ほうれい線”を消す方法

加齢やその他のさまざまな影響によりできてしまったほうれい線を、ホームケアで完全に消すのは難しいことです。しかし、現在のほうれい線の状態を改善することは可能です。今回は、ほうれい線の主な原因である「たるみ」と「乾燥」に絞って、できてしまったほうれい線の改善方法をご紹介します。

原因はたるみ? 乾燥? できちゃった”ほうれい線”を消す方法
スキンケア 大学
スキンケア情報サイト
by スキンケア 大学

たるみが原因のほうれい線とその対処方法

むくみを改善するツボ押し

顔のリンパの流れが滞ったり、水分がたまったりするとむくみの原因になります。むくんで皮膚のすぐ下に水分がたまると、その重さによって、さらにたるみが起こるようになります。まずはリンパの流れを良くするために、以下のような「ツボ押し運動」をしてみましょう。

【1】下唇のすぐ下の部分を人差し指で押しながら「1、2、3、4」とカウントする
【2】口角の部分を押し、同じようにカウントする
【3】鼻の下、小鼻の脇、頬骨に沿って耳の前までツボを押していき刺激する

表情筋の衰えを防止するフェイスエクササイズ

表情筋を鍛えることによって、ほうれい線は解消されていきます。箸をくわえるフェイササイズが効果的です。

【1】箸をくわえる
【2】上下の唇をつけたまま、唇を横に引く
【3】そのまま5秒間キープ
【4】唇を付けたまま、口角だけを「にっ」と上げて微笑み、5秒キープ
【5】最後に口角を上げ、歯を見せて笑う

Image title

わざわざフェイスエクササイズをしなくとも、笑うことは表情筋を鍛えることになります。普段の生活から笑ったり、喋ったりして表情筋を鍛える生活をしてみてください。

皮膚の乾燥が原因のほうれい線とその対処法

加齢により肌の角質層にあるセラミド(細胞間脂質)や天然保湿因子(NMF)の量が少なくなってきます。すると角質層内の水分保持能力も低下し、肌の弾力が失われ、ほうれい線が深く刻まれてしまう原因になります。肌の乾燥はほうれい線の天敵です。肌が乾燥しないように保湿を心掛けることが、ほうれい線を改善するための手段の一つなのです。

Image title

乾燥肌の予防にはしっかりとした保湿が大切になります。保湿効果の高い化粧水にセラミドやヒアルロン酸配合のものがあります。セラミドやヒアルロン酸は人の肌に存在する成分ですので、肌になじみやすく保水力が高いとされています。
また、季節によっては加湿器などを使って、適度な湿度を保つようにすると良いでしょう。

【関連記事】
どうしてお肌はたるむの?日常で出来る3つの予防策を伝授♡
20歳から失われる肌のハリは”ダブルアプローチ”でを取り戻す
内側からのケアは食事が重要!ハリを取り戻す食事のポイント

Image title

http://www.skincare-univ.com/

この記事の監修 赤坂ビューティークリニック 院長 青山秀和先生


スキンケア 大学
スキンケア 大学
スキンケア大学は、ドクターやビューティーアドバイザー、管理栄養士の協力のもと、信頼・安心できる情報をお届けすることで、健康な肌・美しい肌を保つ「お肌のための暮らし」を提案しています。

記事ランキング

あなたにオススメの記事

最新号

VOCE 9月号

09月号を立ち読みする!

最新号の内容を見る

VOCEアプリ

VOCE APP

記事をサクサクCHECK!

ダウンロードはこちら