1. 意外!フランスでは髪の〇〇でモテ度が決まる!?

2016.10.30

意外!フランスでは髪の〇〇でモテ度が決まる!?

フランスと言えばアムールの国。パリでも、ラブラブカップルを至るところで見かけます。ところが、自己アピールのための髪の考え方が、日本とはちょっと違うよう……。恋愛至上主義なフランス女が行う、モテのテクニックに迫ります。

意外!フランスでは髪の〇〇でモテ度が決まる!?
井筒 麻三子
ライター・エディター
by 井筒 麻三子

美髪の鍵は、ボリューム感

Image title

日本女性の髪の悩みとしてしばしば挙げられるのが「髪が多い」こと。でもこれ、フランスでは非常に羨ましがられるビューティ・ポイントなのです。西洋人は髪が細く猫っ毛で、毛量も少ない人が多いため、髪がぺたっと貧弱になりがち。隣の芝生は青いと言いますが、「外国人の髪は柔らかそうで、いいなあ」なんて思っている私たちとは裏腹に、彼女たちの悩みはハリ、コシのなさ。ゆえに、ヘアケアアイテムの宣伝文句で見つかるのは常に「ボリュームアップ!」の言葉だったりします。

モテのためには、長さも大事!

Image title

また、女らしさ=ロングヘアという概念は日本よりもさらに強く浸透しており、若い女性でショートヘアは希少種といっていいレベル。前髪がある人もあまり見かけません。「掻きあげられるような長い髪」こそが、モテる、セクシー(フランスでは可愛いは大人の女の褒め言葉にはなりません!)の最低条件なんです。

自撮り前は必ず! パリジェンヌ式美人見えヘアテク

Image title

そんな美意識から、自撮りなど写真を撮る際にフランス女子たちが皆行うのが“頭を下に向けて根本を立ち上げ、さらに手櫛でくしゃくしゃっと空気を入れる”一手間。それ、髪型崩れるのでは……と思ったりしますが、とにかくボリューム第一なのと、それなりにまとまって見えるのでOKの様子。日本人男性にウケるか……はちょっと謎ですが、外国人男性にはこのテク使えるかも、です。

井筒 麻三子
井筒 麻三子
エディター&ライター。もとは美容中心だったものの、今や旅や著名人のインタビューページと、何でもアリのオールラウンドに活躍。25ans編集部等を経たのち独立。さらにヨーロッパに移住すべく、2011〜2013年に英国で生活、2014年よりパリ生活をスタート。VOCEを始め、さまざまな雑誌でゆるりとお仕事中。ミモレブログ(http://mi-mollet.com/category/blog-izutsu)随時更新。インスタグラム(@mamigorota)でも日々のことをUPしています。

記事ランキング

あなたにオススメの記事

最新号

VOCE 9月号

09月号を立ち読みする!

最新号の内容を見る

VOCEアプリ

VOCE APP

記事をサクサクCHECK!

ダウンロードはこちら