1. まつげ貧乏とサヨナラ!自まつげが濃く長くなる栄養素・食品5選

2016.11.23

まつげ貧乏とサヨナラ!自まつげが濃く長くなる栄養素・食品5選

長く美しいまつげは女性の憧れ。メイクによるダメージを緩和し、丈夫ですこやかなまつげを保つためにも、毎日のケアに加えてまつげを伸ばすことに効果的な栄養素を意識的に摂取しましょう。まつげが伸びる育毛効果のある食べ物をご紹介します。

まつげ貧乏とサヨナラ!自まつげが濃く長くなる栄養素・食品5選
スキンケア 大学
スキンケア情報サイト
by スキンケア 大学

まつげのために摂りたい栄養素・食品

「食べるとまつげが伸び、濃くなる食べ物(=ピンポイントでまつげに影響を与える食べ物)」というものは、残念ながら存在しません。しかし、まつげも体毛であるため、育毛に効果的な栄養素を積極的に摂取することが、すこやかで美しいまつげの保持につながると言えます。以下に、育毛のサポートに効果的とされる、主な栄養素をご紹介します。

(1)L‐シスチン

L‐シスチンに含まれるイオウは、皮膚や体毛、爪の主成分であるタンパク質を作る重要な成分といわれています。毛や爪、肌を健康に保つ効果と、美肌・美白効果、老化や病気から体を守る効果が期待できるとされています。

Image title

L‐シスチンを多く含む食品には、牛肉、羊肉、牛乳、鮭、オートミール、小麦粉などがあります。肉類から摂取する場合は、野菜などと組み合わせ、栄養素をバランスよく摂るよう心がけましょう。

(2)メチオニン

必須アミノ酸の一つなので、食事からの摂取が必要です。髪などの体毛を構成するタンパク質のほとんどは、ケラチンで占められています。ケラチンは18種類のアミノ酸から成るのですが、中でも上述したシスチンというアミノ酸が多くの割合を占めます。このシスチンの材料となるのが、メチオニンです。よって、健康な髪を育むために欠かせない栄養素となるのです。育毛効果以外にも、肝機能の向上、アレルギー症状の緩和、うつ症状の改善、老化防止、ヘアケアなどに効果があります。

Image title

多く含まれる食品には、鶏肉、牛肉、羊肉、マグロ、かつお、牛乳、チーズ、豆腐、ナッツ類などがあります。

(3)ビオチン

水に溶けやすい水溶性の成分で、アミノ酸や脂質の分解・代謝を助ける働きをしています。体内では肝臓、腎臓、筋肉、乳腺、消化管の順に多く存在します。ビオチン不足になると、アミノ酸からタンパク質をスムーズにつくることができなくなるため、タンパク質を主成分とする体毛や皮膚、粘膜の生成に影響が出てきます。

Image title

ビオチンを多く含む食品には、牛レバー、魚介類、ヨーグルト、大豆、卵、ほうれん草などがあります。

(4)亜鉛

ミネラル成分として人間の体内で血液や皮膚、骨、腎臓、肝臓、毛などの細胞に存在しています。毛の主成分であるタンパク質の合成を助けたり、酵素の構成成分となって代謝を助け、皮膚や毛の生え変わりを促進する働きをします。抜け毛を予防する効果のほか、成長促進、二日酔い防止、味覚を正常に保つ効果もあります。

Image title

亜鉛が多く含まれる食品には、生牡蠣、カニ、豚レバー、牛乳、納豆などがあります。亜鉛はミネラルの中でも不足しがちな成分なので、意識的に摂取する必要があります。

(5)ポリアミン

細胞分裂を促進するなど、新陳代謝を正常に行うための重要な役割を担っているため、不足すると細胞の老化が著しくなるといわれています。

Image title

ポリアミンが多く含まれる食品には、大豆発酵食品、チーズ、きのこ類、鶏肉などがあります。

まつげを伸ばすお手入れ法

まつげを伸ばすためには以下のようなお手入れ方法を取り入れるといいでしょう。

(1)目もとをきれいに洗う

他の部分のメイクより濃くなりがちなアイメイクを落とす際には専用のリムーバーを使用し、力を入れずにやさしく落としましょう。コットンに専用リムーバーを染み込ませ、ポイント部分に少し置いておくと、自然にメイクが浮いてくるので、ゴシゴシこすらずともメイク残りなくきれいに落とすことができます。

(2)まつげ美容液を活用する

まつげ美容液を使用することで退行期前の抜け毛を防ぐことが可能ともいわれています。メイク時のダメージの緩和にもつながるので、より丈夫なまつげを保つことができるでしょう。代表的な成分としては、毛の成長をサポートするアセチルデカペプチド-3や、保湿、血行促進に効果のあるオタネニンジンエキス、まつげ専用保護成分のワイルドラッシュなどがあります。せっかくまつげ美容液を使用するのですから、美容液の効果が存分に発揮されるよう使いましょう。

(3)「育毛サプリ」という方法もある

最近は、まつげ専用の育毛サプリというものも市販されています。ビオチンや亜鉛、L-シスチンなど、育毛に効果的とされる成分が配合されており、健康なまつげを保つだけでなく、まつげを伸ばすためのサポートも期待できるアイテムです。皮膚が弱くてまつげ美容液はかぶれるから使用できないという方や、目にしみることに悩んでいるという方に特におすすめです。

まつげ美容液の正しい使い方

一方のまつげ美容液は、一般の化粧品です。こちらは、現在生えているまつげにアプローチするためのアイテムで、トリートメントのような存在です。ダメージからまつげを守るための保湿成分をはじめ、オタネニンジンエキスやアセチルデカペプチド-3などを配合しており、まつげのコシやツヤを高める効果が期待できます。また、まつげは、落ちにくいアイメイクや、それを落とすためのクレンジングによりダメージを受けやすいものです。まつげ美容液はそれらのダメージを和らげ、抜け毛の予防にも効果的だといわれています。

まつげ美容液を塗るタイミング

まつげ美容液を塗るタイミングは、洗顔後すぐのなにもつけていない状態のときです。朝と夜の2回、スキンケア前に行うことが多いようですが、使用回数は商品によって異なりますので注意書きをしっかり確認してください。まつげの根本とまつげそのものに塗りましょう。

Image title

まつげの育毛剤や美容液にたよるだけでなく、自分でも日頃からまつげをダメージから防いで労わる工夫をすることもとても大切です。バランスのよい食事で必要成分をしっかり摂取し、健康で丈夫なまつげを保つ一助としてください。普段の食事で必要量を摂取するのがなかなか難しいという方は、サプリメントで補うことをおすすめします。ただし、栄養素によっては摂取量の上限があるので、注意してください。

【関連記事】
えっ一緒じゃないの!?「まつげ育毛剤」と「まつげ美容液」の違い、知ってる?
フサフサ目元には理由があった!”まつ毛美人”が実践している生活習慣
実は目の負担になっていた!要注意な「まつげメイク」とは

Image title

http://www.skincare-univ.com/

スキンケア 大学
スキンケア 大学
スキンケア大学は、ドクターやビューティーアドバイザー、管理栄養士の協力のもと、信頼・安心できる情報をお届けすることで、健康な肌・美しい肌を保つ「お肌のための暮らし」を提案しています。

記事ランキング

あなたにオススメの記事

最新号

VOCE 7月号

07月号を立ち読みする!

最新号の内容を見る

VOCEアプリ

VOCE APP

記事をサクサクCHECK!

ダウンロードはこちら