1. 〈正月の食べ過ぎををなかったことに!〉1月5日までにできる3日間リセット食はコレだ

2017.01.02

〈正月の食べ過ぎををなかったことに!〉1月5日までにできる3日間リセット食はコレだ

連日のイベントで食べすぎて胃がお疲れぎみ……。そんなときは、とりすぎを3日でなかったことにするリセット食にチェンジ! おいしくて簡単で効果も大!

〈正月の食べ過ぎををなかったことに!〉1月5日までにできる3日間リセット食はコレだ
芦田 夏子
VOCE副編集長
by 芦田 夏子

消化がいいもので胃を休めつつ、排出と代謝を促す食品を

連日食べすぎてしまっても、3日間だけリセット食に替えれば、なかったことにできるという朗報が! そのコツとは? 
「外食などでとり過ぎがちなものは、脂質、たんぱく質、食塩です。これらは消化に時間がかかるので、胃の負担を軽減するため3日間は消化にいいものをとって。また、外食でエネルギーオーバーになっているので、3日間は摂取エネルギー総量を減らし、1食を400kcal程度に。1日目は、胃を休めるため、水分を十分にとって、オイルは控えめにし、おかゆなど消化のいい主食や野菜とともに、ナトリウムを排出するカリウムや水溶性食物繊維を含む食品を中心に。2日目は、代謝を助けるビタミンB群などの栄養素や、排便を促して老廃物を出す不溶性食物繊維を含む食材も加えていきます。3日目は徐々に通常食に戻し、たんぱく質はしっかりとりながらもオイルは控えて全体のエネルギー量を抑えて」 このポイントに基づいて美才治真澄さんが考えてくれた3日間の献立をご紹介。おいしくて満足感が高いから、無理なくリセットできること間違いなし!

リセットPOINT1 エネルギー総量を減らす

消化に時間がかかるものが胃に滞っているうえエネルギーオーバーにもなっているので、3日間は消化にいいものをとり胃を休めて、エネルギー総量も抑える。

リセットPOINT2 Na(ナトリウム)=食塩を排出する

外食では味の濃い料理が多く、食塩(ナトリウム)をとりすぎる。ナトリウムの排出作用があるカリウムや水溶性食物繊維を含む食品をとること。

リセットPOINT3 オイル控えめ高たんぱくで戻す

たんぱく質は体を作り、代謝を上げるうえで重要。ただ消化に時間がかかるので2日目から徐々に増やし、オイルは控えめに調理をしてエネルギーを抑える。

NEXT:おいしいのに超カンタン!3日でリセット食はこちら!

記事ランキング

あなたにオススメの記事

最新号

VOCE 10月号

10月号を立ち読みする!

最新号の内容を見る

VOCEアプリ

VOCE APP

記事をサクサクCHECK!

ダウンロードはこちら