1. 【最新#クボヘア】前髪を変えれば、目ヂカラはアップする!

2017.02.02

【最新#クボヘア】前髪を変えれば、目ヂカラはアップする!

「#うぶバング」に象徴されるように、前髪で多くの女子を可愛くキレイにしてきた久保雄司さん。その真骨頂を誌面で実況! ベースの髪にはハサミを入れず、前髪オンリーでのお悩み解決策は、たった数ミリで変わるから、髪を切る勇気のない人も必見です。

【最新#クボヘア】前髪を変えれば、目ヂカラはアップする!
鏡 ゆうこ
VOCEエディター
by 鏡 ゆうこ

前髪で解決!目ヂカラUP!

解決策のカギは、前髪の内側にすき間をつくって、おでこをチラ見せすること。生まれるヌケ感が目の幅を広げて見せる効果を発揮。小さい目にぱっちり感がでて、目ヂカラ上昇。

目の印象2割増しアイラインバング♥

BEFORE

Image title

瀬戸晴加さん
目を超える長さの前髪がかぶさって、目の印象が薄れてしまっている状態。やや重たいことも目より前髪の存在感を目立たせているので、長さとボリューム調整をスタイリングで実行。

POINT◆内側に濡れ感をだして軽さをつくるヌケ感を

Image title

シアバターをなじませた手で、前髪内側から根元をなで上げる。濡れ感が加わってすき間ができ、ヌケ感が誕生。

POINT◆目の上に髪がくるよう毛先にカールをつける

Image title

直径26㎜のヘアアイロンで毛先から内巻きにワンカール。目の上の毛先がポイントになって、目の存在感がUP。

AFTER

Image title

目幅&黒目きわ立つチョッピーバング♥

BEFORE

Image title

Kurumiさん
おでこを覆い隠す重たい直線前髪は、その下にくる肌=まぶたが目立って、目自体が小さく見えがち。直線ラインはそのままに、内側にすき間をつくって、目そのものにインパクトを。

POINT◆ハサミをタテに入れて前髪の内側にすき間を

Image title

髪が重たくなりやすい中央部から黒目の外側までを中心に、前髪の内側をザクザクカットし、すき間をつくる。

AFTER

Image title

美容師・ヘアメイクアップアーティスト 久保雄司さん

Image title

「#うぶバング」など、数々の流行を発信してきたスーパー美容師。4月に表参道にサロンをオープン予定。ヘアメイクのワザが凝縮された『#クボメイク』(¥1200/講談社)が発売中。@kup000

撮影:岡部太郎/SIGNO、ヘアメイク:久保雄司、スタイリスト:MAIKO、取材・文:橋本日登美、構成:鏡裕子


鏡 ゆうこ
鏡 ゆうこ
VOCEビューティエディター&ライター。編集部イチのトレンドキャッチ力を誇るオシャレ番長。学生時代からVOCE編集チームでアシスタント経験を積んだ後、VOCEウェブサイトのエディターを経て現在は本誌エディターとして活動。主に、メイクやヘアページを担当。頬骨あたりがやけに乾燥する混合肌。

記事ランキング

あなたにオススメの記事

最新号

VOCE 10月号

10月号を立ち読みする!

最新号の内容を見る

VOCEアプリ

VOCE APP

記事をサクサクCHECK!

ダウンロードはこちら