1. 「もう生えてこない……」まろ眉をふさふさに見せるテク【諦めないで】

2017.02.14

「もう生えてこない……」まろ眉をふさふさに見せるテク【諦めないで】

毎日描くものだけど、やっぱり難しい眉メイク。左右のバランスや濃さ、形、一体何が正解なの?と悩んでいる人も多いはず。今すぐ達人10人の目ウロコテク&アイテムを取り入れて、美人度を一気にアップさせて!

「もう生えてこない……」まろ眉をふさふさに見せるテク【諦めないで】
鏡 ゆうこ
VOCEエディター
by 鏡 ゆうこ

まろ眉→ナチュ眉に変身

VOCE世代のオトナ女子には、まろ眉に悩んでいる人もいるのでは!? もう生えてこない……と諦めないで。達人テクでふさふさも夢じゃない!!

AYAさんの眉メイクテクはコレ!

Image title

ナチュラル眉毛にしたければ眉毛を描く前に眉毛ベースを仕込んで
「眉毛を描く前にベースとしてシェーディングカラーを仕込むことで、立体感のある、自然な眉毛に仕上げることができます」

Image title

アイシャドウブラシにパウダーをとり、眉全体をなぞる。その後、眉毛をアイブロウブラシで描く。

●使ったのはコレ

ミネラライズ スキンフィニッシュ/ナチュラル ミディアムダーク,M・A・C.

ファンデとしても使えるフェイスパウダー。ミネラライズ スキンフィニッシュ/ナチュラル ミディアムダーク ¥3800/M・A・C

森ユキオさんの眉メイクテクはコレ!

Image title

毛がないところから始めるだけで驚くほど自然な眉毛に仕上がります
「必ず守っているルールが、『毛がないところから描く』こと。そうすれば、濃くなりすぎたり太くなりすぎたりせず、自然に描けます」

Image title

素の眉毛を鏡で見ながら、眉の仕上がりをイメージ。毛がない部分から描く。

◆裏ワザ◆黒マスカラで「もともと毛がある人」になれる
「毛がない部分をカバーしたいときによく使うのが、まつ毛用の黒マスカラ。わざとらしくならず、『もともと毛がある』ように見えるんです」

1.ブラシについた液をオフする

Image title

マスカラブラシをティッシュでぬぐい、ブラシの液をほぼオフする。

2.毛がない部分をブラシでこする

Image title

1 のブラシを毛がない部分にあて、こする。仕上げに全体をとかす。

paku☆chanさんの眉メイクテクはコレ!

Image title

毛が薄い部分は他から毛を持ってきて隠す!
「眉毛を抜きすぎてもう生えてこない部分は長めの毛でカバー。スクリューブラシを使って、中間以降の毛を下方向に持っていって」

Image title

下へ下へと、とかす!
中間から眉尻に向かって、スクリューブラシを使い下方向に毛を動かして。固定したいときはブラシにヘアスプレーをつけてとかす。

撮影:金 栄珠、イラスト:山川春奈、取材・文:戸塚真琴、鏡裕子、構成:鏡裕子


鏡 ゆうこ
鏡 ゆうこ
VOCEビューティエディター&ライター。編集部イチのトレンドキャッチ力を誇るオシャレ番長。学生時代からVOCE編集チームでアシスタント経験を積んだ後、VOCEウェブサイトのエディターを経て現在は本誌エディターとして活動。主に、メイクやヘアページを担当。頬骨あたりがやけに乾燥する混合肌。

記事ランキング

あなたにオススメの記事

この記事に登場したコスメ

最新号

VOCE 8月号

08月号を立ち読みする!

最新号の内容を見る

VOCEアプリ

VOCE APP

記事をサクサクCHECK!

ダウンロードはこちら