1. 【ヒリヒリ赤み】飲むべきサプリ・塗るべきオイル・皮膚科ですべきこと

2017.02.16

【ヒリヒリ赤み】飲むべきサプリ・塗るべきオイル・皮膚科ですべきこと

肌質的な悩みにプラスして、凍てつくような寒さと、水分をすべてもっていかれるぐらい激しい乾燥により、この時期は、さまざまなトラブルが発生しがち。それぞれの肌質によってすべきことは違うので確認を!

【ヒリヒリ赤み】飲むべきサプリ・塗るべきオイル・皮膚科ですべきこと
芦田 夏子
VOCE副編集長
by 芦田 夏子

【混合肌さんはコレ】炎症の原因、皮脂を抑制するB2、B6を摂取

「小鼻まわりなどの赤みは皮脂による炎症の可能性が高い。コスメなどで外からケアするのは難しいので脂質の代謝を助けるビタミンB2、B6で内側からアプローチ」(髙瀬先生)

UHAグミサプリ ビタミンB群

2粒で一日に必要なビタミンB群をチャージ。摂りやすいグミタイプ。
UHAグミサプリ ビタミンB群 10日分 ¥350/味覚糖

美 チョコラ コラーゲン

ビタミンB2、B6、C、コラーゲンを配合。
美 チョコラ コラーゲン 120粒 ¥1886/エーザイ

【乾燥肌さんはコレ】細胞膜を強化するオイルや鎮静美容液で根本から予防

「乾燥で皮膚が薄くなっているために赤みが出やすいのが乾燥肌。細胞膜まで届く植物性オイルなどで肌を根本から強化して、気候の変化にも対応できる強い肌に」(小林さん)

ルルドビオ フェイスオイル

肌の細胞膜に含まれる脂肪酸に着目。なじみがよくやわらかな肌に。
ルルドビオ フェイスオイル 40ml ¥8200/美・ファイン研究所

スキン コンフォート

赤みケアに特化した美容液。不安定な肌を鎮静。
スキン コンフォート 14ml ¥5600/ボビイ ブラウン

【敏感肌さんはコレ】皮膚科へGO。レーザー治療も手

「敏感肌や乾燥のひどい肌の赤みケアは難しいのでドクターに相談するのも手。プラセンタ導入で赤みの原因となる乾燥を癒やしたり、赤みに効果的な光治療もあり」(髙瀬先生)

Image title

敏感肌の症例。このケースは赤みの他にかゆみやヒリつきがある場合も。

Image title

ウルティマ・フォトソールは光と高周波の組み合わせ。波長を調節し血管拡張による赤みを治療。髙瀬先生のクリニックでは全顔1回¥30000。

教えてくれたのは

美容家小林ひろ美さん
美・ファイン研究所主宰。ビューティ界の中でも群を抜く透明肌の持ち主で、ユニークな発想でスキンケアの効果を高めるテクの宝庫。

皮膚科医 髙瀬聡子先生

ウォブクリニック中目黒総院長。VOCEスキンケア企画のご意見番。豊富な知識と高い実績から導き出されるスキンケア理論は明快!

撮影:伊藤泰寛、イラスト:河野悦子、取材・文:楢﨑裕美、構成:芦田夏子


芦田 夏子
芦田 夏子
毛穴やニキビ、テカリが気になる典型的オイリー肌。根本的なスキンケアやインナーケアの重要さに今更気付き始めました。趣味は読書とお酒と整理収納。

記事ランキング

あなたにオススメの記事

この記事に登場したコスメ

最新号

VOCE 8月号

08月号を立ち読みする!

最新号の内容を見る

VOCEアプリ

VOCE APP

記事をサクサクCHECK!

ダウンロードはこちら