1. ”運のいい女と、悪い女”って本当にいるのか?”運のいい女”は、本当に運がいいのか?

斎藤薫の美容自身2

2017.03.08

”運のいい女と、悪い女”って本当にいるのか?”運のいい女”は、本当に運がいいのか?

人気連載「斎藤薫の美容自身 STAGE2」。 今月のテーマは"運のいい女と、悪い女"って本当にいるのか?"運いい女"は、本当に運がいいのか?について毎月第2水曜日更新

”運のいい女と、悪い女”って本当にいるのか?”運のいい女”は、本当に運がいいのか?
齋藤 薫
ビューティジャーナリスト
by 齋藤 薫

占いはむしろ、"答え合わせ"に使おう。悪いことはなぜ起きたかの分析に使おう

美人は運がいい。これだけは間違いない。だって、同じ親から生まれた兄弟にも違いがあるのは、運としか言いようがないもの。でも美人だから幸せになれるわけじゃなく、そこは宝くじが当たった人が必ずしも幸せになれなかったりするのと同じ。でもそれを”人間、幸不幸の量は最終的に決まっていて、運をそこで使い果たすから”と考えるのは間違いだ。確かに、美貌とお金は、基本的に限りがあるから使い果たしてしまうことはある。でも運ばかりは使い果たせるものではない。運は自分で増やすものだから。

そもそも多くの人が、運勢は星占いや暦や風水が決めるものだと思っている。そして大殺界の時は、じゃあ今年はジッとしてようと思う。自分もそう、運勢の悪い時は動かないでいた。でも、長く生きていると運勢が良い時にも悪いことは普通に起きることに気がつき、ある時から少し運との向き合い方が変わってきた。運勢を、むしろ”答え合わせ”に使うようになったのだ。悪いことが起きるのを、避けても避けても悪いことはやってくる。ならば、悪いことはなぜ起きたのか? その分析に使おうと。

そうするうちに、”悪いこと”が悪いことに思えなくなってきた。災いが災いと思えなくなってきたのだ。なるほどこれは、こういう教えのために起きたことなのだとか、これは何をしても絶対避けられないことだったのだとか、悪い出来事の必然性がいちいち見えてきたのだ。ちなみに最悪な年にも良いことは多々あって浜崎あゆみも宇多田ヒカルも大殺界の時に大ブレークしたと言う。大殺界の提唱者自身も、わざわざ大殺界に占い師に転身して大成功を収めたというのだ。

もちろん占いを全く無視して生きましょうとは言わない。でもできれば”答え合わせ”に使おう。災いを人のせいにしないため。運のせいにし、ある種、自分のせいにするため。

次ページ
”答え合わせ”をするようになってからの自分

記事ランキング

あなたにオススメの記事

最新号

VOCE 6月号

06月号を立ち読みする!

最新号の内容を見る

VOCEアプリ

VOCE APP

記事をサクサクCHECK!

ダウンロードはこちら