1. 【昇進見送り、婚約解消、陰のあだ名】スマホ依存症の罠、あなたは大丈夫?

2017.03.16

【昇進見送り、婚約解消、陰のあだ名】スマホ依存症の罠、あなたは大丈夫?

今、もっとも手放せないもの№1は、スマホという人が多いのでは? 世の中には、スマホを通して見つけた愉快なネタもあれば、人生が狂ってしまうという体験も。身近だからこそ響くスマホの世界を満喫して。

【昇進見送り、婚約解消、陰のあだ名】スマホ依存症の罠、あなたは大丈夫?
与儀 昇平
VOCE編集チームエディター
by 与儀 昇平

もはや生命維持装置

★失業
ある朝、同僚の手に包帯が。その怪我の原因が携帯ゲームで、指を酷使しすぎて腱鞘炎に。なかなか完治せず長引き、手先を使う仕事だったので、結局、会社をやめた。(35歳・アパレル)

★300秒は耐えられない
家まで残り5分の場所で充電が切れてもバッテリーを購入。(27歳・保育士)

★休日は一日中携帯遊び
SNSをチェックするため、仕事中も1時間に何度もトイレへ。それがバレて昇進が見送られた。(33歳・会社員)

★100%スマホ頼り
突然、携帯がショート。待ち合わせしていた友達と連絡が取れないだけでなく、駅から5分の公園の行き方すらわからず、会えずじまい。(30歳・IT関係)

★20万円の買い物をした日
スマホアプリのくじ引きで50%オフが当選。でも、バーコードを読み込む前に電池切れとなり、無効になってしまい、正規価格で購入。(25歳・営業)

★生まれたての子鹿スタイル
家で便意をもよおし、トイレへ駆け込みました。一度座ったところで携帯を忘れたことに気づき、プルプル震えながらも取りに戻った。(39歳・主婦)

スマホ断ち

★秘密マネー
結婚資金を貯めている時期に、携帯ゲームにどっぷりとハマり、毎月10万円以上課金を続けてしまった。それが彼氏に知られてしまい、婚約を解消されてしまった。(34歳・旅行サービス)

★2倍美味!
よく行くピザ屋へスマホを持たずに行った。すると、何度も食べていたはずの味が「こんなに美味しかったっけ?」と衝撃。普段、スマホに気を取られ、いかに味を感じていないかを痛感。食事中に携帯を使わないと誓いました。(30歳・会社員)

★離島生活
仕事で3ヵ月間派遣された島が、なんと携帯電波が届かないところだった。久しぶりに空を見上げ、人との会話も増えるなどホリスティックな感じがいいと気に入っていた。けれど、電波圏内に帰ったら、即スマホ生活が復活。(27歳・公務員)

★無料電話の呪縛から解放
携帯をガラケーに戻したら、夜な夜な、無料通話アプリを使って電話をしてくる友人の愚痴を聞かなくてよくなり、睡眠時間が増えた。(29歳・製造)

★移動オフィス
スマホが普及してから、どこにいても、パソコンなみにメールをチェックしたり、簡単な作業ができるように。そのせいで休日も仕事から解放されないことが続きました。ある休暇中、アンコールワットで神々しい朝焼けを見ている時に、電話が鳴り、「至急、メール確認して」との電話が。そこで心がポキッと折れ、有能すぎるスマホを手放すことにしました。(31歳・広告代理店)

★ガラケーに替えたら
携帯代が月1万1000円安くなった。(35歳・事務)

★アプリを捨てた日
自分は、携帯ゲームをしながら会話ができるという自信があり、大勢でランチへ行く時でも飲み会の場でも常に片手でゲームをやっていた。でも、その印象が悪かったようでお誘いが減り、後輩にも陰で“ツムツ〇さん”とゲームの名前で呼ばれるように。さすがにやめた。(34歳・経理)

イラスト:五月女ケイコ、文:金子優子、構成:与儀昇平

与儀 昇平
与儀 昇平
美容に興味津々の平成男子。オイリー肌。油断をするとすぐにニキビができるため、日頃のスキンケアはしっかり&丁寧がモットー。南の島出身ゆえ、濃い顔を眼鏡でカモフラージュし、いかに流行りの薄味顔になれるか日々模索中。

記事ランキング

あなたにオススメの記事

最新号

VOCE 7月号

07月号を立ち読みする!

最新号の内容を見る

VOCEアプリ

VOCE APP

記事をサクサクCHECK!

ダウンロードはこちら