1. 【意外と間違っている人多発!】日焼け止めの正しい塗り方知ってましたか?

2017.04.21

【意外と間違っている人多発!】日焼け止めの正しい塗り方知ってましたか?

調査の結果、美容意識の高い方でも、塗りムラがあることがわかりました。正しい量を均一に、そして細部まできちんと塗らないと、せっかくの優秀UVケアも効果を発揮できません!

【意外と間違っている人多発!】日焼け止めの正しい塗り方知ってましたか?
芦田 夏子
VOCE編集チームエディター
by 芦田 夏子

超優秀なUVケアコスメ。でも塗り方が悪いと効果は半減!正しい日焼け止めの塗り方をマスターして!

1.とにかく正しい量が大事!!

Image title

製品ごとの適量をチェック!
どんなUVケアも、適量より少ないと、きちんとした効果は期待できない。汗をかくなど、場面によっては重ね塗りや塗り直しなども大切。

2.内→外へ指3本でのばす

Image title

まずは広範囲に手早くなじませる
人差し指、中指、薬指の3本の指の腹全体を使って、頰の広いところに内側から外側に手早く塗り広げる。広げたら、手のひらで押さえてなじませて。

3.フェイスライン、小鼻のまわり

Image title

塗り残しは肌トラブルの原因に!
塗り忘れが多い、髪の生え際やアゴ下、小鼻も指先を使って塗布。こうした部位が日焼けすると、色むらやくすみ、肌荒れなどの原因にもなるので注意。

4.まぶた&目の下

Image title

皮膚の薄い目まわりも忘れずに
アイメイクするからと塗らない人が多い、目まわり。アイシャドウやアイライナーで紫外線カットするのは難しいので、きちんとUVケアを塗布しよう。

5.耳のうしろ&デコルテ

Image title

日焼けしやすいのに塗り忘れも多い!
うっかり日焼けしやすく、なかなか塗り直しもしないのがこのエリア。デコルテのシミや首のしわなど、老け見えポイントは抜かりなきUVケアで回避。

教えてくれたのは…SK-II PR菅原由理さん

撮影:城 健太/Vale.、 取材・文:楢崎裕美、構成:芦田夏子,与儀昇平

芦田 夏子
芦田 夏子
毛穴やニキビ、テカリが気になる典型的オイリー肌。美容の基本から勉強中。根本的なスキンケアやインナーケアの重要さに今更気付き始めました。趣味は読書とお酒と整理収納。

記事ランキング

あなたにオススメの記事

最新号

VOCE 6月号

06月号を立ち読みする!

最新号の内容を見る

VOCEアプリ

VOCE APP

記事をサクサクCHECK!

ダウンロードはこちら