1. 人に気付かれないほどの微差で、10歳若返る方法がここにある!【40代崖っぷち美容部】

2017.05.11

人に気付かれないほどの微差で、10歳若返る方法がここにある!【40代崖っぷち美容部】

見た目年齢、マイナス10歳を叶えるために、今すべきことは何か。崖っぷち美容部の部員がカウンセリングを経て、選んだ施術とは? そして気になる結果は?

人に気付かれないほどの微差で、10歳若返る方法がここにある!【40代崖っぷち美容部】
穴沢 玲子
美容ライター
by 穴沢 玲子

“老いは、自分が思っているより残酷だった”

アヴェニュー六本木クリニック院長・寺島洋一先生によるカウンセリング(詳細は『40代、見た目年齢、マイナス10歳は叶うのか?』をチェック!)で思い知らされたことは、この一言に尽きる。
カウンセリングが始まる前は、「そんな大がかりな施術は必要ないですね」なんて寺島先生に言われたらどうしよう~♥って思っていたのに、いざ受けてみれば「ここにもそこにもほらあそこにも老いのサイン」という事態。提案された施術内容に、「うーん、こんなにお金かかるのかぁ」「でもせっかく受けるんだし、いっそ……」なんて心は揺れに揺れてしまう。でもでも、「バッチリ美容医療に頼ったね!」と周囲にわかってしまうのは絶対避けたいから、後ろ髪を引かれつつもの、私は注入系を中心に施術を決定したのである。

ご協力いただいたのは!

アヴェニュー六本木クリニック院長 寺島洋一先生
VOCEで美容医療を特集するときは、必ずといっていいほどお世話になる名クリニック、アヴェニュー六本木クリニックの院長。日本における形成・美容外科のパイオニアであり、名門である東京警察病院にて研鑽を積んだだけあり、その腕は神レベル。高いデザイン力とテクニックに、ビューティ界からも「自分&家族の整形をお任せするなら寺島先生!」というリアルボイス多数。

●アヴェニュー六本木クリニック
東京都港区六本木7-14-7 六本木トリニティビル5F
電話:0120・766・639
診察時間:11:00~20:00(14:00~15:00は休診)年末年始以外無休
http://www.a6-clinic.com

30万円以下で、10歳若返るならば納得…!?

私の老いをどうにかする、その内訳がこちら。

笑うとシワがビシッと入る目尻にはボトックス、何をしてもクマが気になる目の下と、夕方になると落ちくぼんで般若感が出てしまう目まわりには、それぞれ固さの違うヒアルロン酸、そしてほうれい線の上のたるみ肉除去のためのトゥルースカルプを1回。
老いのお見積金額、しめて¥285,000。

Image title

ボトックス 目尻 ¥45000
ヒアルロン酸 ¥60000×3本
トゥルースカルプ フェイス ¥60000×1回
____________________________________
合計金額 ¥285,000(税抜き)


¥285,000、10歳若返ると思えば、出せるギリギリライン。
だって10歳だもん。2歳とか3歳とかっていう「それ気のせいじゃない?」っていう若見えじゃないもん。
しかもその若返り状態が数カ月続くっていうんだから……、うん、出せるよ!

というわけで、ドキドキの施術スタートです

まずはトゥルースカルプから。マシン稼働。脂肪組織を45度以上に3分間保つことで、脂肪細胞だけにダメージを与えるというのがこの施術の狙い。自然な代謝でダメージを受けた脂肪が体外に排出されるので、1カ月後ぐらいに効果が出始めるのだそう。だがしかし、私にとってはそんな解説より気になるのが痛いかどうか。

「個人差があって、眠ってしまわれる方もいますよ~」なんて言われたけど、いやいやいやいや!

痛いし熱いし、もう泣きそう!

ええもちろん、ほうれい線の上に余分な脂肪もあるし、アゴ下のたるみもハンパないです。私の場合は皮膚が薄く、脂肪組織もそんなに多くなかったことから、痛みがあったみたい。あとから周囲に聞きこみしたところ、全然痛くなかったという人も多かったので、個人差がけっこうあるのかもしれません。

ちょっとだけ涙目になりながら終了。きっちり冷却して熱を冷ましたあとは、ほんの少し赤みが残るぐらいで腫れもない。

Image title

いまはまだ目に見える変化はないけれど、どうなるのか楽しみ…。
そして皮膚に麻酔を塗って、さらにけっこう長い時間アイシング(冷却)してもらってから、注入系をスタートさせます。

Image title

寺島先生が颯爽と入室し、「キレイにしますからね!」と頼もしい言葉。そう、あんなICUばりの状態を経たにもかかわらず!ところどころ痛みが…。しかもヒアルロン酸がちゅーっと注射器から押し出される音と感覚がなんともいえない!

Image title

注射針も、寺島先生がこだわってわざわざ痛みの少ないものを特注しているんだそう。いや、時間を超えて若返るのだもの、多少の犠牲は当然なのだわ!ちなみに目の下のヒアルロン酸は、そこまで痛くありませんでした。

少しヨレッとしながらも、すべての施術が終了。メイクしても大丈夫ですよ~と言われたけど、それほどの気力もなくマスクにメガネという怪しい風体で帰宅したのでありました。

そしてその変化は、1週間後ぐらいから現れました

何が違うって、まず目もとの小ジワがゼロ! 朝晩せっせとアイクリームを塗りこんで、それでも油断するとシワシワになりがちだった目もとが、とぅるっとなめらかになっているじゃないですか!とくに目尻はボトックスのおかげで、笑ってもカラスの足跡のようなシワが入らないのだ。だからといって、別に笑顔は不自然ではない(はず)。目もとにシワが入らないと、こーんなに若く見えるのね~と改めて実感。

そして1カ月後ぐらいには、トゥルースカルプの効果も出始めます。なんと、頬のあたりにあったたるみほうれい線が消えた!ええ、消えたんですよ。

Image title

確かにこの変化は、自己申告しなければ、気付かれないほどの微差。だけど、細部は確実に若返っている。これぞ、目指すべき若返りの術!

美容医療ってついつい欲張りになっちゃうけど、やり過ぎは厳禁です!

崖っぷちだけど崖っぷちに見せたくない、ちょっと見栄を張りたいイベントを控えた40代女性よ。毎日、真面目にコツコツスキンケアするのが前提ではあります。でもでも美容医療の門戸を叩くのも、ときには有効な手段かもしれませぬ! ただやっぱりやり過ぎは禁物。「どこをどうしたのか、他人に気づかれないように治す」を心がけることが、素敵に年齢を重ねる40代でいられる秘訣と見た!

≪こちらもチェック!≫

40代、見た目年齢、マイナス10歳は叶うのか?【崖っぷち美容部 特別編】
40代、ほうれい線&二重あご撃退で見た目年齢30代!?【崖っぷち美容部 特別編】
白髪を黒く戻すために、崖っぷちがすべき8つのこと。【崖っぷち美容部】



穴沢 玲子
穴沢 玲子
VOCE本誌ほか、多くの女性誌で活躍する美容ライター。オイリー肌。本誌では「実験VOCE」「新製品カレンダー」などコスメの実力をガチで試す企画を担当。正確で丁寧な仕事ぶりに、編集部員からのラブコール多数。

記事ランキング

あなたにオススメの記事

最新号

VOCE 9月号

09月号を立ち読みする!

最新号の内容を見る

VOCEアプリ

VOCE APP

記事をサクサクCHECK!

ダウンロードはこちら