1. 【どっちが正解?】美髪になるのは朝シャンor夜シャン?

2017.07.02

【どっちが正解?】美髪になるのは朝シャンor夜シャン?

きれいな髪は女子の憧れ。髪のツヤは美人度を高めてくれます。でも、シャンプーやヘアケア用品に気を配ってもイマイチ髪に自信が持てないのはなぜ?その秘密はシャンプーの時間帯にあるかもしれません。

【どっちが正解?】美髪になるのは朝シャンor夜シャン?
中野 亜希
ライター
by 中野 亜希

髪のためなら夜シャンがマスト!

Image title

シャンプーの時間帯って、いつが正解なんでしょう?寝ている間も汗ばみがちな夏は、朝シャンプーしてスッキリと一日をはじめたい気持ちもありますよね。でも、髪が成長するのは寝ている間です。この時間に髪や頭皮に汚れが残っていると、健康な髪が育ちません。さらに、一日過ごした汚れがついたままの髪でベッドに入ると、枕カバーも汚れやすく、肌まで荒れてしまうというデメリットも。スッキリしそうな朝シャンですが、知らず知らずシャンプーのときに地肌をこすったり、すすぎが雑になったりと、慌ただしさのせいで髪に良くない洗い方になってしまいがちなのも気になる点です。夜、丁寧に髪を洗ってなるべく早く乾かし、眠るときは髪もすっぴんにするのが年を重ねてもキレイな髪を保つ秘訣と言えそう。

ニオイが気になる……
朝も夜も洗うべき?

Image title

汗をかきやすいこの時期、朝も夜もシャンプーすれば問題ないのでは?とも思いますが、もともと、髪の汚れの8割以上はお湯で丁寧に洗えば落ちるもの。スタイリング剤をしっかりつけた場合などは一度の入浴で2度シャンプーをしたほうがよいこともありますが、朝晩2度のシャンプーは必要以上に皮脂を取りすぎてしまい、過剰な皮脂の分泌を招きます。洗わないのは論外ですが、洗い過ぎも髪のためにはあまりオススメできません。皮脂汚れによるニオイが気になる人は、毛穴の向きを意識してシャンプーすることで解決できます。頭皮の毛穴は下に向かって開いています。下から頭皮を持ち上げるように洗うことで、ニオイが改善されたという声もあります。お試しを!

夏は特に気をつけて!
紫外線ダメージと朝シャンの関係

Image title

「皮脂」というと何となく取ったほうがいいもののように感じるかもしれません。でも、皮脂や汗は適度に体の表面にあることで、体を守り、菌の繁殖を防ぐ効果もあります。清潔感を気にするあまりに皮脂を落とすことばかり考えていると、天然の保護膜を洗い流していることに。皮脂には、紫外線の悪影響から髪や頭皮を守る効果がありますが、洗った髪に皮脂膜が行き渡るには6時間程度かかるのだとか。つまり、朝髪を洗って外に出ることはノーガードで紫外線を浴びるのと同じこと。洗いたてのさっぱり感にばかり気を取られないようにしたいものです。

乾かし方が重要!
朝からまとまる髪の作り方

Image title

髪のスタイリングは、朝洗った方がキレイにできる気がしますが、夜洗ってしっかり乾かしておくことで、翌朝もまとまる髪に。シャンプー後は放置しておくとダメージやヘアカラーの褪色を招くので、毛先中心にアウトバストリートメントをつけて、すぐに乾かしましょう。地肌からドライヤーの風を当て、全体を前に向かって乾かすことで変なくせが出にくく、まとまる髪に。半乾きはもちろん、髪の毛にドライヤーの熱がこもったまま横になるのもくせがつく原因なので、地肌中心に乾かしたら、最後は冷風で髪の熱を取っておくと、寝ぐせもつきにくくなります。


髪を洗う時間とキレイな髪をつくるサイクルには密接な関係が。夜のシャンプー&丁寧なケアで美しい髪を保ちたいですね。

中野 亜希
中野 亜希
お酒と音楽と犬が大好きな兼業ライター。最近のテーマは「どんなに深酒した次の日も、8時間寝たかのような顔で出社する」こと。

記事ランキング

あなたにオススメの記事

最新号

VOCE 10月号

10月号を立ち読みする!

最新号の内容を見る

VOCEアプリ

VOCE APP

記事をサクサクCHECK!

ダウンロードはこちら