1. 【なぜまだそこに!?】ダイエットでなくならないポッコリおなかの正体

2017.07.16

【なぜまだそこに!?】ダイエットでなくならないポッコリおなかの正体

太ってないのになぜか下腹だけがぽっこり出ている……。女子に多いお悩みです。その原因は脂肪のせいとは限りません。「私はもうぺったんこなおなかは無理なのかも?」なんてあきらめていませんか?ぽっこり下腹の原因は、体脂肪以外にもこんなにありました!

【なぜまだそこに!?】ダイエットでなくならないポッコリおなかの正体
中野 亜希
ライター
by 中野 亜希

おなかにもできます!
むくみ、セルライト

Image title

服で隠れているおなかは冷えを実感しにくいですが、ポッコリ出がちなおへそから下の部分だけひんやりしている女子は結構います。おなかが冷えていると内臓を守るために皮下脂肪がつきやすくなるうえ、むくみ、セルライトの原因にもなります。体の中心部にはつきにくいイメージのセルライトですが、ゴムウエストのボトムの跡がくっきりつくような女子は特に要注意。ひっそりとセルライトを飼っているかも。おなかのむくみは手足と違って目立ちにくく、また日常生活の中で意識しなければ腹筋を使わなくてもいくらでも生活できてしまいますが、それではむくみやセルライトが育ち放題に。腹筋を頑張ってもぽちゃぽちゃ感が取れない人は、腹巻での温めケアやマッサージ、キレイな姿勢をキープすることでいつの間にかすっきりしてくるかも。

食べ過ぎにもつながる!
肋骨、ゆがんでいませんか?

Image title

ポッコリおなかは肋骨の開きが原因であることも。肋骨が開くと内側に収められていた内臓がどんどん下垂してしまい、おなか周りがどっしりしてきます。内臓の厚みで大きくなったウエストは、いくら脂肪を落としてもサイズダウンは難しくなってしまいます。食べすぎの原因にもなるので、意識を向けておきたいポイントです。肩甲骨周辺の柔軟性のなさも原因の一つなのでストレッチなどを取り入れるのもいいですし、最近では、骨格矯正の整体やサロンでも「肋骨」に注目した施術が話題のよう。プロの手にゆだねてみると即効性も期待できるかも?

あなたの腸、キレイですか?
腸の機能低下

Image title

便秘をはじめとする腸の機能低下もポッコリおなかに直結します。腹筋運動やカロリー制限では効果が現れない場合は、整腸作用のある食べ物を食べるなど腸内環境を整えることですっきりフラットなおなかに近づくかも。

細いおなかはキレイな骨盤から!
骨盤のゆがみ

Image title

骨盤のゆがみは下腹ぽっこりの原因にも!私たちの骨盤は一日の中でも開閉を繰り返していますが、ゆがんだ骨盤は開閉がスムーズに行われず、開きっぱなしでフリーズしていることも。そのため、内臓が本来の位置にとどまることができずに下がっていってしまうため、下腹がぽっこりと出て見えることがあります。足を組むなど姿勢の悪さが骨格のゆがみを招くのはもちろんですが、足に合わない靴などでも簡単に骨盤はゆがんでしまいます。歪んだら歪んだなりに生活できてしまうのが体の歪みの怖いところ。食事制限をしても引っ込まなかった下腹が、整体に通ったらすっと平らになった、なんてケースも。ストレッチなどで体を柔らかく保ったり、足に負担をかける靴は履かないなど、日々の生活の中で注意を向けるのが効果的です。


おなかに関しては「太い=脂肪」とは限りません。ある程度の食事制限で効果がない時は、脂肪以外に原因はないか見直してみては?すっと平らなおなかで水着の季節を迎えられるかも。

中野 亜希
中野 亜希
お酒と音楽と犬が大好きな兼業ライター。最近のテーマは「どんなに深酒した次の日も、8時間寝たかのような顔で出社する」こと。

記事ランキング

あなたにオススメの記事

最新号

VOCE 11月号

11月号を立ち読みする!

最新号の内容を見る

VOCEアプリ

VOCE APP

記事をサクサクCHECK!

ダウンロードはこちら