1. 【キンキンの冷房で夏冷え】持ち運ぶべき、三種の神器は〇〇〇!!

2017.07.08

【キンキンの冷房で夏冷え】持ち運ぶべき、三種の神器は〇〇〇!!

一歩外に出れば暑さで体はヘロヘロ……、なのに屋内は北極級の寒さ!夜は寝苦しくて不眠が続き、夏やせしていいはずなのに、なぜか太る!? アラサー女子が抱えがちな夏の悩みを解決して、不調知らずの夏に♪

【キンキンの冷房で夏冷え】持ち運ぶべき、三種の神器は〇〇〇!!
藤平 奈那子
VOCEエディター
by 藤平 奈那子

外は暑いのに、体の中は冷え冷え【夏冷え】

外は灼熱の暑さなのに、手足はいつも冷たく、汗をかいても、実は体の中は冷えている。冬の寒さより深刻なのは、夏の冷房冷え。その夏冷えを取らないと、一年中冷たい体に!

ナマ脚&ナマ腕と冷たい飲食で冷えは真冬並み

夏は暑い、と信じきっていない? 暑いのは屋外の気温だけ。実は体の内から外から忍び寄る、夏の冷えこそが問題!「冷たい食べ物や飲み物により内臓を冷やし、手足やおなかを冷やす夏のファッション、さらに過剰な冷房で、夏の女性の体は冷えきって、常に血のめぐりが悪くなっています。慢性的な冷えにより、肩こり、脚のむくみ、だるさ、便秘や生理痛などの不調が起きてくるのです」(福田先生) 冷えを放っておけば“夏デブ”“夏だる”“夏不眠”の原因に。ファッションや食事、普段の生活習慣にちょっとした冷え取り対策を組み入れて、夏冷えを撃退!

夏冷えの3大原因!

Image title

【1】外は猛暑、中は冷房で自律神経がパニック状態
屋外は35℃以上の猛暑、室内は22℃前後。温度差の大きな環境を行ったり来たりしていると体温調節をする自律神経がパニックを起こし、血めぐりが悪化。できれば冷房の温度は、外気-7 ℃以内に調整を。
【2】冷たいドリンクで内臓が冷えている
食後はアイスコーヒー、デザートはアイス。体感では暑さを感じても、冷えた体に追い打ちをかける冷たい飲食物が内臓冷えを悪化させる原因に。せめてドリンクは常温やホットにするなどして、冷たい飲み物は避けて。
【3】薄着にサンダル 冷えをため込むダメファッション
キャミソールにミニスカ、ナマ脚にサンダルは夏の代表ファッションだけれど、室内では体を冷やしてしまうスタイル。屋内では、肌に直接冷風が当たらないように、靴下や上着など1枚多く重ね着を。

夏冷え対策!体を内から外から温める習慣を身につけよう

対策1 夏の三種の神器を持ち歩こう

真夏日こそ、屋内は冷房で極寒。寒いと思ったら、肩やひざにショールをかけ、おなかや腰に温熱シートを。ナマ脚にはストッキングをはいて芯から冷える前に寒さをカット。

Image title

ショール寒さを感じたら肩やひざを覆う
冷房のきいた部屋では、キャミやミニスカで肌が出ている部分をショールで保護。麻素材なら風通しもいいので快適!

温熱シート約40℃の快適温度が5~8時間続く
蒸気の温熱でじんわり温める。
めぐりズム 蒸気の温熱シート 肌に直接貼るタイプ 8枚入り オープン価格/花王

ストッキング◆さらっとしたはき心地は夏にぴったり
ドライ素材で涼しいはき心地。つま先に切り替えがなくサンダルもOK。
サブリナ クール¥500/グンゼ

対策2 食事に一品は温かいものを取り入れる

夏の食事はサラダにざるそば、食後にアイスコーヒーで終わり。冷たい食事ばかりでは胃腸が冷えて、だるくなる原因に。そこで1食に一品はスープやお茶など、湯気の立つメニューを取り入れて。

Image title

インスタントのみそ汁を常備しよう
インスタントみそ汁やスープは、温かい一品を追加するのに便利。

対策3 夏の高機能インナーで汗で体を冷やさない

通勤中に汗をかき、そのまま冷房で体を冷やすことも冷えをため込む原因のひとつ。着替えを持ち歩いたり、吸汗速乾性に優れた機能性の高いインナーを活用して、汗による冷えを防ごう。

Image title

においも汗も防いで薄着でもひびきにくい
内蔵された汗取りパッドがしっかり汗を吸収。吸汗速乾素材で汗冷えを防ぎさらっとした着心地をキープ。汗さらッ 汗取り付キャミソール¥1300/グンゼ

Image title

空気のような軽さで汗をかいてもムレ知らず
汗をかいてもムレにくく、身に着けているのを忘れるほどの軽さ。ブラなしで着用できるカップ付き。エアリズムブラキャミソール¥1990/ユニクロ

Image title

クールな着心地は真夏日でも爽快!
吸汗速乾、UVカット効果、ひんやりした着心地、防菌防臭、夏にうれしい機能が4つも揃ったインナー。クーリッシュVネックタンク¥2000/PEACH JOHN

撮影/恩田亮一 イラスト/本田佳世 モデル/志摩マキ(VOCEST!) デザイン/ma-hgra 構成・取材・文/山本美和

藤平 奈那子
藤平 奈那子
インナードライのオイリー肌なのでスキンケアは保湿と油分のバランスに注力しつつ、根っからの小麦肌ゆえ、健康美肌道を模索&邁進中。メイクはファッションに合わせてリップの色で遊ぶのが好き。海外旅行とアウトドア、街歩きが好きなアクティブ派。

記事ランキング

あなたにオススメの記事

この記事に登場したコスメ

最新号

VOCE 11月号

11月号を立ち読みする!

最新号の内容を見る

VOCEアプリ

VOCE APP

記事をサクサクCHECK!

ダウンロードはこちら