1. 【まとめ髪で夏を可愛く乗り切る❤️】泉里香がお手本!まとめ髪レッスン

2017.07.14

【まとめ髪で夏を可愛く乗り切る❤️】泉里香がお手本!まとめ髪レッスン

今の時期、汗で髪がうねってペタンとしたり、ヘアスタイルが思い通りにいきませんよね。暑さ対策のまとめ髪でも、地味め一つ結びは卒業したいもの。そこで、おすすめの簡単ヘアアレンジをご紹介。

【まとめ髪で夏を可愛く乗り切る❤️】泉里香がお手本!まとめ髪レッスン
ウェブチーム
VOCE
by ウェブチーム

隠れうねりを解決! 爽やかストレート

泉里香

全体的にはそこまでうねりは出ないのに、汗ばむと顔まわりだけがくしゃくしゃ……。この“隠れうねり” は、ブローで水分をとばす&防ぐ、ストレートアイロンでクセをのばす、の2段階で解決。

Image title

HOW TO ARRANGE

Image title

【1】半乾きの髪にオイルをつけ、風を上からあてながらブロー。ブラシで髪を軽くひっぱるようにしてうねりをのばす。

Image title

【2】クセが出やすい前髪~顔まわりの髪はストレートアイロンでのばす。熱をあてることで水分がとび、クセ防止効果も。

Image title

【3】前髪のすぐ後ろの髪をとり、後ろへねじる。左右ともねじったら2束を合わせて結び、毛束を巻きつけてゴムを隠す。

まとまらない日のラク技 くるっとラフ結び

泉里香

全体的に広がっちゃってまとまらない日は、全部束ねてしまうのが手っ取り早い。ひとつに束ねた髪を“輪っか”状にするアレンジなら、広がりをカバーできるうえ、ひとつ結びとはひと味違う表情に。

Image title

HOW TO ARRANGE

Image title

【1】トップの髪をとり、1 回ねじって後頭部にピンでとめる。とめたら髪を少しだけ引き出して、自然な高さを出して。

Image title

【2】1の毛先と残りの髪を全部まとめて耳の高さで結び、最後は毛先を引き抜かずループ状にして、毛先を下に垂らす。

Image title

【3】垂らした髪から細く1本毛束をとり、結び目にグルグル巻きつけて毛先を目立たない位置にピンでとめ、ゴムを隠す。

ペッタリ解消かつ時短!【ふわっとワンサイド】

泉里香

毛先は広がるのに、トップはペタンとボリュームレス。そんな場合は、分け目を変えてトップをふんわり見せつつ、ワンサイドに髪を集めて毛先の広がりをうまく利用する、片寄せスタイルが効果的!

Image title

HOW TO ARRANGE

Image title

【1】左サイドから衿足まで生え際の髪をねじっていき、うなじにピンでしっかり固定。表面の髪をとめておくとやりやすい。

Image title

【2】ねじった時、レイヤーのせいで落ちてきてしまう髪は、でねじりどめしたところにUピンでとめてすっきり見せて。

結ぶ位置が広がり解決のカギ【色っぽサイドシニョン】

泉里香

髪が爆発しちゃった日は、すっきりまとまるシニョンが活躍。前から見える位置でシニョンをつくることで、タイトになりすぎずほどよいゆるさが生まれ、小顔対策も◎。前髪を上げるため、前髪のクセにも対応可能。

Image title

HOW TO ARRANGE

Image title

【1】前髪はラフにかき上げ、ほかの髪はざっくりと集めて左耳の後ろで結び、三つ編みにして毛先をゴムで結ぶ。

Image title

【2】三つ編みにした毛束をクルクルと丸めて、ピンでしっかりとめる。仕上げにところどころ髪を引き出してゆるさをON。

とことんラクにうねりを利用【ゆるっとひとつ結び】

泉里香

休日くらい髪に時間をかけずにゆっくりしたい。とはいえ、うねったままでいるのも微妙……。そんな時は超簡単なひとつ結びを。うねりがちょうどいいニュアンスになり、おうちでのリラックスタイムにぴったり。

Image title

HOW TO ARRANGE

Image title

【1】うねりが弱かったりバラつきが目立つ時だけ巻きを足す。きれいに巻く必要はないので、巻く方向をMIXしてラフに。

Image title

【2】顔まわりの髪を少しだけ残して耳の高さでひとつに結んだら、トップの髪を少しずつ引き出して自然な高さを出す。

Image title

【3】束ねた髪から毛束を1本とってねじり、少し髪を引き出して崩してから結び目に巻きつけて、毛先をピンでとめる。

すべての悩みに対応!【波巻きハーフアップ】

泉里香

休日のおでかけは、いつもより髪に時間をかけて波巻きに挑戦。メリハリのあるウエーブが強めのクセまでカバーしてくれ、“手をかけてる” 風に。さらにハーフアップですっきりさせれば、清潔感もUP。

Image title

HOW TO ARRANGE

Image title

【1】波巻きは、より強くカールがつくストレートアイロンで。根元から、内→外→内と交互に方向を変えて挟んでいく。

Image title

【2】両サイドの髪をたっぷり残したまま、耳より上の髪をひとつにまとめて結びハーフアップに。結ぶ位置は耳の高さで。

Image title

【3】残しておいたサイドの髪を2束に分け、毛先までツイスト。その毛束を左右それぞれ逆側へもっていき耳の後ろに固定。

教えてくれたのは

金子真由美さん
人気ヘアサロンBOTTOMS所属。インスタグラム(@kanekomayumi12)で発信される、大人のヌケとおしゃれ感を兼ね備えたアレンジが好評

撮影/内藤啓介(KiKi inc.) ヘア/金子真由美(BOTTOMS) メイク/paku☆chan(Three PEACE) スタイリング/河野素子 モデル/泉里香 取材・文/宮下弘江 構成/鏡裕子

ウェブチーム
ウェブチーム

記事ランキング

あなたにオススメの記事

最新号

VOCE 11月号

11月号を立ち読みする!

最新号の内容を見る

VOCEアプリ

VOCE APP

記事をサクサクCHECK!

ダウンロードはこちら