1. 【ふわりと軽い、ラクチュール肌でつくる】“小田切流”秋の立体小顔メイク[PR]

2017.08.23

【ふわりと軽い、ラクチュール肌でつくる】“小田切流”秋の立体小顔メイク[PR]

今、大人気のアーティスト、小田切ヒロさんが「絶品の旬肌になれる!」と超愛用中のラクチュールのルースファンデーション。限定パッケージも発売中で今季大注目のラクチュールを使った、セミマットな肌と立体小顔のつくり方を教えます。

【ふわりと軽い、ラクチュール肌でつくる】“小田切流”秋の立体小顔メイク[PR]
編集チーム
VOCE
by 編集チーム

フォギーなセミマット肌こそツヤと好バランス!

「今季の肌トレンドはズバリ、セミマット。でも、ただのセミマットではありません。ベースの時点で顔の上半分にきちんと光り感を仕込んだうえで、ルースファンデーションやパウダリーファンデーションでつくる肌がとても今っぽいんです。ラクチュールでつくる“ラクチュール肌”は、まさに旬だと思います」と小田切さん。その“ラクチュール肌”と小顔メイクのバランスを成功させるポイントはどこ?

「セミマット肌と相性がいいのはツヤメイク!前述の通り、先に光り感を仕込むことで内側からの立体感をキープしながら、目元にはジュエリーライクな煌めきを纏うんです。ツヤ×ツヤは膨張してNGですが、セミマット×ツヤなら両方が際立つ。このバランスをぜひ覚えてください」

Image title

初の著書『小田切流小顔道』(講談社)が爆発ヒット中で、現在各所からあらゆるオファーが絶えないヘア&メイクアップアーティスト。発想の転換でつくる小顔メイクテクは絶品!

Image title

ラクチュール ルースファンデーション N
SPF20・PA++ ¥5000(レフィル7g 全7色 各¥4200、ケース¥800)

※パフ別売り/コスメデコルテ
※写真は限定キット「KOIHADAコレクション」のパクトとパフです

◆Topic 01◆オーガニックコットンパウダーがしっとり感を

女性ひとりひとりの肌をオートクチュールで完璧にあつらえるラクチュールのルースファンデーション。その要となるのがオーガニックコットンパウダーだ。アセチル化したヒアルロン酸をコーティングし、保湿感がグッとアップ。秋冬も乾燥を感じないしっとりした仕上がり。

◆Topic 02◆ふわサラなのに密着して、自然な血色感が続く!

肌となじみのいい油剤をコーティングしたスキンフィットパウダーはしっとりした感触ながら、肌にしっかりフィット。さらに、くすみにくい肌色の板状粉体&自然な血色を叶える血色パウダーが配合されたピュアブライトパウダーが、経時でも美しい肌色をキープ!

マリー・アセナとコラボした限定コレクションを発売中

Image title

ラクチュール KOIHADA コレクション ¥4700(限定価格)/コスメデコルテ

パリで生まれ育ったイラストレーター、マリー・アセナとの初コラボ♡“ラクチュールを纏った瞬間に自分の肌に恋をする”という最高潮のハッピー感が描かれた限定デザインのパクトやフェイスパフ、オリジナルポーチ、ルースファンデーションのレフィルがセットに。

Image title

トップス ¥13000、スカーフ ¥15000/ピンキー&ダイアン ピアス ¥2800/ジュエルアディクト渋谷ヒカリエシンクス(フィービィー) リング ¥49000/ジュピター代官山(ジュピター)

ふわ軽肌×濡れツヤメイクで小顔の最適バランス

「ツヤ×ツヤだと膨張して見えてしまうから、『ふわ軽肌×濡れツヤ』が小顔の基本!」と小田切さん。この秋真っ先に挑戦したいフェミニンな濡れツヤ&ワントーンメイクの詳細をチェック!

Image title

HOW TO MAKE UP:Feather Skin

1.最初に不要な毛穴をしっかりと隠しておく

Image title

毛穴隠しは小鼻→Tゾーン→目の下の三角ゾーン→鼻下のヒゲゾーン→アゴの5ヵ所に。円を描きながら毛穴に塗り込めるように。

Image title

様々な原因による毛穴を瞬時にカバー。ポアレス肌が長く続く。ラクチュール パーフェクト ポアカバー 15g ¥2700/コスメデコルテ

2.目元に仕込む明るさが立体感ベースのキモ

Image title

パール1粒大を手の甲に出し、それを目の下→Tゾーン→まぶたの上の「ゴーグルゾーン」に置き、薬指でトントンとなじませて明るく。

Image title

繊細な煌めきを湛えたベースで肌にツヤ感を。ラクチュール ブライトニング ベース SPF20・PA++ 30g ¥3500/コスメデコルテ

3.セミマット感はパフを軽くすべらせてオン

Image title

パフにルースファンデーションを取ったら中蓋で押さえ、顔の中心から外に向かって軽くすべらせる。余った粉でまぶたも押さえて。

Image titleふわ軽肌に。ラクチュール ルースファンデーション N SPF20・PA++ ¥5000(レフィル7g 全7色 各¥4200、ケース¥800)フェイスパフ LC N ¥500/コスメデコルテ
※写真は限定キット「KOIHADAコレクション」のパクトとパフです

4.仕上げのブラシ使いでフィット感がアップ!

Image title

何もついてないブラシで中心→外に向かって肌を磨き上げて。キメにファンデーションがきちんとのるので、透明度がアップする!

肌の凹凸にきちんと密着するから、ナチュラルなツヤ肌が誕生。磨き仕上げに使って。フェイスブラシ LC ¥1200/コスメデコルテ

Image title

HOW TO MAKE UP:Contouring Face

1.フェミニンなボルドーで目元を大胆に囲んで

Image title

女性らしいボルドーのアイクレヨンを使い、上下の目のキワをぐるりと大胆に囲んで。下まぶたは涙袋の幅で目頭から目尻まで!

Image title

周囲の視線を集めそうな色気はこの一本で仕込める。つやめくボルドー。AQ MW アイクレヨン BR 321 ¥2700(限定)/コスメデコルテ

2.アイグロウ ジェムでぼかして、さらにフェミニン感を増幅♡

Image title

1の上にアイグロウ ジェムを重ねながらアイホールを越えるところまで塗り広げる。目尻は1.5㎝、下も涙袋をオーバーするまでオン。アイグロウ ジェムでぼかして、さらにフェミニン感を増幅♡

Image title春に発売された人気色。レッドパールが見え隠れするモーヴブラウン。AQ MW アイグロ
ウ ジェム BR384 ¥2700/コスメデコルテ

3.立体感は指でポンとのせるゴールドであしらう

Image title

ヌードパールタイプのアイグロウ ジェムGD083は上まぶたの黒目のところに。指の腹でポンポンと置けば、一気に目元が立体的に。

Image title

宝石さながらのグラマラスな輝き。完売必至のゴールド。AQ MW アイグロウ ジェム GD083 ¥2700(限定)/コスメデコルテ

4.目元が主役なので頰と唇はほんのり控えめに

Image title

チークは2色を混ぜて耳の中心→顔の正面へ真横にサッと軽く入れ、頰骨を掘り起こす。リップは中央に少量を置いて指でぼかし広げて。

Image title

A. ひと塗りで立体感が出せる、発売以来人気のチーク。洗練された印象のナチュラルベージュ。AQ MW ブレンド ブラッシュ BE300 ¥5300(セット価格)
B. ほんのり桜色に頰が染まるベージュピンク。同 PK802 ¥5300(セット価格)
C. センシュアルなディープローズは指塗りで淡いピンクに。AQ MW ルージュ グロウ RO654 ¥3500/コスメデコルテ

Image title

“ラクチュール肌”づくりはスキンケアから!肌が変わる!小田切流オフスキンケア

「翌朝の“ラクチュール肌”のために、今日できることをする――。それがオフスキンケア。これって実はいちばん大切なこと!」と小田切さん。肌づくりへのこだわりが強い小田切さんが語る、オフスキンケアの極意とは!?

Daily Care:毎日の不要物を確実に落とす、唯一無二の極上クレンジング

「お守り的なクレンジングって絶対に必要。どんな人でも使えて、肌が弱っているときも包み込むような優しさで不要なものだけをオフしてくれる――。まるで上質なエステを受けた後のような肌に導くクレンジングに出合えれば、肌のクオリティが確実に上がります!」(小田切さん)

Image title

AQ ミリオリティ リペア クレンジングクリーム 150g ¥10000
美賢者がこぞってファンを公言するクレンジングは、まるで美容クリーム使用後のような後肌をつくる驚きの仕上がり。不要なモノは残さずに、キメの整った肌へと導いてくれる。

Special Care:溜まりに溜まった角質もやさしくオフするご褒美洗顔

「オフスキンケアは楽しくないと続けられないもの。ガンコな黒ずみをオフし、肌色のトーンアップを叶えてくれる洗顔料なら、洗うのが楽しみになり、『また使おう』って思えるんです。こういう“無二の親友”みたいな洗顔料があると、肌は見違えてきますよ!」(小田切さん)

Image title

フィトチューン クリア パウダーウォッシュ 40g(泡立てネットつき) ¥3000
VOCE上半期ベストコスメの1位を受賞した酵素洗顔パウダーは、泡立てるとシュワシュワの炭酸泡が発生する仕組み。酵素のパワーで毛穴の奥の汚れまでスッキリとオフする。

“小田切流”秋の立体小顔メイクを動画でチェック!


7月22日に開催された、
小田切ヒロpresents「どこよりも早い!最旬小顔メイク in 東京」Supported by コスメデコルテの模様はこちらから!

協力/コスメデコルテ
0120・763325
http://www.cosmedecorte.com/

撮影/当瀬真衣(TRIVAL/人物)、小川剛(近藤スタジオ/静物)、森京子(動画)、ヘアメイク/小田切ヒロ(LA DONNA)、スタイリング/坂下志穂、モデル/スミス楓、取材・文/前田美保、構成/河津美咲

編集チーム
編集チーム

記事ランキング

あなたにオススメの記事

この記事に登場したコスメ

最新号

VOCE 11月号

11月号を立ち読みする!

最新号の内容を見る

VOCEアプリ

VOCE APP

記事をサクサクCHECK!

ダウンロードはこちら