1. VOCE大島優子さん表紙 撮影の舞台裏をレポート

2015.08.22

VOCE大島優子さん表紙 撮影の舞台裏をレポート

VOCE10月号のテーマは「頑張りすぎない美人」。 VOCEビューティミューズに抜擢されたことでも注目の、 大島優子さんの表紙撮影ストーリーをご紹介します。

VOCE大島優子さん表紙
撮影の舞台裏をレポート
高橋 絵里子
VOCE副編集長
by 高橋 絵里子

「頑張りすぎない美人」って?

今回雑誌の特集テーマとして伝えたかったのは、いま求められている新しい美人のカタチ。ナチュラルなんだけれど、人として芯があって、どこか色っぽさもあって……男女ともに好感度が高いような、そんな等身大のリアルビューティ。表紙を飾るのはすぐに、大島優子さんしかいないと思いました。

voce10月号,大島優子,

白の優子と黒の優子

どうせならば、ファンも見たことのないような大島さんの新しい顔を引き出したかったので、今回の撮影では、まったく違う世界観のシチュエーションにトライしてもらいました。

撮影テーマは題して「白の優子と、黒の優子」。明るい笑顔あふれる美人と、見る人を惹きつけて離さないようなクールビューティ。そこを対比させて、彼女の魅力を最大限に見せるという狙いがありました。

「白の優子」の舞台裏は?

voce10月号,大島優子,

白の世界の方で自然光を使いたかったので、撮影は都内のハウススタジオで行いました。白の優子は光があふれる部屋のようなセットのなかで、レースのロングドレスを着て撮影を。華奢な彼女に大丈夫かな?と思いましたが、予想を大きく裏切って(!)驚くほど見事に着こなしてくれました。普段の明るい彼女の笑顔がひときわ輝いて、まるで妖精のよう。スタッフ一同ため息がもれるほどのオーラ! こちらのカットを結果的には表紙に使用しています。

「黒の優子」の舞台裏、実は・・・

voce10月号,大島優子,

黒の世界は、実は白の世界と同じスタジオの一角に部屋風のセットを作って行いました。写真ではまるでホテルの一室のようなクールな雰囲気ですが、実はスタジオの狭〜い一角なんです。白の世界観とは一転して、衣装はブラックを基調にした背中が大きく開いたワンピースで。これが彼女のボディの女性らしさと、肌の美しさを引き立たせてくれました。

撮影終盤には、小道具として用意した花束からとった花を一輪、手に持ってもらったところ……。こちらが、ハッ!と息をのむほど女らしい、いい表情を見せてくれました。普段なかなか見ることのできない、大島優子の「大人の女性としての顔」を撮れたと思います。

大島優子のプロ意識! 撮影こぼれバナシ

実際に会った彼女はテレビなどで普段観たままの可愛さ。気さくでスタッフ一人ひとりへの接し方も、 気遣いや優しさがあふれていて……。実は撮影当日は、35度以上のまさに酷暑。 ハウススタジオは空調の効きが悪くて、 実はかなり暑かったはずなのに文句ひとつ言わず、にこやかに撮影にのぞんでくれた大島さん。そのプロ意識と、撮影への集中力に圧倒される私たち。スタッフがひとり残らず……惚れました。

今回の撮影では、「女優、大島優子ここにあり!」という 必見の写真が撮れたと思います。 連載も始まり、毎月どんどん進化する 大島優子さんを今後もぜひお見逃しなく!

VOCE10月号についてくわしくはこちら→http://i-voce.jp/magazine_voce/

高橋 絵里子
高橋 絵里子
VOCEビューティエディター&美容デスク。ラインナップや表紙レイアウトも担当するVOCEの大黒柱。メイク&取材ページを中心に担当。根っからのメイク大好き!子育ての息ぬきは、深夜の海外ドラマウォッチ♡ 肌質はオイリーに傾きがちな混合肌。

記事ランキング

あなたにオススメの記事

最新号

VOCE 8月号

08月号を立ち読みする!

最新号の内容を見る

VOCEアプリ

VOCE APP

記事をサクサクCHECK!

ダウンロードはこちら