1. 【実験VOCE】秋冬最強パウダー&エマルジョンファンデをガチ検証!

2017.08.31

【実験VOCE】秋冬最強パウダー&エマルジョンファンデをガチ検証!

手を汚さずにサッと塗れるパウダー&エマルジョンタイプから実験スタート。薄づき傾向はどんどん加速しているようだけど、今季はどうか。カバー力やラスティング効果もチェックしよう。

【実験VOCE】秋冬最強パウダー&エマルジョンファンデをガチ検証!
佐野 桐子
VOCEエディター
by 佐野 桐子

1999年12月号から、18年も続いてきた人気連載企画「実験VOCE」。これまで行われてきた実験は、なんと170回以上というから驚き!

Q.実験は本当にやっているの?

A.エフシージー総合研究所でガチで行われています!

Image title

嘘も手加減もないリアルな結果がここに!
なんでも“リアルガチ”で行うことを信条としてきたVOCEだけに、実験もガチ。お台場にある研究所にて粛々と行われている。たとえ悪い結果が出たとしても、それこそが真実の結果。メーカーにとって不都合であっても、そのまま掲載するのが決まりである。

Q.実験方法を決めているのは誰?

A.研究所と編集部で相談しながら決めます!

Image title

すだちを使った実験項目はもはや定番に!
すだちの皮にファンデを塗って毛穴カバー力を確認したり、卵の殻を使って透明感を確かめたり。実験VOCEの象徴ともいうべきこれらのテストは、研究所が主体となり、みんなで考えつつ決めているもの。毎回、実験を始める前に実験項目について検討し、よりよい実験方法があれば取り入れてもいる。

◆実験したのはこの8アイテム!

01:【RMK】3Dフィニッシュヌード F SPF20・PA++ 全7色(写真のセットはF、C01、P01) セット価格 ¥5500/RMK Division(9/1発売)

3Dフィニッシュヌード F

実験使用色:102(レフィルF)
ファンデーションカラー、コントロールカラー、パールカラーを組み合わせて使用。詳しくはコチラ

02:【アナ スイ】パウダー ファンデーション M SPF10・PA++ 全4色 ¥4200/アナ スイ コスメティックス(9/1発売)

パウダー ファンデーション M

実験使用色:102
粉自体がしっとりしていて、自然と肌に一体化。塗るだけで立体感のある肌になる。

03:【アルビオン】モイスチュア シフォン SPF22・PA++ 全6色 ¥5000

モイスチュア シフォン

実験使用色:050
リキッド生まれのパウダー。極上のやわらかな肌質感で、キメの乱れもカバーする。詳しくはコチラ

04:【SUQQU】フレーム フィックス モイスチャライジング ソリッド ファンデーション SPF25・PA++ 全7色 ¥8500(9/1発売)

フレーム フィックス モイスチャライジング ソリッド ファンデーション

実験使用色:102
蒸しタオルをしたあとのような、濡れたようなツヤのある肌を叶えてくれる。詳しくはコチラ

05:【ディオール】ディオールスキン フォーエヴァー コンパクト SPF20・PA+++ 全7色 ¥7000/パルファン・クリスチャン・ディオール

ディオールスキン フォーエヴァー コンパクト

実験使用色:020
ファンデを塗っていないかのような自然なマット肌に。軽やかなつけ心地も特徴的。詳しくはコチラ

06:【ナチュラグラッセ】クリアパウダー ファンデーション SPF40・PA++++ 全6色 ¥4200/ネイチャーズウェイ(9/5発売)

クリアパウダー ファンデーション

実験使用色:N02
フワッと軽いタッチで、なめらかな肌に。ファンデなのに、石けんで落とせる!

07:【ポーラ】B.A パウダリィバームファンデーションM SPF20・PA+++ 全6色 ¥13500(9/1発売)

B.A パウダリィバームファンデーションM

実験使用色:N03
オイルリッチな感触で、溶け込むように肌になじんだあとはパウダーに変化する。

08:【レブロン】カラーステイ UV パウダーファンデーション SPF35・PA+++ 全4色 ¥2600(9/15発売)

カラーステイ UV パウダーファンデーション

実験使用色:02 オークル 20
余分な皮脂を吸着したあとゲル化して、密着感を高める。モチのよさもバッチリ!詳しくはコチラ

【TEST.1】透明感は出る?

中身を抜いた卵の殻の表面にファンデを塗布。内側から実験VOCE特製の発光体で照らしたとき、どれぐらい光が透過するか観察する。塗布部分から光が透けるものは、透明感のあるファンデだ。

Image title

01 RMK

Image title

かなり透明感のあるタイプ。どこに塗ったか分からないぐらい、透過。

02 アナ スイ

Image title

透明感はいまひとつといったところ。パウダーがたっぷりつくからかも。

03 アルビオン

Image title

ファンデがのっているのに透明感はバッチリ。かなりの透過性である。

04 SUQQU

Image title

透明感はいまひとつ。パウダーというよりエマルジョンタイプだからか。

05 ディオール

Image title

素晴らしい透明感。ファンデを塗った部分がまったくわからないほど。

06 ナチュラグラッセ

Image title

ファンデが表面にかなりついているのに、この透明感は特筆すべきこと。

07 ポーラ

Image title

粉が表面にたっぷりつくせいか、塗布部分はそれほど光を透過しない。

08 レブロン

Image title

ファンデを塗布した部分が分かってしまう。透明感はいまひとつである。

【TEST.2】毛穴を隠せる?

すだちの皮の凹凸を毛穴に見立てる、実験VOCEおなじみのテスト。それぞれの付属ツールを使ってファンデを塗り、凹凸の状態を見る。凹みが目立たなくなるかなど、細かくチェック。

Image title

01 RMK

Image title

均一に表面を覆っているけど、薄づきなので隠しきれていない。

02 アナ スイ

Image title

すだちの皮を均一に覆うけど、隠しきれず凹みが見えている。

03 アルビオン

Image title

皮の凹みに入り込まないため、かえって目立つ感じになった。

04 SUQQU

Image title

均一に覆って凹みにも入り込むけど、かえって目立つ感じもあり。

05 ディオール

Image title

目立ちにくくなっているけど、薄づきすぎて隠しきれないようだ。

06 ナチュラグラッセ

Image title

表面にファンデがのるけど、凹みに入り込まず、かえって目立つ。

07 ポーラ

Image title

均一に覆って、ある程度は凹みを隠してくれる。毛穴カバー力あり。

08 レブロン

Image title

表面にパウダーはのるけれど、凹みに入り込まず、目立っている。

【TEST.3】うるおいキープ力は?

梅干しにファンデを塗布。塗った直後、3時間後、翌日と3段階での時間経過を観察していく。

Image title

01 RMK

Image title

3時間後にはうっすら薄いシワが入り出す。翌日にはシワが深く。

02 アナ スイ

Image title

3時間後はほとんど変わらず。でも翌日になると全体がシワシワ。

03 アルビオン

Image title

塗って3時間後、うっすらシワが出現。翌日になるとしぼんだ。

04 SUQQU

Image title

3時間後はほとんど変わらないけど、翌日には小さくシワシワに。

05 ディオール

Image title

塗って3時間では変化がないけど、翌日にはかなり深いシワが。

06 ナチュラグラッセ

Image title

3時間ではほとんど変わらず。でも翌日にはしぼんでシワシワに!

07 ポーラ

Image title

3時間後はまったく変化なし。翌日もシワが多少入ったぐらい!

08 レブロン

Image title

翌日にはシワがたくさん入るけど、3時間後はあまり変化なし。

Image title

グラフは同量の水を入れたビーカーにファンデを塗布した不織布を貼り、1時間後の重量を測定。水分蒸発量を算出し、数値が低いほど水分の蒸発を防いでいる。

年々うるおいキープ力が高まっているパウダー&エマルジョン部門。8品の中でもっとも保湿力が高いのは(07)ポーラで、2位は(02)アナ スイ(03)アルビオンが同率、4位は(05)ディオールという結果になった。

【TEST.4】くすまない?

すりガラスにファンデを塗布したあと、スポンジでモデル皮脂を付着させる。その前後で色はどう変化するのか。茶色っぽくなるものは、くすんでしまうファンデ。

01 RMK

Image title

02 アナ スイ

Image title

03 アルビオン

Image title

04 SUQQU

Image title

05 ディオール

Image title

06 ナチュラグラッセ

Image title

07 ポーラ

Image title

08 レブロン

Image title

(01)RMK(04)SUQQU(07)ポーラは時間が経って皮脂が出てもくすむことなく、美しい肌色をキープできそう。(02)アナ スイ(03)アルビオンはほどほどに色の変化が見られるタイプ。(05)ディオール(06)ナチュラグラッセはくすんでしまうので、お直しが必須かも。

【TOTAL】仕上がり&総合評価

Image title

モデルの肌に実際にファンデを塗ったときの、見た目の印象を見ていこう。ツヤが出るタイプなのか、セミマットに仕上がるタイプなのか。さらにムラづきしないか、粉っぽさは出ないかなど、細かく観察するべし。

01 RMK

Image title

時間が経ってもくすみ知らずでツヤキープ。

02 アナ スイ

Image title

セミマットだけどうるおいたっぷり!

03 アルビオン

Image title

透明感バッチリのうるおいパウダー。

04 SUQQU

Image title

薄く均一に塗れるエマルジョン、誕生。

05 ディオール

Image title

均一でムラのない透明美肌に変身。

06 ナチュラグラッセ

Image title

色ムラを目立たなくするマットファンデ。

07 ポーラ

Image title

毛穴カバーも保湿力もナンバーワン!

08 レブロン

Image title

色ムラや肌色を補整してほどよくマットな肌に。

◆サイエンスな結論

かなりの薄づき揃いのパウダー&エマルジョン。サッと手軽に使える反面、乾燥する秋冬はうるおいキープ力に不安があるという声も。それなら(07)ポーラ(02)アナ スイ(03)アルビオン、そして(05)ディオールを使えば安心だ。とくに(07)ポーラは8品のなかでも毛穴カバー力に優れているので、保湿したい、毛穴も隠したい人にピッタリ。

(01)RMK(02)アナ スイ(04)SUQQUあたりも表面の凹凸感はカバーできるほうなので、気になる人はチェックして。

(01)RMK(03)アルビオン(05)ディオール(06)ナチュラグラッセは透明感のある仕上がりが自慢。いかにも塗りました!という肌にしたくない人にオススメだ。

(02)アナ スイ(03)アルビオン(06)ナチュラグラッセ(08)レブロンは水分に負けないパウダーファンデ。汗かきさんはこの4品なら、ヨレることなく一日過ごせそう。

お直しがあまりできない日は、(01)RMK(04)SUQQU(07)ポーラならくすまないので、選んで損はないはず。

撮影/石田健一(実験)、木村元明(静物) 実験/エフシージー総合研究所 取材・文/穴沢玲子 構成/佐野桐子

佐野 桐子
佐野 桐子
オイリー寄りの普通肌。むくみや肌荒れ、赤みが気になる。コツコツ派で、本気のエイジングケアやオーガニック系も興味あり。趣味は音楽鑑賞、動物とふれあうこと。

記事ランキング

あなたにオススメの記事

この記事に登場したコスメ

最新号

VOCE 11月号

11月号を立ち読みする!

最新号の内容を見る

VOCEアプリ

VOCE APP

記事をサクサクCHECK!

ダウンロードはこちら