マック

M・A・C

Professional Review

プロの目一覧

  • VOCEウェブサイト編集長

    三好 さやか

    2021年1月 掲載

    「高発色なのに、本当にふわふわの質感で心地良いんです。唇もふっくら、10時間色もちするので、マスクメイクにもぴったり。イチオシカラーは、プリティ プリーツ!というバーガンディブラウン。ちょっとチャレンジングなブルーグレイのグッド ジーンズを他のリップに重ね塗りするのもメイク上級者さんにはおすすめ」
  • ヘア&メイクアップアーティスト

    北原 果 さん

    2021年3月号 掲載

    (スウィート トリート使用 )「ミルキーピンクのリップバームで控えめなツヤ&血色を唇に」
  • VOCE編集

    松本 薫

    2020年11月 掲載

    「洒落たカラーバリエ×透け感で“ちょうどいいメイク感”がつくれて、使いやすい! 心地のよい軽めのテクスチャーもヘビロテしたくなる秘訣。また、しっかりと保湿してくれるので、唇のコンディションが悪いときも安心して使えるのがうれしい」
  • VOCEウェブサイト編集

    佐藤 水梨

    2020年11月 掲載

    「どんなアイシャドウを使ってもヨレてしまうのが悩みだったのですが、これに出合ってすっかり解決。アイシャドウを塗る前に仕込めば、夜までまるで塗りたてのアイメイクが保てます!」
  • VOCE編集

    並原 綾

    2020年11月号 掲載

    「ひと塗りで、ぷるんっとしたジェリーのような唇に。お気にいりの口紅の上に重ねるもよし、単品使いでピュアなリップに仕上げるのもまたよし。全18色もあるので、絶対にお気に入りの色みが見つかるはず!私の推しは、291「プリーズド アズ パンチ」。単品使いで自然なうるぷるピンク唇が完成します。さらに、荒れがちな唇をしっかりと守ってくれるような保湿感があるのも嬉しい。メントール配合のすーっとする使用感は仕事中の気分転換にも◎。常にポーチインしたいアイテムです!」
  • VOCEウェブサイト編集長

    三好 さやか

    2020年2月号 掲載

    「高発色、完璧なツヤ。そのままチップで塗布すれば、リップ主役メイクに。ほんのり発色させたければ、上下の唇にちょんちょんとのせて、指でぼかして。メイクが楽しい!を実感できるリップ。お気に入りカラーは、チャーミングなピンクのレッツ ゲット グロスト」
  • VOCEウェブサイト編集

    佐藤 水梨

    2020年1月号 掲載

    「ベタつかずに、ぽってり艶やかなリップが完成。見たままの高発色で、色持ちも最高です。発色が良すぎて唇が荒れるのでは……と少し不安になりましたが、心配ご無用! 保湿成分がたっぷり入っているので、塗っている間むしろ唇がうるおいます。指でポンポン塗ってグラデリップにしたり、直接塗ってしっかり縁取りすることで、様々なメイクに合わせて楽しめるのも好きなポイント!」
  • VOCEウェブサイト編集

    沈 晨棟

    2020年1月号 掲載

    「ひと塗りで「MACらしいおしゃれ顔」!を叶えてくれる優秀な1品。べたつかない上に、見たまま発色なので、女子会やパーティなど少し気合が入るイベントの日にはもってこい!のアイテムです。今期は色のバリエーションも多いので、おしゃれなくすみ系の色番はディリーにも使えそうです」
  • VOCEウェブサイト編集

    沈 晨棟

    2019年12月号 掲載

    「みずみずしさのあるテクスチャーで、しっかりと肌にうるおいを与えながら、均一な美肌へと導いてくれるところがすごく好きです。しかも、肌色をガツンと明るくではなく、ワンランク上へとトーンをアップさせてくれるから、安心して朝のベースメイクの土台を任せられます」
  • VOCEウェブサイト副編集長

    渕 祐貴

    2019年12月号 掲載

    保湿効果のあるクリームが、肌にうるおいを与えながら自然なツヤ肌を叶えてくれる。のびのよいテクスチャーで、全顔になじませていくと、ゴールドパールがまさに肌の内側から輝くようなストロボ=発光を演出。特にお気に入りは<ゴールドライト>。肌の赤みを抑えて、つるんとした肌印象に。ファンデの上からハイライターとして、部分的に使うのもおすすめです!
  • VOCEウェブサイト編集

    沈 晨棟

    2019年12月号 掲載

    「化粧崩れ防止&うるおいを求めて、このフィックスローションを選びました。要望通りに答えてくれるだけではなく、きちんと肌にツヤ感を足してくれるところも嬉しいです。夕方のオフィスではついつい頼ってしまいます(ピンクライト使用)」
  • VOCEウェブサイト副編集長

    渕 祐貴

    2019年12月号 掲載

    メイクした上からミスト状の化粧水を吹きかけると、一瞬で自然が輝きのツヤ肌を叶えてくれる♪ 同時に潤いもチャージされて心地よさもお約束。お気に入りは<プレッププライム フィックス+ゴールドライト>で、何度か重ねる使い方がおすすめ。あくまでナチュラルさはキープされるので、自分の求めるツヤ感を演出してみて !
  • VOCEウェブサイト編集

    佐藤 水梨

    2019年10月号 掲載

    カバー力が抜群で、毛穴・シミ・クマ・ニキビ跡などの肌のアラをなかったことにしてくれます。だけど、塗った感のあるわざとらしい肌にならずに素肌感も保てるのが魅力。化粧持ちも良いので、朝塗った瞬間から夜までお直しいらずの心強さ!カラバリも24色と豊富なので、メンズも自分に似合う色を見つけやすいはずです!
  • VOCEエディター

    鏡 ゆうこ

    2017年12月号 掲載

    「ブラウンリップがトレンドのこの冬、毎日欠かさず使っていたのがこのリップ。血色を帯びた大人のブラウンリップがひと塗りで手に入る(フレンチキスを使用)」
  • エディター

    松本 紗野

    2017年12月号 掲載

    「保湿しながらツヤ肌をつくれる、今っぽアイテム。ピンクのパールでくすみも補正してくれる上、ほんのりツヤを出してくれるので素肌力があがったように見せられます。カジュアルな日はベースはこれだけでもよし。あわせるファンデはツヤを強めたいときはリキッド、フォギーにしたいときはパウダーで。いろんな肌を作れる万能クリーム!」
  • エディター

    松尾 友妃 さん

    2017年5月号 掲載

    「朱色がかったオリエンタルな赤。クリーミーなテクスチャーで、マットすぎずツヤすぎずちょうどいい発色。色もちもよいです!(ダイナスティ レッドを使用)」
  • VOCEウェブサイト編集長

    三好 さやか

    2017年2月号 掲載

    「伝説のストロボクリームに新色が♡ 下地としてスキンケア後に全顔に使用するもよし、メイクの上から立体的に見せたいところに盛るもよし! 試したのはレッドライト。始めは白いクリームだけど、塗り広げていくとほんのり赤く! くすみがちで青白い私の肌が健康的になった!」
  • VOCEエディター

    大木 光

    2017年2月号 掲載

    「その名の通り、今欲し輝きに満ちたツヤ肌が一塗りで手に入る、ツヤ肌派には欠かせない下地です。ツヤベースにありがちなオイルっぽくて崩れやすいなんてこともなく、朝のツヤが一日中叶います!」
  • ヘア&メイクアップアーティスト

    AYA さん

    2016年5月号 掲載

    「みずみずしくて、少しひんやりする塗り心地が夏にぴったり。色もツヤもキレイに出るのに、唇の色が透けるくらい膜が薄くて、仕上がりが重くならないのが絶妙。時間がたつとツヤが少し落ち着き、もとの唇がその色だったみたいに染まる感じも可愛い。運動して汗をかいた日にもくずれが気にならなかったし、潤い感も続くから、長時間メイク直しできない日にも頼れそう。タトゥー マイ ハートは肌色を問わず似合う万能色。使いやすい色だけど、個性的な質感でさりげなくおしゃれさを演出できる」
  • VOCEウェブサイト編集長

    三好 さやか

    2015年8月号 掲載

    まるでリップクリームのように、なめらかなで柔らかい質感。でもベタつかない仕上がりで、塗っていて本当に気持ちがいい!ブライトピンクのゴーフォー ガーリーは、強めのコーラルチークと合わせて、いつもよりラブリーめにするのが気分♡ロージーピンクのプレザントをオン。カップにも少ししか色が付かず、唇の潤いもキープ!お直し回数は少なめでもOK。