1. 日本一の好感度 “佳子さまメイク”を大研究!【眞子さまご婚約おめでとうございます♡】

2017.05.24

日本一の好感度 “佳子さまメイク”を大研究!【眞子さまご婚約おめでとうございます♡】

品格溢れる微笑みに可愛らしさと親しみやすさを同居させた、好感度のお手本とも言える佳子さま。世界に通用するその好感度をメイクの視点から紐解きます!

日本一の好感度 “佳子さまメイク”を大研究!【眞子さまご婚約おめでとうございます♡】

今や好感度においては右に出るものがいないほど、我々の心をガッチリと掴んでいる佳子さまスマイル。その好感度の秘密はメイクにもあり!?と、佳子さまの最強好感度メイクを徹底研究!

ポイントはズバリ、“眉のカタチ”と“目尻“!

「タレ目の印象だけど、黒で引き締めているから甘すぎないし、少し上がった眉でキリッと感も。また、全体を肌なじみのいい暖色系のワントーンにまとめているので、とってもナチュラル。チークやリップで華やかさを加えれば、佳子さま感を取り入れられそう」
と、佳子さまメイクを指南してくれたヘアメイクのGeorgeさんは語る。

では、ポイントとともにそのやり方を見ていこう!

Make-Up Point.1 目尻の三角ゾーンに仕掛けあり

Image title

上まぶたにはaのアイシャドウを使用。
アイホール全体に淡いピンク、二重幅には左下の濃いピンクをオン。インサイドは黒のペンシルアイライナーで埋め、目尻はタレ目になるよう下げぎみで、5~7mmを 上まぶたのフレームに沿わせて描く。
写真の三角ゾーンはaのパレット右下の黒でぼかしながら埋め、涙袋はaパレット右上の白をふわっとのせた後、bのピンクを少し広めにのせる。

★使用アイテム

シャネル レキャトル オンブル,エレガンス クルーズ ファインカラー,

a. シャネル レキャトル オンブル 238 ¥6900
b.エレガンス クルーズ ファインカラー N 08 ¥1800

Make-Up Point.2 カタチは凛々しく、でも決して濃くしない眉毛

Image title

上げぎみでキリリと仕上げながらも、色はナチュラルでやさしく。
眉の毛流れが重なった一番濃いところからブラシで色をのせて。上向きに足すように目尻まで描けばOK。アイラインより少し短めにするのがポイント。

★使用アイテム

アディクション プレスド デュオ アイブロウ

アディクション プレスド デュオ アイブロウ 01 ¥2700 

Make-Up Point.3 まつげは上げすぎない!

Image title

根元はしっかり上げるけど、毛先は二重のラインに重ならない程度の緩やかさにとどめる。根元にたっぷりとマスカラを塗って、ライン効果を狙って!

★使用アイテム


Image title

エスティ ローダー リトル ブラック プライマー ¥3000

Make-Up Point.4 チークは広く丸く柔らかく

Image title

笑ったときに色を感じるくらいので上品さが大事。
黒目下と目尻下の頬骨の一番高いところの2箇所に色をのせ、その2点を中心にだ円にぼかす。リップは口角が上がって見える効果もあるので、下唇にたっぷりと。

★使用アイテム

M・A・C ブラッシュ オンブル,シュウ ウエムラ ラックシュプリア,

c. M・A・C ブラッシュ オンブル ライプ ピーチ ¥3800(限定発売)
d. シュウ ウエムラ ラックシュプリア PK03 ¥3200

たったこれだけで、佳子さまの雰囲気にグッと近づける!

完成♡

Image title

親しみやすい表情のなかに可愛らしさもある、佳子さまのような清楚系プリンセス顔が完成!

撮影/窪徳健作 ヘアメイク/George スタイリング/坂下志穂 モデル/Ami Shimai 取材・文・/小池奈菜子 取材・文/小池奈菜子、河津美咲