1. 【ベスコス2018】スキンケア部門・TOP2を大発表!【美白頂上決戦】

2018.06.22

【ベスコス2018】スキンケア部門・TOP2を大発表!【美白頂上決戦】

VOCEの歴史とともに歩んできた名物企画であり、日本を代表するビューティアワード「VOCEベストコスメ」。今期のスキンケア部門は、常に世界をリードする日本の美白アイテムの絶品揃い! 現代女性のニーズを把握し、最新、最先端の唯一無二のレシピで肌に手ごたえと喜びをもたらすアイテムたち。中でも圧倒的な強さを誇った2品とは?

【ベスコス2018】スキンケア部門・TOP2を大発表!【美白頂上決戦】

【スキンケア部門◆最優秀賞】 HAKU メラノフォーカスV(医薬部外品) 45g ¥10000(編集部調べ)/資生堂

Image title

このコスメを詳しく見る!

【HAKUのPRの方に質問!】

Image title

資生堂 PR 唐川舞奈さん

Q1.HAKUならではのスゴさを教えてください!
「資生堂のシミに対する真摯な研究と技術力を結集して誕生した2005年の初代HAKUから数えて7代目。リニューアルのたびに威力を増し、今回も新成分配合でさらに進化しました」

Q2.発売後の反響や売れ行きはいかがですか?
「多くの反響をいただいており、"シミに悩まなくなった"という嬉しいお声も。3月の発売以降、すでに売上計画を上回り、新規の顧客も獲得。若い世代の方も増えています」

Q3.どんな人がどう使うのがオススメですか?
「新たなシミを予防したいという方はもちろん、すでにシミに悩んでいる方もぜひ。美白需要期のみならず秋冬にもお使いいただくことで、前向きな美しさをHAKUが支え続けます!」

もう諦めなくていい。シミ悩みを完全解決

Image title

【開発者が激白!】資生堂 HAKU ブランドマネージャー 佐藤小百里さん
研究所との綿密な打ち合わせから顧客の美白意識の調査、世界観の表現まで、新生HAKUの誕生を全マネージメント。

シミの原因は紫外線のみならず、と画期的な美白理論を次々に解明し、その時代の最新知見を続々搭載。そんな13年に及ぶ進化と高評価が7代目への期待値を押し上げたが、見事クリア。今期スキンケアの頂点に。

「これまでの表皮、真皮へのアプローチをさらに深掘りし、血管に着目。独自の画像解析技術を確立し、肌を傷つけることなく毛細血管の観察に成功しました。新たに毛細血管のネットワークがシミのある部位では異常発達していることを発見したのです」と佐藤さんは開発背景を語る。

新作HAKUでは資生堂美白の象徴、2つの独自有効成分に加え、Vカット複合体を新配合。「心地よい使用感で多角的なアプローチを叶え、シミの生成連鎖を抑止。見て、触れて感じる確かな効果を約束します」

\総獲得点数No.1! 美のプロたちも大絶賛!/

Image title

Image title

「シミの原因の一つに"血管"があったことを突き止めただけで大快挙。HAKUは自らの発見を余すところなく美白力に変える力もズバ抜けている

Image title

続ける美白なら断然この美容液。シミ部位→顔全体→シミ部位の重ね技が吉田的効かせるツボ」

Image title

「とにかく効きが早い! コクのあるテクスチャーで肌にとどまり、使うほど明るく、透明感が蘇ってくるよう。すでに3本目に突入」

Image title

「さらに先を行くHAKUの理論に、心底感動。1本使い切るころには、肌色が冴えるのを実感

Image title

「ベストセラーゆえの絶大な信頼と新たな魅力へのワクワク感を持つHAKU。どんどん肌が澄み渡る速度に驚きました」

Image title

「ありとあらゆる角度からシミにアプローチしていく、まさに最強のシミ包囲網。潤ってもちもちになる肌感触もやみつきに

Image title

「美白モノに異例の速度で肌色が冴えて、長年居座っているシミとの戦いにも決着の兆し!

Image title

やっぱり効く! その信頼感とスキンケア製品としての完成度の高さが圧倒的。今期は、HAKUの強さが際立った!」

【スキンケア部門◆優秀賞】 ポーラ ホワイトショット CXS(医薬部外品) 25ml ¥15000

Image title

このコスメを詳しく見る!

【ポーラのPRの方に質問!】

Image title

ポーラ PR 野口有紗さん

Q1.ホワイトショット CXSの売りを教えてください!
「業界初の発見や浸透処方を搭載することですぐに効果が実感できるところ! シャバシャバとした質感で肌にスッと浸透し、他のアイテムを邪魔しないところも人気の秘密です」

Q2.すでに使った方のリアルな声が知りたい!
「使い始めて1週間ぐらいから、顔全体のトーンアップを実感される方が多いようです。すると、すでにあるシミが気になってくるようで、部分用のSXSとW使いする人も急増!」

Q3.より効かせるための塗り方のコツは?
「両手をこするなどして温めてから肌にしっかりフィットさせると、より浸透感が増すのでオススメ。"継続は力なり" なので、毎朝毎晩、続けることも美白のスピードアップに」

史上最速&最上級のまっさらな透明肌へ

Image title

【開発者が激白!】ポーラ研究所 フロンティアリサーチセンター 研究員 黒住元紀さん
アンチエイジング領域の皮膚科学や、顔の表情が人に与える影響を見る認知心理学の研究を経て、美白研究の担当に。

「メラニンを生成するメラノサイトについて果たしてどれだけ知っているのか。そんな原点に立ち返り、24時間観察したところ "メラノサイトは移動している" という事実を捉えることができました」と黒住さん。

メラノサイトは本来移動し、肌全体に適切な量のメラニンを分配。色ムラのない肌を保つと考えられるが、シミの部位ではメラノサイトの移動が停滞し、密集。メラニンの生成量が増える。

「今までの独自の美白アプローチも不可欠であり、みずみずしく全顔に広げやすい質感を大切にしながら、新知見も盛り込み、それぞれの成分が適切に届き、働くように処方。スピーディに満足のいく結果をもたらすので、美白ケアに不信感を持っている方も、ぜひ!」

\総獲得点数No.2! 審査員も惚れこむ逸品!/

Image title

Image title

「メラノサイトの動きに着目し、さらにくすみを払拭。顔全体に透明感が満ちると、こんなにも若々しく魅力的に見えるのだと実感

Image title

「これまでの美白コスメとは一線を画す、新知見の秀逸アイテム。深部まで潤い、肌全体が明るく」

Image title

「深くしみわたるような浸透力で肌が明るく冴えていくのを実感。みずみずしい質感は美白ケア以上、不純物が浄化されるようなパワーで満たされている」

Image title

「スピードアップした美白力に汗ばむ季節も快適な軽い質感と期待を裏切らない最新最高作

Image title

「メラニンの適量化という着眼とそれを具現化する技術力に脱帽。使い切るとその凄さがわかる!」

Image title

「肌に明るさが出てきてキメも整い、肌が澄んでくる実感あり。水みたいに軽くてスーッとなじんでいく使用感も、たまらなく心地いい

Image title

「さらりとしたテクスチャーは、肌にしみわたり、白く染め上げてくれるような期待しかない! 透明感が欲しいなら絶対コレ

Image title

「ついに美白はここまで、と感動するほど。自分史上最高の "冴えわたる透明感" を体感!

【ベスコスってどうやって選んでいるの?】
対象商品:2018年1~6月発売のコスメ、全部!(ただし、限定品は除く)
審査員:57名
選考方法:ジャーナリスト、スペシャリスト、エディター、ライター、VOCE編集部員はスキンケア部門(12)、メイク部門(17)の全部門、ヘアメイクアップアーティストはメイク部門の各部門(17)のみ、対象コスメを審査。1品につき10点満点で投票を行ったうえで合計点を算出し、各部門賞を決定。さらにスキンケア部門、メイク部門の各部門の中で、獲得点数が高かった上位2品を最優秀賞、優秀賞として表彰。

撮影/吉田健一(No.2)、伊藤泰寛 取材・文/楢﨑裕美、中川知春、小池菜奈子 構成/与儀昇平

Image title

ベストコスメをまとめてチェック!2018年上半期ベストコスメ特設ページはこちら

【NEWS】マイページにログインして、編集部セレクトの豪華プレゼントや、スペシャルイベントに応募しよう♪