1. 透明感をトッピング!ハイライトでピュア顔を作るコツ

2018.07.16

透明感をトッピング!ハイライトでピュア顔を作るコツ

ハイライト、入れていますか?陰影を操作し、骨格を際立たせるものというイメージがありますが、実は透明感を出すにも強力なパワーを発揮します。潤いも、光も、ハリも!入れるパーツと質感の組み合わせで、メイクにいろんな味付けができるアイテム、ぜひ使いこなして。

透明感をトッピング!ハイライトでピュア顔を作るコツ

皮膚が薄そう!儚い透明感ならココ
「鼻の付け根」

Image title

鼻筋に入れるハイライトは鼻を高く見せます。でも、少し位置を変えると、肌を薄く透き通って見せ、顔全体に透明感が出るんです。入れるポイントは「鼻の付け根」。鼻の付け根のくぼみに、横にスッと入れれば顔全体がぱっと明るくなります。

フーミー ハイライトパウダー

フーミー ハイライトパウダー

WHOMEE ハイライトパウダー」は、「たまご色」の優しいベージュのパウダー。限られた場所にポイント使いにも適しています。付属のブラシは使わない派の私ですが、このハイライトにはこのブラシしかない!と思うほど、幅や毛足がピッタリなブラシがついています。ぜひこのまま使って。鼻の付け根にハイライトを入れることで明るさが出るだけではなく、パンっと張った肌が骨格にピタッとついてるようなハリ感が演出でき、若返り効果もあるように感じます。

外国人風の丸いおでこで
あどけない顔になる「額」

Image title

女子の顔をより女らしく見せるパーツの一つに、「おでこ」があります。骨格上、男性のおでこが丸くなることはないらしく、おでこの丸みによって女らしさは急上昇。ハイライトを眉頭の上にタテにスッと2本入れると、おでこの中心がきゅっと前に出たように見え、丸みを増します。ツヤ質感のハイライトは、眉間のしわを強調してしまうこともあるので、ツヤツヤ過ぎない質感のものを。

ケイト スリムクリエイトパウダー N

ケイト スリムクリエイトパウダー N

ケイト スリムクリエイトパウダー N」は、控えめなパールの入った白ハイライトとブラウンのシェーディングのセット。白でおでこの丸みを強調し、ブラウンで髪の生え際にかけて丸く影をつけると、外人の子どものような可愛いおでこに。どこにどう手を加えたかはわかりにくいのに、ピュアな透明感が出て、雰囲気丸ごとが可愛くなるテクニックです。

リアル色素の薄い人はココが光ってる
「目頭」

Image title

眉山の上下、口角、目頭、眉間などの小さく光るツヤ。スキンケア後の肌がしっかり潤っているときに感じるあのツヤは、ファンデーションを塗ると消えてしまいます。テカリに見えるところは無視して、必要なツヤだけハイライトで復活させましょう。おすすめポイントは「目頭」。外国人やリアルに色素が薄い人は、ココに控えめなツヤがあります。目頭の「く」の字ではなく、ちょっと鼻筋よりなのがポイントです。目頭から2〜3ミリ内側に、三日月形に小さくツヤを足しましょう。

RMK グロースティック

RMK グロースティック

RMK グロースティック」は、ほんのりピンク味のあるツヤベージュで、ぼかす必要もないほど繊細な光。ギラつかずに、肌の潤いのようなツヤを出してくれます。クリームっぽい見た目ですが実はパウダーが固まったような質感なので、小回りが利くのも目頭にピッタリなポイント。ウエット感はないので保湿をしっかりした肌に使うと本物の肌のツヤのように。このひと手間で、素肌風ファンデがより素肌に近づきます。

子どもみたいな透明感
「こめかみ」

体重が変わらないのになんだかもっさり見えたり、老け見えしてしまう……。なにもボディに限ったことではありません。意外に顔の見た目年齢を左右するパーツの一つに「こめかみ」があります。ここがげっそり削げていると一気に老け見えしますし、逆に、パーンとしたツヤがあれば子供のような可愛さが。

m.m.m スキングロウ

m.m.m スキングロウ

コスメキッチンからデビューしたオーガニックコスメブランド「m.m.m スキングロウ」は、内側から発光する素のツヤのような繊細な輝きと、カカオバター入りで保湿もできる点が優秀。天然精油の香りがふわっと漂い、メイクの時間が楽しくなる効果も。パーンと張ったようなツヤを出してくれます。

私自身、元が平たい顔だから、ハイライトは不自然になる?と敬遠していた時期もありましたが、立体感以外のニュアンスも出せる!と感じてから、使うのが楽しくなりました。潤いのような、光のような、ハリのような……いろいろな質感がひと塗りで手に入ります。メイクのマンネリも解決できるはず。