連載 おかえり!リップスティック

【齋藤飛鳥とマスクと赤リップ】「口紅だけは絶対塗ります」

公開日:2021.11.02

【齋藤飛鳥とマスクと赤リップ】「口紅だけは絶対塗ります」

長引くマスク生活で、口紅を塗る機会が減った、落ちないリップ探しに夢中になったなど、リップメイクに大きな変化が訪れました。でもやっぱり、欠かせない。だから今「口紅、復活」。口紅のモチベがグッとUPする、齋藤飛鳥さん×赤リップのビジュは必見です!

【齋藤飛鳥とマスクと赤リップ】「口紅だけは絶対塗ります」

長引くマスク生活で、口紅を塗る機会が減った、落ちないリップ探しに夢中になったなど、リップメイクに大きな変化が訪れました。でもやっぱり、欠かせない。だから今「口紅、復活」。口紅のモチベがグッとUPする、齋藤飛鳥さん×赤リップのビジュは必見です!

マットな赤リップで、あえて愛らしく

教えてくれたのは……
千吉良恵子さん

ヘア&メイクアップアーティスト

千吉良恵子さん

美容のプロページはこちら

テーマは、心地よいオフを過ごすための赤リップ。ブラシで唇の内側から塗り、丸みを意識して輪郭をとって、外にいくほど薄膜にし、唇が染まったような発色に。黄みニュアンスのマット質感を選ぶことで、メイク度が上がりすぎず、無垢な印象に仕上がります。

【USE IT】

【OTHER ITEMS】

【齋藤飛鳥とマスクと赤リップ】「口紅だけは絶対塗ります」
「唇を赤く染めるから叶うミニマムメイク」by CHIGIRA

上まぶたにはポッと赤みを仕込んで、黒目の下にはキラキラのみ。まつげは上げず、ラインも隙間を埋めるだけで、チークは優しい血色をササッと。これは赤リップだけで可愛さが十分だからできること。他はミニマムにして髪もお団子を無造作につくり、決めすぎないぐらいが、ちょうどイイ!

「口紅だけは絶対塗ります。気持ちを高めるために」by ASUKA

もともと、肌や他のパーツに何も塗っていないのは平気。でも色がない唇を人様に見せるのがどうしてもイヤなので、リップはマスト。確かに、マスク生活がスタートして、口紅を塗ることが一瞬減りましたが、すぐに色持ちがいいリップを探し出したり。人から見られる機会は減ったけど、やっぱりこだわりたいパーツです。まわりからの印象も左右すると思うし、何より自分がアガります!

ASUKA’S VOICE!

赤リップでピュアになれるなんて!

ピンクよりも大人っぽくて強い印象がある赤リップ。でも、アイメイクやチークとの合わせ方で、こんなにも印象を変えることができるというのは新たな発見で、いつもは全体を淡く仕上げがちなファンイベントにもよさそう。唇にだけパッと華やかな色が入って、ピュアだけどちょっとだけ色っぽい。とても素敵だなと思いました。

撮影/岡本俊(人物)、新谷隆太(静物) ヘアメイク/千吉良恵子 スタイリング/西野メンコ モデル/齋藤飛鳥 取材・文/楢﨑裕美

Edited by 新井 美穂子

公開日:2021.11.02

You May Also Like...

あなたにおすすめの記事

    Serial Stories

    連載・シリーズ