1. 【超絶美肌】の持ち主!【石井美保】の美をつくるベスコスとは?

2018.07.09

【超絶美肌】の持ち主!【石井美保】の美をつくるベスコスとは?

VOCEの歴史とともに歩んできた名物企画であり、日本を代表するビューティアワード「VOCEベストコスメ」。モノも情報も溢れている時代だからこそ、真にイイものをお届けしたい! そんな並々ならぬ熱量で選び抜いたコスメたち。中でも美容家・石井美保さんが10点満点を投じたコスメは一体……!?

【超絶美肌】の持ち主!【石井美保】の美をつくるベスコスとは?

超絶美肌であり、超コスメマニア 石井美保さんが10点満点を投じたコスメはこちら!

アルビオン アンフィネスホワイト ホワイトニング パンプ ミルク(医薬部外品) 200g ¥7000【乳液部門 1位】

Image title

冴えた肌色もハリも最速でお届け
乳液部門の常連、アルビオンからまたもやスーパーミルクが登場。メラニン、糖化、カルボニル化による "肌色のセピア化" を標的に、コクのあるファーストタッチ、みずみずしい潤い、速攻的なハリ出し力で圧倒。鏡を見れば透明感がみなぎり、美白力も間違いナシ!

クレ・ド・ポー ボーテ セラムラフェルミサンS (医薬部外品)40g ¥30000 /資生堂インターナショナル【美容液・オイル部門 5位】

Image title

美容医療レベルのハリが塗るだけで!
高額だけどその価値は十分にあると投票が相次ぎ、堂々ランクイン。肌を土台から立て直し、表面を引き締めてコルセットのように持ち上げ、まるで新品に張り替えたような印象に。ほうれい線や下あごのもたつきを引き上げるようになじませるのがより効かせるコツ。

ヘレナ ルビンスタイン リプラスティ プレソリューション 150ml ¥13500【スペシャルケア部門 2位】

Image title

洗顔後の+1で肌が見違える!
レーザー治療前のピーリングからヒントを得たプレ化粧水が高得点を獲得。角質に穏やかに働きかける水層と、肌をほぐして潤いを密封する油層の二層式で、コットンで拭き取れば、つるっとするだけではなく、従来の角質ケアとは一線を画すしっとりふっくら仕上げ♡

ランコム UV エクスペール トーン アップ 30ml ¥5800【UVケア部門 1位】

Image title

マルチプロテクトしながら魅せ肌に
多岐にわたる防御力をノンストレスな極上テクスチャーで叶えるUVケアに、発光肌に導くトーンアップ機能を追加。スキンケアとベースを繋ぐアイテムとしての評価も高く、スキンケア部門ゆえアーティストの審査対象ではないが、下地機能を絶賛する声も相次いだ。

ミノン アミノモイスト うるうる美白ミルクマスク(医薬部外品) 20ml× 4枚 ¥1500(編集部調べ)/第一三共ヘルスケア【プチプラスキンケア部門 2位】

Image title

乳液浸け込み美容で白くなめらかに
大人気のジェルマスクに続く第2弾はとろんとしたミルクをたっぷり含んだ美白タイプ。液だれすることなく肌にピタリと吸いつく使用感のよさも魅力で、敏感や乾燥をも癒やしながら、透明感と柔らかさをもたらす実力派。

ルナソル マカロン グロウアイズ 01 ¥5000 /カネボウ化粧品【アイシャドウパレット部門 1位】

Image title

ルナソルの新境地に美のプロが拍手喝采!
質感はマット、キーカラーはピンク。ブラウンパレットの名手、ルナソルの新境地ともいえるパレットが堂々の1位に輝いた。ビビッドピンクもまぶたにのせるとしっくりなじむ。そんなルナソルの底力を見せてくれたアイテム。

エレガンス フルエクステンション マスカラ BK10 ¥4000 /エレガンス コスメティックス【マスカラ部門 1位】

Image title

植毛級のフサフサ感に、ラブコール殺到
2位に100点以上の大差をつけてダントツ1位に輝いたのは、エレガンスのフィルムマスカラ。2種類のファイバーによって根元からまつ毛の密度を高め、まるで植毛したようなフサフサ感を実現。汗や皮脂に強くにじまないのも魅力。

【コレひとつで劇的に変われるで賞】

インナーリサージェンス リキッド 30ml ¥2600/セルヴォーク

Image title

石井美保さんが個人賞に選んだのは……やはりインナーリサージェンス リキッドだった!

Image title

3日でオーラをまとった女優肌に
「飲むだけでこれだけのハリとツヤが出て、オーラのある肌が演出できるのなら、このお値段も納得。大切な日の3日前から飲むようにしています」 アナツバメ巣発酵液と漢方、ハーブを絶妙なバランスで配合したインナー美容液。

【ベスコスってどうやって選んでいるの?】
対象商品:2018年1~6月発売のコスメ、全部!(ただし、限定品は除く)
審査員:57名
選考方法:ジャーナリスト、スペシャリスト、エディター、ライター、VOCE編集部員はスキンケア部門(12)、メイク部門(17)の全部門、ヘアメイクアップアーティストはメイク部門の各部門(17)のみ、対象コスメを審査。1品につき10点満点で投票を行ったうえで合計点を算出し、各部門賞を決定。さらにスキンケア部門、メイク部門の各部門の中で、獲得点数が高かった上位2品を最優秀賞、優秀賞として表彰。

撮影/吉田健一(No.2)、伊藤泰寛 取材・文/楢崎裕美、中川知春、小池菜奈子 構成/与儀昇平

Image title

ベストコスメをまとめてチェック!2018年上半期ベストコスメ特設ページはこちら