1. 【海外旅行あるある】異文化コミュニケーション衝撃事件簿【1000人ネット調査】

2018.07.14

【海外旅行あるある】異文化コミュニケーション衝撃事件簿【1000人ネット調査】

今や海外を訪れる日本人は増えつづける一方。ただし昔に比べると気軽になったとはいえ、やはり海外へ行って国の違いを感じることもよくあるワケで。そんなカルチャーの違いから起こる、海外ならではのトラブルたち。 1000人から集めた経験談がコチラ!

【海外旅行あるある】異文化コミュニケーション衝撃事件簿【1000人ネット調査】

海外ならではの衝撃体験

Image title


★あわや前科者
海外旅行中、何の気なしに風景写真を撮影したら突如、軍隊風の人たちに包囲された。そこは軍事施設で撮影は違法らしく、捕まりそうに。大使館と連絡をとってなんとか解放!(27歳・飲食)

★局地的モテキ
日本では完全な非モテ系の私。アフリカ旅行中には、「コーラボトルのようなナイスボディ」と現地男性からの求愛が炸裂。期間限定&地域限定のモテ気分を満喫しました。(34歳・派遣)

★帽子?
モロッコで頭にトグロ状の蛇をのせた人が、スーパーで普通にショッピング。(24歳・大学生)

★何に使うの?
ルーヴル美術館で、現地ツアーコンダクターから「靴下売って」と懇願された。(37歳・事務)

★動じない店長もスゴイ
ベルギーの職場に行ったら、入り口のドアに昨日はなかった弾痕が何個も!(38歳・飲食)

★カナダの電車内で
男性二人の喧嘩が勃発。片方がドロップキックして蹴り倒された人が私に覆いかぶさってきたと思った瞬間、私を盾にして応戦。(34歳・金融)

海外ならではの衝撃体験

Image title

★オランダの友人から「お土産に日本の果物や野菜の段ボールを」と頼まれた。あのピーマンやリンゴの絵×日本語が「カワイイ」らしい。オシャレな部屋で見せ置き収納に……。(34歳・主婦)

★アメリカでメガヒットしている「ヨシダのソース」。日本人の男性が開発したという醬油ベースの甘すぎるタレが“日本の味”として浸透していた。(35歳・ピアニスト)

★ハワイで食べたうどんは、完全に食感が輪ゴム。(37歳・事務)

★韓国の若い女子が「ツンデレ」を連発。(28歳・宿泊業)

Image title

★ニューヨークの街中でトレンチコートにサングラスをかけたスタイリッシュな女性がランドセルを背負っていた。颯爽とアウディに乗り込み、去って驚き。(29歳・コンビニ店員)

★アメリカの回転寿司屋にあったわさびがなんとスティック状。スティックのり風の繰り出し式でネタに塗り塗りするのが正解らしい。(25歳・派遣)

★フランスでオシャレなイケメンが胸に「座薬」と書かれたTシャツを着ていた。(33歳・アパレル)

★タイで見つけたフードコートの寿司。板前が震えるほど力の限り握っていたため、消しゴムのようなシャリだった。(34歳・公務員)

Image title

★シンガポールのバーで「ゴールデン街」という名のカクテルを発見。マスターが東京観光の際、立ち寄ったゴールデン街をイメージしたカクテルだと聞き、オーダー。派手なネオン色という予想とは裏腹に、出てきたのは灰色と茶色。聞けば、ゴールデン街を訪れたのが早朝だそう。なんとなく納得。(38歳・製造)

★前田真夢という日本人タレントがタイでは国民的な人気。経営するロリータ服の店も話題で現地の若い子で知らない人はいないほどの知名度!ほかにも、現地で人気の日本人モデルがちらほら。(33歳・営業)

あんなツアー、こんなツアー

★プア&リッチ
ツアーの1日目は、ゴキ○リが出るような宿だったが、最終日はセレブ御用達の五つ星ホテル。汚いのも辛いが、分不相応な高級ホテルで肩身が狭くなかなか辛いものが。(28歳・事務)

★2万返せ!

Image title
台湾の有名な占い師に会いに秘境へ行くバスツアーに参加するも、占い師は腹痛でやる気ゼロ。チラッと手相を見て、「性格に難があるから結婚はできません」と一言のみ。(33歳・会社員)

★序章で終了
タイ行きのツアーが+5000円で超グレードアップできるとあったので申し込んだ。空港につくと、早速、リムジンがお出迎え。この先、どんなゴージャス体験が待っているかと思ったが、それだけだった。(38歳・会社員)

★ラスベガスからグランドキャニオンへ
ツアーバスが出発してすぐ、運転手が「眠ってしまいそうなので歌を歌わせてくれ」と約4時間のドライブ中、熱唱し続けた。(30歳・事務)

理解できない

Image title


★平行線トーク
土だらけの靴を履いたままベッドに乗って、横たわるというのは日本人には理解しがたい!「寝床が汚れてイヤじゃないの?」と聞いたら、「土は叩けば落ちるじゃない」と。そんな彼女は、自称神経質だから不思議。(34歳・受付)

★モグモグウォーク

Image title
フランスでは、食べ歩きする大人女性が多い。バナナやリンゴは序の口、バゲットにかぶりついたり、普通にピザを食べていたり。(30歳・通訳)

★タイのトイレ事情
タイでは便器の横に“尻用シャワー”がついていた。洗ってみたら、消防車かと思うほど強烈な水圧で小さく飛び上がったし、お尻も周りも床もビチョビチョになり、うまく使えず。(39歳・事務)

★長くて助かる!
中国では牛乳の消費期限が1ヵ月だった。お腹を壊すことはなかったからスゴい!(33歳・旅行業)

★スリランカジンノカレシ
スリランカでは婚前交渉が基本NGと聞いていたが、親戚の女性によって処女であるかチェックされることもあると聞き、びっくり。スリランカ男子との結婚は……無理か。(27歳・福祉)

★アメリカの洗濯ルール
洗濯物を外に干そうとしたら「恥ずかしいからやめて」とルームシェアのオーナー。「乾燥機もない家だと思われる」だってさ。(26歳・宿泊業)

イラスト/五月女ケイ子 デザイン/羽鳥光穂 取材・文/金子優子 協力/千田好美、岡崎邦子(マーケティングジャンクション) 構成/佐野桐子

◆こちらも合わせてチェック
【外国語は難しい!】悲喜こもごも”言葉のカベ”体験談【1000人ネット調査】
【1000人ネット調査・街で出会った異文化体験】鳩を追いかけまわす理由? 銭湯に”SAMRUAI”!?