連載 VOCE特別インタビュー

【永野芽郁&田中圭】父親役の田中さんが、永野さんに毎日していたこととは?映画『そして、バトンは渡された』仲良しトーク大公開!

更新日:2021.11.18

永野芽衣_田中圭

ベストセラーの感動作の映画化で、公開初日から大ヒット上映中の映画『そして、バトンは渡された』。主演の優子役を演じた永野芽郁さんと、その父親役・森宮さんを演じた田中圭さんの特別インタビューをお届けします!

永野芽衣_田中圭

ベストセラーの感動作の映画化で、公開初日から大ヒット上映中の映画『そして、バトンは渡された』。主演の優子役を演じた永野芽郁さんと、その父親役・森宮さんを演じた田中圭さんの特別インタビューをお届けします!

まだ映画を観ていない人はもちろん、一度観た人はきっともう一度観たくなる。二人の仲良しトーク&撮影裏バナシから、VOCEウェブでしか見られない、お茶目なショットを堪能せよ♡

「芽郁ちゃんがお嫁にいくまでは、お父さんでいないと(笑)」

永野芽衣_田中圭

──映画『そして、バトンは渡された』でお二人は親子役を演じられていますが、ご自身が思う役との共通点と、お互いに感じた役との共通点を教えてください。

永野芽郁(以下:永野)「私が演じた優子との共通点は、何事も割とポジティブに捉えているところだったり、自分が笑顔でいることを心がけようとしているところですね。田中さんは、森宮さんが優子に向ける優しさと、田中さんが私に向けてくれる優しさ、同じ柔らかさがあるなと思いました。撮影が終わって今またお会いすると、優子が森宮さんと会ったときの気持ちと近いなと感じるんです」

田中圭(以下:田中)「やっぱり芽郁ちゃんがお嫁に行くまでは、しっかりお父さんでいないと(笑)。僕自身、父親であるという共通点があったので大丈夫だろうと思っていたら、全然自分の実体験が参考にならなかったんです。『あ、これダメだ』と思って、現場で1から作り直したというか、自分の感覚を忘れて作ろうと思ったので、あんまり共通点が思い付かないです。僕は原作を読んでいないので、芽郁ちゃんが生きているから優子ちゃんがいる。こういうポジティブなところやキラキラしているところも全て、芽郁ちゃんからしか優子ちゃんは生まれないんだろうなって思っています」

永野芽衣_田中圭

次ページ
二人の一番心を動かされたシーンは?

Serial Stories

連載・シリーズ