1. 【疲れ肌・夏バテ肌】に効く即感型スキンケア【ベネフィーク・アルビオン・ルシェリ】

2018.08.04

【疲れ肌・夏バテ肌】に効く即感型スキンケア【ベネフィーク・アルビオン・ルシェリ】

気温や湿度のアップダウンが激しく、例年よりKOされがちな今日このごろ……。そんな今年の夏は、こまめに使える一回入魂型の美容液と基礎ケアの早めの切り替えで乗り切る!

【疲れ肌・夏バテ肌】に効く即感型スキンケア【ベネフィーク・アルビオン・ルシェリ】

いち早く夏バテしそうな肌は先手、先手でのケアがマスト

夏バテを感じるにはまだちょっと早いだろうか? まだ7月、夏は始まったばかりだし――。と、油断していると大変なことになる。今年は春あたりから気温のアップダウンが激しく、4月には夏日が続き、真夏日まで到来したかと思えば、初夏と呼ばれる6月になっても4月並みの気温に逆戻りしたりと、とにかくまったく安定しないまま夏へ。そうなると当然の結果として、肌もへこたれる。以前、皮膚科のドクターを取材したときに「肌が落ち込んだり敏感になったりする原因のひとつは、気温と湿度のギャップが激しいこと」と聞いたことがある。湿度はすでに高いのに、気温は何度も乱調を繰り返すという気候を経た今夏は、肌が早く夏バテを起こす可能性だって十分考えられる。神頼みクラスの大掛かりな"一発逆転”を狙うより、肌がどん底まで落ち込まないよう、少しでも予兆を感じたらちょこちょことスペシャルケアを組み込んでいくのが、この季節を乗り切るためのベストソリューションだ。

ベネフィークから発売されるのは、疲れのピークを感じたときに※1、洗顔後、1包つけて寝るだけでOKのオールインワン美容液状マスクのベネフィーク リペアジーニアスだ。濃密な美容液※2は肌に広げるとグッと粘度が高まる印象で、塗った直後から肌はモチモチ。この心地よさが夜じゅう続いて、翌朝には疲れの残滓など微塵も感じさせない化粧ノリのいいパーンとした肌になるから、ありがたい! 肌疲れをどうにかしたいけど、時間がなくて……なんていう夜のために予め準備しておきたい。

スペシャルとベーシックの両方から攻めれば凹みナシ!

分包タイプの美容液ならお任せのアルビオンからも、手応えのあるハリを体感できるアイテムが発売に。アンフィネス インジェクター OSKは、"インジェクター”の名前の通り、まるで肌に美容成分をダイレクトに"注入”したかのような即効力で、内側からプリッと満ちるハリ感を実現する。角層をゆるめて浸透ルートをつくるという独自のデリバリーシステムで、アンフィネス独自のハリ特化型成分『OSK9』※3をグッと奥まで届けるから、落ち込んだ肌もみるみる復活。ひと塗りで毛穴印象がなくなり、フェイスラインが持ち上がったように見える仕上がりは、これまた夏バテ肌を救助する逸品として活躍すること間違いナシだ。

一回1包のレスキューアイテムの存在も頼もしいが、秋の保湿必須シーズン入りを見越して、今のうちから化粧水+乳液というベーシックなお手入れを濃密タイプへとスイッチし、いち早くテコ入れを開始しておくという手もある。コーセーから誕生した新ブランド・ルシェリは「顔立ち印象まで変えるスキンケア」がコンセプト。表皮と真皮両方の肌密度を上げる※4ことで立体的なフォルムをつくり出し、きちんと光を反射できる肌に導いてくれる。

スキンケアは常に先手必勝。イチかバチかの逆転を狙うより、ずっと簡単で確実だから、今夏は"攻め”を合い言葉に早めのケアを実行して。

ALBION

痺れるほどの即効力は夏バテ肌解消後も頼りにしたいサポーター
驚くほどのなじみの良さで、ハリ実感美容液がググッと肌にしみわたるのを体感できるテクスチャー。ポツポツ開いていた毛穴も、みるみるうちに内側から湧き上がるハリ感で、すぐさま見えなくなる仕上がりに感涙。

Image title

アンフィネスインジェクター OSK 1.0ml×28本 ¥8000(8/18発売)/アルビオン

BENEFIQUE

くすみや曇りといった前日の疲れ感が翌朝には確実になかったことに!
角層のすみずみまで美容成分を浸透させるピコモイスチャー技術搭載で、肌全体がぷるんと潤う印象。わずか1.3mlという包分で、翌朝の化粧ノリが格段に良くなるのはさすがの一言。朝ケア使いでさらに透明感アップを狙うのも◎

Image title

ベネフィーク リペアジーニアス 1.3ml×12包 ¥6500(編集部調べ)/資生堂

LECHÉRI

お値段以上の価値がある超実力派で、どんな年代の肌にもハリが誕生!
新技術「イオン化カプセル」に加え、細胞を支えるコラーゲン骨格を良好な状態に保つ「うるおいコラーゲンケア成分」が見事な働きでハリ肌に。

Image title

左・ルシェリ リフトグロウ ローション Ⅱ 160ml ¥2700
右・ルシェリ リフトグロウ エマルジョン Ⅱ 120ml ¥3000(ともに編集部調べ・8/21発売)/コーセー

※1……資生堂が行った調査(2017年2月 N=156 資生堂調べ)によると、働く女性の62・2%が「金曜日の夜」に疲れのピークを感じているとか。しかもその疲れは肌に出ていると感じ、素早くなんとかしたいときに使いたいアイテムは、美容液とマスクが上位だったそう。

※2……イチョウ葉エキスやベニバナエキス、グリセリン配合の保湿成分・リペアコンセントレート成分が、潤いをしっかりと巡らせて透明感を実現。ヒアルロン酸も配合だから、濃密なテクスチャーを実現して、肌をしっかりと密封する。

※3……ペプチド研究の権威・森下竜一先生とアルビオンが共同開発した独自のハリ特化型成分。創傷治癒に関わる情報伝達物質で、真皮内の環境を整える司令塔であるSDF -1の生成を促すのがOSK9。SDF -1は線維芽細胞の増殖やコラーゲン、ヒアルロン酸の生成に関わるといわれている。

※4…肌密度を上げるためには、肌の奥深くまで潤いと美容成分を届けて、内側からふっくらさせることが必須。コーセーの新技術「イオン化カプセル」は、肌なじみのいいリン脂質をベースにコレステロールを内包、カチオン性成分を織り交ぜることでイオン化したカプセル。プラスに帯電したカプセルはマイナスに帯電した肌と引き寄せ合うことから、効率よく成分をデリバリーできる。

撮影/国府泰 取材・文/前田美保

<<こちらの記事もCHECK!>>
【美容液の決定版はコレだ!】美肌の基本「免疫機能」を育て上げるコスメに注目