2021年下半期ベストコスメ

シャネル、YSL、アルビオン…【乳液・クリーム部門】TOP5は即効性がすごい!【2021年下半期ベストコスメ】

更新日:2021.12.03

シャネル、YSL、アルビオン…【乳液・クリーム部門】TOP5は即効性がすごい!【2021年下半期ベストコスメ】

保湿、エイジングケア、アクネケア…美容液を思わせるほどの効果がある乳液・クリームが集結! 1位を獲得したのは…。

シャネル、YSL、アルビオン…【乳液・クリーム部門】TOP5は即効性がすごい!【2021年下半期ベストコスメ】

保湿、エイジングケア、アクネケア…美容液を思わせるほどの効果がある乳液・クリームが集結! 1位を獲得したのは…。

ベストコスメ特設ページはこちら!

乳液・クリーム部門◆5位

SUQQU

137点/430点

10点/石橋 金子 神崎 遠藤 三好 並原 佐藤 鬼木 河津 渡辺 飯島
9点/小林 山本 沈

使うたび、肌調子も気分もアガるご褒美乳液

ぷるん→みずみずしい→こっくりと肌上で変わる感触と白檀(びゃくだん)系の気品あふれる香りがクセになる美容乳液。あと肌の柔らかさやツヤも感涙もので、積極的に使いたくなること必至。

石橋里奈さん

ライター

石橋里奈さん

美容のプロページはこちら
「肌の奥からしっとりふっくら、マシュマロのような質感に近づけるうっとり乳液

乳液・クリーム部門◆4位

d プログラム

164点/430点

10点/穴沢 金子 小池 貴子 寺田 中川 遠藤 中田 三好 並原 金森 佐野
9点/入江 神崎 丸岡 吉田
8点/近藤

潤いをシールドして不調スパイラルから卒業

敏感肌こそ保湿が必要なのに、クリームに苦手意識があるという着眼点から誕生。肌荒れやニキビを防ぎ、美肌菌ケアで根本から強い肌を育成。するんとなじんでなめらかに整う。

小池菜奈子さん

ビューティライター

小池菜奈子さん

美容のプロページはこちら
潤いの膜でラップしたようなしっとり感が一日中。マスク荒れやニキビ予防にも心強い」

乳液・クリーム部門◆3位

アルビオン

227点/430点

10点/岡部 金子 神崎 小池 中川 楢崎 前田 水井 遠藤 松本薫 並原 佐藤 佐野 大木 渡辺
9点/穴沢 入江 近藤 寺田 渕
8点/齋藤 友利 山本 新井

もっちりと跳ね返すハリ実感で輪郭もキュッ

アルビオンの乳液ならではの肌をしなやかにほぐす効果は言うに及ばず。そこにハリに特化した独自成分や表情筋の強化が期待できる注目成分カルノシンを配合、とハイスペック。

近藤須雅子さん

ビューティエディター

近藤須雅子さん

美容のプロページはこちら
キメひとつひとつがぷるんぷるんに整い、みずみずしいベビー肌に。痩せ枯れ肌にぜひ」

乳液・クリーム部門◆2位

イヴ・サンローラン

257点/430点

10点/岡部 神崎 小池 小林 貴子 中川 前田 松本千 水井 遠藤 渕 並原 佐藤 高橋ミ 鬼木 佐野 大木 渡辺
9点/穴沢 安倍 寺田 楢崎 宮下 山本
8点/齋藤 吉田
7点/友利

まろやかに包み込み、へたり肌にパワー注入

とろけるように肌に溶け込んで、肌はもっちり濃厚に潤うのに重くはない絶妙クリーム。エイジングを進める肌の過労にアプローチしながら、エネルギーを高めてプリプリに。

齋藤薫さん

ビューティジャーナリスト

齋藤薫さん

美容のプロページはこちら
「一晩で肌がプルプルもちもちになる即効性では比類がないほど鮮やかな手応えにハマる

乳液・クリーム部門◆1位

シャネル

344点/430点

10点/穴沢 安倍 石井 石橋 岡部 神崎 小池 小林 貴子 寺田 中川 前田 松本千 山本 中田 三好 渕 沈 松本薫 並原 佐藤 佐野 渡辺 西村 飯島
9点/入江 金子 平 楢崎 宮下 吉田 遠藤 河津
8点/近藤 齋藤
6点/友利

潤いを与えつつ表面はマット化! メイク映え肌に導く朝の新鉄板

日中、乾きたくないけどテカりたくない、という思いにズバリ応えてくれる新ジャンルの朝用乳液。「ル リフト」ならではの肌にふっくらと厚みを出して弾力をもたらすケア効果はそのままに、軽やかなつけ心地と、肌になじんだ後にはサラッとパウダリーに整う処方を実現。メイクのりがよくなり、毛穴もテカリもない状態が続く。

平輝乃さん

ビューティエディター

平輝乃さん

美容のプロページはこちら
ベタつかないエイジングケアってありそうでなかったので、ほんとうれしい。つるんとなめらかに肌が整うからメイクのり最高!」

中田優子

VOCE副編集長

中田優子

美容のプロページはこちら
「メイクしたてのような、バランスのとれた肌を一日中キープしてくれる、頼れる朝の“仕込み乳液”

対象コスメ:2021年下半期(7〜12月)に発売の、限定品を除くすべてのコスメが対象。
審査員:65名
選考方法:ジャーナリスト、スペシャリスト、エディター、ライター、VOCE編集部員はスキンケア12部門、メイク17部門のすベて、ヘア&メイクアップアーティストはメイク17部門の対象コスメを審査。1品につき10点満点で投票を行ったうえで合計点を算出し、各部門賞を決定。さらに各部門1位をリスト化し、審査員はあらためて今期を象徴する優秀なコスメを、スキンケア部門、メイク部門から各2品ずつ、各10点満点で投票。合計点を算出し、最優秀賞、優秀賞を決定。

撮影/高橋一輝(近藤スタジオ/静物)、伊藤泰寛(静物) 取材、文/穴沢玲子、中川知春、楢崎裕美 構成/河津美咲

Edited by 並原 綾

公開日:2021.11.24