1. アンダーヘアの脱毛、みんなはどうしてるの? 人には聞きづらいVIO脱毛のトレンド

2018.08.18

アンダーヘアの脱毛、みんなはどうしてるの? 人には聞きづらいVIO脱毛のトレンド

彼と初めてのお泊り前、ボディケアは完璧に仕上げても、気になるのはデリケートゾーン。このままでいいのか、それとも私のあそこに問題はないのか……。人に聞けないデリケートゾーンについて、これまで10000人以上のVIO脱毛を担当してきた、ブラジリアンワックス脱毛専門サロン「Ibiza Wax」のオーナー五位尾麻美さんを直撃!

アンダーヘアの脱毛、みんなはどうしてるの? 人には聞きづらいVIO脱毛のトレンド

VIO脱毛はオールオフがトレンド!?

まずはアンダーヘア脱毛のおさらいから。Vとはビキニラインとも呼ばれ、正面から見える部分を指します。“味のり”のようにタテに指3本分残したり、ハート型にデザインしたり、ナチュラルに整えて毛量を抑えるなど、見える部分なので一番個性を出しやすい場所。Iラインは小陰唇の両サイドで足の間の部分。Oラインは肛門周りです。

Image title

欧米では男性もVIO脱毛が当たり前ですが、日本ではVIO脱毛が一般的になってきたのはここ数年のこと。母親にVIO脱毛をしたいと言うと「そんなところ脱毛しちゃダメよ。大事なところだから毛があるのよ」と言われたと言う20代女子の話を聞いたこともあります。また、最近の婦人科や皮膚科の医師の中には、月経時の経血がこもりにくく、清潔を保ちやすいため皮膚トラブルを防ぐことができる、とI脱毛をおすすめする先生も少なくありません。

さらに、白髪になるとVIOの永久脱毛ができなくなります。髪に白髪が出始めれば、もちろんアンダーヘアにも白髪が出るのは当たりまえ。そこで、永久脱毛を考えているなら35歳くらいまでにしたほうがいいという話も。40代を超えてくると「将来介護される時のために、VIO脱毛をしておきべき!?」と悩む人も増えているようです。

VIO脱毛をしようと思ったとき、どんな脱毛法が一般的なの? 五位尾麻美さんに聞くと、「ブラジリアンワックス脱毛はデリケートゾーンだけでなく、お顔や足の甲なども含め、ボディすべての施術が可能です。その中でも、VIOオールオフ脱毛(すべて毛をなくす)が一番人気。次にビキニラインの形を整えて残す、VデザインIOオールオフ脱毛を選ぶ方が多くいらっしゃいます」(五位尾さん)

その結果が下記のグラフ。でも、あるアラサー女子が彼氏にVIOのオールオフを相談したら、「ちょっと引くかも。やめたら」と言われたという話を聞いたことも。まだ日本人にとっては、Vのオールオフは抵抗があるようですが……。

「数回Vをオールオフすると、毛量が適度に整ってきます。好みの毛量になったらVをデザインするという風に変えることも可能です。ただ、1度オールオフ脱毛をすると、そのスッキリ感にハマってずっとオールオフの方が少なくありません」(五位尾さん)

Vをオールオフにするか、デザインするかは個人の好み次第ですが、IOに関してはオールオフが当たり前の時代になってきたようです。

Image title

「Ibiza Wax」に来店したお客様が全身メニューの中から選んだ、本日の希望の施術メニューをグラフ化。

次に黒ずみ問題。自分では見えないけど、彼氏には見られてしまうIラインの黒ずみはどうすればいいの?

「Iラインと脚の付け根あたりが黒ずんでいる方は多いですね。長年のカミソリ処理で肌に刺激を与えたことが原因の黒ずみが少なくありません。また自転車によく乗る方や太っている方は摩擦が原因で黒ずんでいるようです。お客様には黒ずみ予防のために、毎日違う型の下着を身に着けている方がいらっしゃいましたが、それはとてもいい方法だと思います」(五位尾さん)

見逃しがちなのが、デリケートゾーンの乾燥。ボディが乾燥していれば、デリケートゾーンだって乾燥しているのは当然。でも、ここのケアって見落としがち。

「デリケートゾーンも、ケアをしなければ乾燥します。乾燥すると肌が硬くなり毛が抜けにくくなりますし、埋もれ毛や黒ずみの原因にもなります。顔は毎日、化粧水や美容液などでケアしていると思いますが、デリケートゾーンも顔と同じ皮膚なので、毎日ケアすることでよい状態を保つことができます。デリケートゾーン用のクリームを使うのがベターですが、顔用の化粧水やクリームを使用しても。「毎日保湿」することがとても大事です」(五位尾さん)

たくさんのデリケートゾーンの施術を担当している五位尾さんだからこそ、こんな衝撃的なことも教えてくれました!

「デリケートゾーンの汚れに気づいていない人が意外に多いんです。顔と違ってすぐに目につく部位ではないので仕方がないのですが、キレイに保つことはとても大事なこと。デリケートゾーンは複雑な構造ですし、とても刺激に弱い部位。デリケートゾーン専用のソープをしっかり泡だて、その泡を使って優しく洗いましょう。タオルではなく指の腹を使って丁寧に洗うことで垢や汚れをキレイにとることができます。また、週1回程度、デリケートゾーン用のスクラブケアもおすすめです。ただし、スクラブ後は乾燥しやすくなるので、必ず保湿を徹底してください」(五位尾さん)

デリケートゾーンといえば、「膣の締まり」も気になるところ。締まりの悪いデリケートゾーンって見てわかるの?

「締まりに関しては見た目ではわかりません。締まりが悪い原因はさまざまですが、膣を支えている骨盤底筋という筋肉をトレーニングすることで、締まりの悪さを改善できるということはアメリカで骨盤底筋を研究しているドクターから聞きました。ヨガやピラティスでも骨盤底筋を鍛える動きはできます」(五位尾さん)

膣の締まりだけでなく、将来の尿漏れ予防にも効果があるという骨盤底筋を鍛えるトレーニング。ヨーロッパではパートナーとのセックスライフを充実させるための骨盤底筋トレーニングを教えている教室も少なくないと聞きます。

また履くだけで骨盤底筋を刺激してくれるという下着も登場!

ibz着圧下着

Image title

Image title

下着のかわりに履くだけで骨盤と膣圧をケアして、膣圧アップが期待できます。M、Lサイズ各¥6800(ファイブテイルズ TEL 0120・222・430)

脱毛、乾燥、黒ずみ予防など、美しいデリケートゾーンのためにできるケアはいろいろ。今後は欧米のように、デリケートゾーンをケアしていない方が恥ずかしい時代がやってくるかもしれません。

お話しを聞いたのは……
ブラジリアンワックス脱毛専門サロン「Ibiza Wax」 五位尾麻美さん

Image title

南米を旅した時に出会った美しくパワフルな女性たちにインスピレーションを受け、2014年ブラジリアンワックス脱毛専門サロンIbiza Wax1号店を東京六本木にオープン。2018年8月現在全国に8店舗を構えるオーナーで2児の母。http://brazilian-wax.net/