1. 【戸田恵梨香】30歳になって……なりたい理想の女性像を語る。

2018.08.22

【戸田恵梨香】30歳になって……なりたい理想の女性像を語る。

20代とは思えない風格を纏い、着実にキャリアと美しさを重ねてきた女優・戸田恵梨香。30歳を迎えた彼女が心に秘める想いとは―。

【戸田恵梨香】30歳になって……なりたい理想の女性像を語る。

女優 戸田恵梨香 30歳から世界は広がる

「今は学ぶことが本当に楽しい! 知らない場所に行き、知らない文化と触れ合うことで、また新しい価値感を吸収できるから」

Image title

"30歳は転機の年" 戸田恵梨香 進化のゆくえ

年明けに「今年は30歳!」と改めて実感しました。そのとき「もし明日死んだとして、いい人生だったかな?」と振り返ると、違う気がしちゃって(笑)。自分が夢見る理想や将来像は、今の延長線上にはないのかもと思ったんです。だから30代は振り返ったときに「いい生き方ができた!」と思える毎日を過ごしていきたい―、そう思います。私は実年齢より年上の役を演じることが多かったので『30歳』という数字に何も感じていないつもりでしたが、そこに近づくにつれて、"周囲から求められる女性像"は確実に変化してきました。一方で、自分の感覚はまだ20代半ばからあまり変わっていないので、今からどう自分が変わるか、それを考えている最中でもありますね。でも、ひとつだけ、"自分が潤う時間"をつくりたいと、切に思っています。大好きな海や自然に触れたり、"本物"と出会える時間をつくったり……。あれ? 休みが必要ってことですかね(笑)。世界観を広げたいんです。日本の感覚だけに固執せず、異文化の方ともお仕事を一緒にやってみたい。それが夢です。

美しさを保つケアはシンプルだけど徹底的

Image title

私、花粉症がひどいので、2月から6月くらいまで肌調子の悪い時期が続いてしまうんです。すぐに赤みが出たり、ヒリヒリしちゃったり。だからなるべくお手入れは余計なことをせずにシンプルに、が鉄則。でも保湿はかなり徹底的にやります。それが基本ですからね。あとは頭皮ケア! 台詞を覚えるために頭を使うと頭皮が硬くなっちゃう(笑)。だからマッサージは欠かせません。頭皮用トニックや化粧水を愛用中です。

幸せは、日常の小さなところにゴロゴロ落ちているはず

先日、家族みんなでご飯を食べました。そんな時間が私にとっては本当に大切で、幸せなんです。日常の小さなところに幸せはいっぱい落ちているはずなのに「それどころじゃない!」ってなると、やっぱり自分が苦しくなっちゃう。外で顔を上げたとき「ああ、キレイな空だ」と、実感できる時間が私には必要なんです。仕事も大好きだから、きっと専業主婦にはなれないタイプだなって思うし(笑)、いつまでもアップデートしていきたいけど、自分を進化させるのは決して"仕事だけ"じゃないと思っています。

Image title

なりたいのは「内側が潤っている人」

戸田恵梨香/ Erika Toda

Image title

1988年8月17日生まれ、兵庫県出身。2006年『デスノート』で映画初出演後、様々な話題作に出演。主演ドラマ「大恋愛~僕を忘れる君と」(TBS系金曜22:00~)が10月スタート。

撮影/菊地泰久(vale.) ヘア/佐藤知子(mod’s hair) メイク/田崎未来 スタイリング/宇和島英恵 取材・文/前田美保