1. キッカの新色チークが「塗る透明感」な件

2018.09.08

キッカの新色チークが「塗る透明感」な件

キッカの秋新色では、人気のチークカラー「フローレスグロウ フラッシュブラッシュ」、「同 パウダー」に新色ピンクが登場。ブランドクリエイターの吉川康雄さんは、ピンクを「女性を美しく見せる色」としています。さて、この新色のクリームチークが、まさに「塗る透明感」だったんです!

キッカの新色チークが「塗る透明感」な件

「チークイイね」じゃなく「ファンデ変えた?」と聞かれる!

Image title

チークの新色「ポニーテール」は、以前のチーク「フラッシュブラッシュ」の一番人気カラーで、旧バージョンともほぼ同じ色味のキレイな青みピンク。ファン待望の一品だそう。
キッカのチークは、ブランド内カテゴリーでは「ベースメイク」になります。チークとして色を際立たせるというよりは、血色や透明感を補うアイテムという位置づけのようです。「ポニーテール」以外の色も、結構ポップな色味に見えても、キッカ独特の「2/5発色」のおかげでどれも肌になじんで透明感をマシマシに。今までもそれなりにこだわりを持ってチークを選んでいたのですが、この「ポニーテール」に変えてからは「そのチークいいね。どこの?」よりも「ファンデ変えた?」と聞かれることの方が多いほどなんです。「チークなんてだいたい同じ」と思っている人ほど試してほしい!「フローレスグロウ フラッシュブラッシュ」(クリームチーク)の使い心地をレビューします!

「イエベは青みピンク無理」なんてことありません!

Image title

とはいえ、「イエベの私には青みピンクは難しい?」と感じる人もいるはず。私の第一印象も「人を選ぶのでは?」でした。他ブランドの青みピンクを愛用していたため、「あれがあるしいいか」とさえ思いました。でも、人気色で望まれての復活と聞けば、食わず嫌いはもったいない。
そして心配は杞憂に終わりました! 専用スポンジでチークを取るには、かなりガシガシと力を込めなくてはダメ。「そんなに!?」とBAさんに聞いて笑われました。クリームチークにしては大きい盤面はこのためか……。そして、顔にもしっかり叩き込まないと、青みピンク! と認識されるような色にはなりません。いい意味で色づかない。ピンクではなく、肌の内側から透けるような「体温」に擬態してくれます。
重ねて叩き込むことが必要と言っても、個人的には、ハイライトと他のチークよりも、一品で透明感のあるキレイな肌になると思います。「ワンストロークでバシッと発色!」が好きという人には不向きですが、逆に「つきすぎて修正」にもなりにくい。結果的に時短になります。そして取れない。全然取れない。しっかり叩き込んでこの発色が実現していることを思えば当然ですが、自前の血色のようなうっすらしたピンクが夜までもちます。「薄いのに落ちない」最高のさじ加減です。

指付けは厳しい! 何はなくともスポンジはマスト

Image title

チークに限らず、本体リフィル以外の付属品が別売りだと「本当にいるかな?」と、スルーしてしまうこともあるのですが、このチークに関しては、スポンジだけは専用のものを買うのをオススメします。
普通のクリームチークのように指でのばしたり、叩き込む塗り方は、このチークには不向き。あくまでも肌からにじみ出た天然の血色のように見せるには、思っているよりも広範囲にぼかしこむ必要があります。何度も重ねて微調整をしながら仕上げるためにも、大きめのスポンジはマスト。逆に、ケースの方は無理になくてもよいかも? このままでも持ち歩きには特に困らないし、そもそも塗りなおしがほぼないので、持ち歩く必要すらない気もします。ただし、気分を上げてくれる役割は大きいです。が、とにかくキモはスポンジです。肌あたりがよく、洗ってもぼそぼそしづらく刺激を感じにくいのもうれしいところ。チーク購入の際はぜひ一緒に手に入れて。

くすみがちな秋こそ「塗るタイプの透明感」を

Image title

秋の新色なのにこんなにパキッとした青みピンク? と思いきや、キッカ独特の発色で「ピンク」ではなく「冴えた肌」が出来上がる、このチーク。透明感が出るので、ひと夏越したあとのくすみの気になる肌をカバーしてくれる効果が。
見た目は青みピンクでも、ほかのメイクとケンカしません。秋の深みアイや、ダークな色のリップも清潔感を与え、引き立ててくれる。また、平たい顔族ゆえに「潔くノーチークで」というメイクの提案には「いや、無理……平たいから無理」となかなか手を出せませんでしたが、このチークをごくごく薄く延ばすことで、ピンクは感じないけど、肌ののっぺり感・ファンデ塗りっぱなし感はないという微妙なさじ加減も実現できるようになりました。チークじゃないから! 塗る透明感だから! と誰彼構わず薦めて回っています。

理想の頬を簡単に実現できることにすっかり心を奪われ、後日「04 ラズベリー」も買い足しました。チークが苦手で、「いっそない方が垢ぬけるのでは?」という人も、このチークなら大丈夫なはず! 新しい顔になれると思いますよ。