1. 一週間で撃退できる! 角栓・黒ニキビにホントに効いたもの教えます

2018.09.12

一週間で撃退できる! 角栓・黒ニキビにホントに効いたもの教えます

角栓・ニキビに毛穴の開き、黒ずみなどの「毛穴の悩み」。なかなか解消できず悩んでいる人も多いのでは? 毛穴悩みの解消は、アイテム選びがカギを握ります。毛穴の状態にあったものを使えば、一週間以内に劇的に効果が出ることも。本当に効いたアイテムだけをまとめました。

一週間で撃退できる! 角栓・黒ニキビにホントに効いたもの教えます

まず敵を知ろう! 拡大鏡で観察

Image title

拡大鏡によって角栓や黒ニキビがダイレクトにどうにかなるわけではないですが、敵(角栓)をよく知るために購入。気になる部分の毛穴の向きや、詰まり具合を観察するために使います。毛穴パックなどで角栓を無理やりはがすのは肌への負担が大きいですが、毛穴の向きに沿ってマッサージしたり、後述の毛穴専用キットを使うと、肌への負担が起きにくくなります。毛穴ケアによるダメージを最小限にするツールの選定をアシストしてくれる存在です。それ以外にも、ざらつきやすいアゴや眉間の毛穴の観察や、乾燥しているパーツをチェックするのにも使っています。「ごく小さいけど毛穴のつまりがある」「乾燥で毛穴が開き気味」など、弱点を発見したらその部分のスキンケアを手厚くすれば、本格的なトラブルになる前に撃退できることも。眉毛の処理漏れなどもすぐ発見できて便利。見やすいものを一つ手に入れてみては?

「ニキビはつぶしちゃダメ」とは限らない!
BESTOPE 毛穴ケア専用キット

BESTOPE,毛穴ケア専用キット

「ニキビはつぶしちゃダメ」。そう言われて育った人も多いはず。でも、経験上、ニキビの芯がある状態を放っておいても劇的によくなることはなく、時には中に芯を残したまま乾燥して、シミっぽく残ってしまうこともあります。正しい方法で角栓・ニキビの芯を除去すれば、あっという間に治るうえ、つぶしても出血すら起きないことも。BESTOPE 毛穴ケア専用キット」は、角栓除去用のピンセットと圧出ループのセット。爪で押し出すのと違い、周囲の皮膚に傷をつけたり、押しすぎて出血したりというトラブルが起きにくくなります。オイルをつけて少しマッサージしてから行えば、毛穴や角栓が緩んでよりとれやすく。また、顔のパーツによって、毛穴には向きがあるので、拡大鏡で確認し、毛穴の方向に沿って押すのが少ない力で痛みなしに押し出すコツです。押し出したあとは消毒し、大きな角栓が取れた後は、保湿をして肌を引き締めるのもお忘れなく。

大きくなる前&密集した毛穴汚れに有効
綿棒&オイル

Image title

眉間や小鼻など、プッシャーでも押し切れないような小さな角栓が複数できがちなパーツは、綿棒とオイルが役立ちます。オイルで角栓を緩め、綿棒の繊維で細かい角栓を絡めとる作戦です。メイクを落としたら、オイルや乳液を気になる箇所にのばし、手で温めながらくるくるとマッサージをします。顔にオイルがなじんだら、綿棒で気になるところをこすると、汚れや角栓が繊維に絡まって抜け落ちます。大きくなる前の角栓に有効です。お風呂上りなどに行うと効果的です。

とにかく目に付く毛穴に全部効く
ビオレ おうちdeエステ 肌をなめらかにする マッサージ洗顔ジェル

ビオレ,おうちdeエステ 肌をなめらかにする マッサージ洗顔ジェル

角栓や黒ニキビのように、「中に何かある」とはっきりわかっている毛穴はまだマシですが、「汚れは取れたのに開いてる」「何もなさそうだけど黒い……これってくすみ?」という毛穴は厄介ですよね。そんな「目につく毛穴」を見えなくするのが、「ビオレ おうちdeエステ 肌をなめらかにする マッサージ洗顔ジェル」。泡立てないタイプのジェル洗顔で、顔に乗せてくるくるとマッサージするように洗います。洗い流して拡大鏡で確認すると、毛穴汚れやごく小さい角栓が消えています。スキンケアの浸透がよくなるため、乾燥による開き毛穴にも聞いている実感が。「規定量よりやや多めに取り、肌をこすらない」のが汚れ浮きを促進し、肌への刺激を軽減するコツ。スチームを当てながらのケアを想定して買いましたが、お風呂の中で、体が温まったタイミングで使うのが一番良いように感じます。週に3度ほど、夜のお風呂タイムに加え、夏場は朝も鼻の周りだけ使用しましたが、鼻のテカリ&崩れが軽減される効果も。


目立ったトラブルじゃないけど、なんだか毛穴が目につく……。そんなモヤモヤを解消してくれるアイテムです。毛穴の悩みは、自分に合ったアイテムに出会えると、劇的に改善すると実感してます。そしてそのアイテムは、ドラッグストアやバラエティショップで手軽に買えるものであることも。「毛穴用コスメを試したけど、物足りない」そんな人も満足できるのではないかと思います。