1. 神崎恵からアラサー女子へ「30からは、ブレないツヤ肌と知性のメイクを」

2018.09.08

神崎恵からアラサー女子へ「30からは、ブレないツヤ肌と知性のメイクを」

アラサーって悩ましいお年頃。若さにしがみつきたくはないけど、大人の“キレイ”の正解もよくわからない……。そんな悩めるアラサー女子に贈る、大人気美容家、神崎恵さんの肌とメイクについての提言。

神崎恵からアラサー女子へ「30からは、ブレないツヤ肌と知性のメイクを」

アラサーは服を着てからメイクしたほうがいい。バランス感を求められるから

VOCE2018年10月号 神崎恵

「大人になればなるほど、服とメイクのバランスを知っていることが求められます。ちぐはぐだと途端にダサくなるので、メイクはその日の服を着てからしたほうがいい。胸元のつまり具合や色、素材感などを考えながらメイクを組み立てて」

色気の絶対領域、肌と目元を透けさせる

「単に裸でいるよりも一枚薄い布を纏った姿のほうがエロティックなように、肌や目元も透けさせることで色っぽさが増します。毛穴やそばかすは完璧に隠さなくてもいい。目安は40デニールのストッキングの透け感」

みずみずしさ、透明感、まろやかさ欲しい質感を自由にMIX

「エトヴォスのツヤ下地は全顏に。スキンケアと下地のツヤが混ざりむっちり! ポール & ジョーの下地は顔の中央にのせ透明感を。ディオールのファンデを全顔にのせ立体的に」

Image title

A.ディオール バックステージ フェイス&ボディ ファンデーション 全21色 ¥5100/パルファン・クリスチャン・ディオール

B.ラトゥー エクラ ファンデーション プライマー N SPF20/PA++ 30ml ¥4000/ポール & ジョー ボーテ

C.ミネラルUVグロウベース SPF37/PA+++ 30g ¥4300/エトヴォス

飽きない自分になる

「年齢や世間的な常識で線を引かずに、自由に楽しむことが大切。メイクも服も毎日同じじゃ飽きちゃう。時には失敗してもいい。ときめくものに挑戦することが、鮮度のいい女でいる秘訣」

マットな質感、ラインの強さ「人工的なもの」は色気を際立たせる

「透け感ある肌はそのままでも色っぽいけど、そこにマットリップやパープルやネイビーのラインといった、肌の上に本来存在しない人工的なものを足すと、そのコントラストで色気が際立ちます」

Image title

ディオールショウ オンステージ ライナー 176 ¥3600/パルファン・クリスチャン・ディオール
「質感はマット。色みはシャドウとそろえて」

Image title

ル ルージュ クレイヨン ドゥ クルール マット 257 ¥3900/シャネル
「目元にパープルを使ったので、唇にはヌード&マットなピンクを合わせて」

目元は“40デニール”の透け感を意識して

VOCE2018年10月号 神崎恵

「アイホールよりやや狭くパレットのベージュをのせ、その上にパープルをふわっと重ねる。目頭にシャイニーな薄ピンクをオン。チークで強い目元とヌーディな唇を繋げて」

Image title

A.デザイニング カラー アイズ 120 ¥6800(限定品)/SUQQU
B.ジュ コントゥラスト 440 ¥5800(8/24限定発売)/シャネル

撮影/天日恵美子(人物、静物)、恩田亮一(静物) ヘア/赤羽麻希(Un ami) スタイリング/コギソマナ 取材・文/中川知春

《こちらも合わせてcheck!》
【美のカリスマ・神崎恵】自分らしいキレイは【自信】がつくる!
神崎恵の美を支える!【自分らしいキレイ】を叶える【5つの習慣】