1. 【白髪Q&A】髪と頭皮に関する疑問を解決して、黒髪をキープ!

2018.09.11

【白髪Q&A】髪と頭皮に関する疑問を解決して、黒髪をキープ!

アラサー世代の白髪は、ケア法や生活習慣を変えれば必ず元に戻ります。でも、白髪を招く行動を続けていれば、白髪がなくなるどころか増える可能性も! 今すぐケアして半年後には黒髪になろう!

【白髪Q&A】髪と頭皮に関する疑問を解決して、黒髪をキープ!

【白髪の人はハゲない?】髪&頭皮にまつわる都市伝説の真偽にお応えします!

まずはこちらで頭皮の状況をチェックしてみて!
あなたの【頭皮老化】の危険度は? 頭皮の状態チェックリスト

Q. 白髪の人は薄くならないって本当?

A. 要因は別だから両方なる可能性も
「髪の色は毛根の色素細胞で作られるメラニン色素の量で決まるので、ストレスや加齢でメラニン色素が作られなくなると白髪になります。薄毛は毛穴周辺組織が衰えて髪の毛そのものが作られない状態。白髪と薄毛は別の要因なので、両方なる可能性も」

Q. 髪は毎日洗ったほうがいいの?

A. 頭皮にたまった皮脂はその日のうちに落とす
「頭皮は毎日たくさんの皮脂を分泌しています。ですから、頭皮の皮脂を落とすシャンプーは毎日行うのがおすすめです。皮脂が頭皮に残っているとそれが酸化をして、髪の毛に悪影響を与える可能性も」

Q. 薄毛や白髪は遺伝なの?

A. アラサーからの頭皮ケアが40代以降の髪を決める!?
「顔や体のように髪質も遺伝的な要素がありますが、遺伝によって薄毛や白髪が進行するのは40代以降。もし将来が気になるなら、早めに育毛剤などを使って頭皮環境を整えておくのもひとつの方法です」

Q. 飲みすぎは頭皮に悪いの?

A. お酒を飲んだ日も頭皮をケア!
「アルコールの過剰摂取が頭皮や髪に影響するというデータはありません。ただ、飲みすぎるとシャンプーを一日パスしたり、手入れがおろそかになることも。ストレス発散程度の適度な飲酒にとどめ、お酒を飲んでも、頭皮ケアは忘れずに」

Image title

Q. わかめはやっぱり髪にいいの?

A. わかめだけを食べても髪は生えてこない
「わかめの黒っぽくふさふさした形状から、昔の人がそういったのだと思います。わかめのミネラル分が髪にいいことは確かですが、これだけを食べていれば髪がたくさん生えるわけではありません。髪に必要なのは、バランスのいい食事です」

Image title

教えてくれたのは……

アデランス 研究開発部マネージャー 伊藤憲男さん
日本毛髪科学協会・毛髪診断士認定指導講師。アデランスの研究開発部に所属し、商品の開発に携わる一方、育毛の啓蒙活動も行っている。

撮影/恩田亮一、柏原力 取材・文・構成/山本美和

《こちらも合わせてcheck!》
【ちら見え白髪・爆発ヘア】を救う超簡単&時短スタイリング術

白髪になる&白髪を増やす10のダメ行動

Q.白髪ができやすい生活を教えて

頭皮の血行が悪くなると、髪を作る毛母細胞まで栄養が行き届かず、白髪ができやすくなります。頭皮に強い刺激を与えて毛母細胞への栄養をストップさせるような、下記のような行動をしていませんか?白髪は普段の生活習慣の癖を見直すことでも改善できます。

1:白髪を抜く

Image title

1~2本の白髪なら抜いてしまえば目立たないと思うかもしれません。また、白髪を抜くと白髪が増えるという噂もあります。実際には、白髪は抜いても増えませんが、無理に白髪を抜くことによって、頭皮にトラブルが起きやすくなるのは確実です。また毛を育てる毛母細胞がダメージを受けると、髪の毛が生えなくなることもあります。1~2本の白髪が気になるならはさみで根元からカットするか、部分的な白髪染めがオススメです。

2:髪をいつも同じ場所で結ぶ

いつも同じ場所で髪を結んでいると、その周囲の頭皮ばかりが刺激されます。それが頭皮の血行を悪くして、白髪の原因に。ゆる結びくらいなら問題ありませんが、頭皮をギュッと引っ張るようなヘアアレンジを続けるのは避けて。さまざまなアレンジを楽しむことは、気分が上がるだけでなく、頭皮のためにもいいことなんです。

3:紫外線

春から夏にかけて最も気をつけたいのが紫外線です。紫外線を直接浴びる頭頂部は、白髪になりやすい場所。夏の終わりに頭頂部から白髪がちらほら……なんてことも少なくありません。外出時にはヘア用の紫外線対策クリームやスプレーを塗布するのを忘れずに。もしヘア用のものがなければ、肌用のUVスプレーなどで代用を!

4:いつでも帽子をかぶっている

Image title

紫外線対策に帽子はとても有効な方法です。しかし、通気性の悪い素材でできた帽子をずっとかぶりっぱなしでいると、頭皮が蒸れてしまいます。頭皮が蒸れると毛穴に汚れがつまって血行が悪くなるなど、頭皮トラブルが勃発。それが原因で白髪を誘発することも考えられます。帽子をかぶる場合には、頭皮への風通しを考えた通気性のいい素材を選びましょう。

5:分け目がいつも同じ

つむじの方向などもあって、分け目がいつも同じになりがちな人も多いと思います。分け目が何年も同じだと、分け目からのぞく部分の頭皮に、いつも紫外線があたることになります。できれば時々分け目を変えるか、髪にボリュームを出して分け目を覆うようなヘアアレンジを活用して、紫外線から分け目を守りましょう。

6:頭皮を傷つけたり、汚れが残るシャンプー法

前回ご紹介したように、頭皮の血行をよくして、髪に色を加える色素細胞の働きを活発にするためには、正しいシャンプーがとても大事です。そのため、髪だけをゴシゴシ洗って頭皮の汚れが残っていたり、爪を立てて頭皮を傷つけたりするようなシャンプー法はNG。また頭皮がヒリヒリするような洗浄力の強いシャンプーも使わないようにしましょう。

7:バランスの悪い食事

Image title

髪が白くなっても命に関係はありません。ですから、バランスの悪い食事をとっていると、真っ先に栄養をカットされるのが髪。そのため白髪予防にはバランスのよい食事が欠かせないのです。積極的にとりたいのは、カルシウムなどのミネラル類、ビタミンA、C、Eをはじめとするビタミン類、細胞のもとになるたんぱく質など。どうしてもジャンクフードが続いて、バランスのいい食事がとれない場合には、サプリメントを活用するのも手。

8:寝不足、不規則な生活

寝不足や不規則な生活が続くと、自律神経のバランスが崩れ、血行が悪くなります。もちろん頭皮の血行も悪くなるので、白髪の一因にも。できるだけ規則的な生活を心がけましょう。

9:ストレス

Image title

不規則な生活と同様にストレスも自律神経のバランスを崩す大きな原因のひとつ。女性でもストレスが原因で、円形脱毛症になってしまう人も少なくありません。同様にストレスが原因で頭皮の血行が悪くなり、白髪になることも。この場合、ストレスがなくなれば黒髪に戻ります。日頃から上手にストレスを発散できれば、白髪の予防に。

10:髪を乾かさずに寝る

髪を乾かさずに寝るのは、髪にとって最もダメな行動。濡れた髪はキューティクルがはがれやすい状態。少しの刺激でキューティクルがはがれ、髪が乾燥しやすくなり、ツヤ感がなくなる原因に。また、蒸れたままの頭皮はトラブルを起こしやすくなるため、白髪予防にも髪は必ず乾かしてから寝ましょう

数年放っておけばそのまま白髪に!? 今すぐケアして半年後には黒髪に!

Q.まだ20代なのに白髪が……。1度白髪になったらもとに戻らないの?

髪の曲がり角は35歳前後と言われ、加齢による白髪が気になり始めるのはこの頃からです。でも最近では20代後半くらいから白髪で悩む人が多く、ここ10年は特に若白髪で悩む女性が増えています。

寝不足が続く不規則な生活や偏った食事、ストレスなど、白髪の原因はさまざまです。加齢以外が原因の白髪は放っておくと、そのまま白髪になってしまうと言われています。しかし逆に言えば、アラサー世代の白髪は早めにケアをすれば、半年から1年で元の黒髪に戻すことも可能なのです。

『バジル領域』のケアなくして白髪はなくならない

Image title

まずは簡単に白髪が生えるメカニズムのお話をしましょう。最近注目されているのが、毛根より少し上にある『バジル領域』です。ここには髪の色を作る色素幹細胞=メラノサイトと髪を育てる毛包幹細胞があります。このメラノサイトで髪色を作るメラニン色素が生み出されているのですが、何らかの理由でメラノサイトが損傷すると、髪に色素が入らないまま表面に出てきます。これが白髪。この若白髪をなくすには、色素幹細胞を育てる土壌=『バジル領域』のケアが不可欠なのです。

この『バジル領域』の状態を整え、髪色のもと“メラノサイト”の活動を活発にするためには、シャンプーを活用した頭皮ケアが有効です。避けたいのは界面活性剤入りや油系のシャンプー。これらは頭皮への刺激が強く、細胞を壊す原因になるので注意が必要です。

では、どんなシャンプーを選んだらいいかというと、とにかく頭皮に優しいシャンプーを選びましょう。市販のものならオススメは頭皮用シャンプーやアミノ酸シャンプーです。頭皮用シャンプーと聞くと、汚れをゴシゴシ洗い落とすタイプをイメージするかもしれませんが、実は頭皮にやさしい成分のものが多いんです。また、頭皮の汚れを落とすという意味では炭酸系のシャンプーもオススメです。

洗い方で心がけて欲しいのは、頭皮を洗うという意識。爪を立てて頭皮を傷つけないようにしてください。指の腹で「気持ちいいな」と感じるほどの力で頭皮を動かすように揉みだします。こうすることで頭皮の血流がよくなるし、毛穴の汚れが表面に浮き上がって頭皮がキレイになります。またシャンプーの時だけでなく、気づいたら頭皮をもんで血行をよくしましょう。頭を触ってぶよぶよしていたら、それはむくんで血行が悪化しているサイン。頭皮の血行をよくすることは白髪をなくし、美しい黒髪を生やす土壌づくりに欠かせません。

お話を伺った、QUEEN'S GARDEN by K-two GINZA店長 アイバ カズマサさんのサロン情報はこちらから

【QUEEN'S GARDEN by K-two】

Image title

1度生えてきた白髪を黒髪に戻す方法【ビューティQ&A】

Q:一度生えてきたら白髪はもう黒くならないの?

Image title

前回、35歳が髪の曲がり角というお話をしました。では、1度白髪になってしまったら、一生染め続けなければならないのでしょうか?

A:『一旦白髪が生えたら、もう二度と黒髪は生えてこない』、こんな噂が気になり出すのも35歳前後。でも安心してください。これは全く正しい情報ではありません。「マリーアントワネットが一晩で頭が真っ白になった」と言われていますが、病気やストレスなどで一時的に白髪が増えていた人が、原因を取り除いた後、黒髪に戻ったケースも少なくないのです。白髪が生えていた毛穴から再び黒髪が生えてくることは、それほど珍しいことではありません。

Q:白髪を黒くする方法は?

A:例えば髪を1本抜いた時に、途中一部だけ白髪になっている髪があります。これは、白髪の部分が毛根から生えた時期、ストレスなどで生活習慣が乱れたことを表わしています。その後、黒髪に戻っていれば、白髪を引き起こしたストレスなどの原因から解放されたことを意味しているのです。突然白髪が増えた、と感じたら、まずはバランスのよい食事を心がけましょう。

白髪を防ぐ食事

Image title

髪の毛の色はメラニン色素で決まります。このメラニン色素を作り出す細胞がメラノサイト。また、メラノサイトがメラニンを作り出す時に必要なのがチロシナーゼという酵素です。そこで、メラノサイトやチロシナーゼの働きをよくする食べ物を積極的にとりましょう。

ヨード

細胞の成長を助けてメラノサイトの働きを活性化して、髪の毛を健康な状態にします。
海藻類(昆布、ひじき、わかめなど)、魚介類(いわし、さば、かつおなど)

チロシン

メラニン色素の原料のひとつで、これが不足すると髪の毛の色は抜けたまま、白髪に。
乳製品(チーズ類)、果物(バナナ、アボカド、りんごなど)、魚介類(かつお、まぐろ、たらこなど)、大豆、ナッツ類(アーモンド、大豆、落花生、豆腐など)

メラニンを作り出すチロシナーゼの働きを活発にさせるミネラル。
豆類(大豆、納豆、カシューナッツなど)、野菜類(ごぼう、にんにく、パセリなど)、穀類(そば、さつまいも、玄米など)、魚介類(えび、かに、ほたるいかなど)、果物(あんず、プルーンなど)

食事に気を付けたら、あとはストレスをため込まない生活を! イラッとした日には、ハーブティーを飲んでゆっくり休むなど、自分なりのストレス解消習慣を持つと、髪にもいい影響を与えます。

【著者プロフィール】
医療法人社団東洋会 銀座肌クリニック 院長、理事長・百枝加奈子


東京女子医科大学医学部卒業後、都内複数の美容外科にて17年間に渡りコムロ美容外科を含め、美容外科医、美容皮膚科医としての経験を積み、植毛指導医の資格も持つ。2014年しわ、しみ、たるみ、にきび、脱毛まで、肌の悩みに総合的に対応した「銀座肌クリニック」の院長となる。「美容医療を通して人生を豊かに」をモットーに、どんな小さな悩みにも真摯に向き合い、ひとりひとりに合わせた解決法の提案と心の通ったカウンセリングが評判。

Image title

銀座肌クリニック
http://www.hada-clinic.jp/

【関連記事】
35歳が白髪の曲がり角!食事と生活習慣を見直していつまでも黒髪に【ビューティQ&A】
アンダーヘアの白髪もストレス解消と食生活で改善できる!【ビューティQ&A】
普通のヘアカラーでは白髪は染まりづらい【ビューティQ&A】