1. 【VOCE11月号・豪華付録】ポーラ【B.A】のアイゾーンクリームがスゴすぎるんです!

2018.09.22

【VOCE11月号・豪華付録】ポーラ【B.A】のアイゾーンクリームがスゴすぎるんです!

他人に与えるイメージを大きく左右する“印象ゾーン”を美しく。そんなコンセプトのもと、B. A から誕生となればVOCE スタッフも大注目なワケで。その魅力、早速、熱く語ります。

【VOCE11月号・豪華付録】ポーラ【B.A】のアイゾーンクリームがスゴすぎるんです!

今月の付録はコレ!

ポーラ B.A B.Aアイゾーンクリーム

Image title

目元のポテンシャルを高め、立体アイへ
目元のハリを支える土台にアプローチ。こっくりしたテクスチャーながらみずみずしく浸透し、くぼみ、たるみのない美しいフォルムの目元を目指す。

B.A アイゾーンクリーム 26g¥18000 (10/1発売) /ポーラ

この衝撃を伝えたい……!

\ 働くVOCE世代代表 /

Image title

VOCE副編集長 泉地佑紀(35)
オールマイティに企画を担当。仕事柄、細かいチェックも多く目を酷使。「まぶたが重く、目ヂカラが弱ってきた気が!」

\ スキンケア知識の宝庫 /

Image title

美容ライター 楢﨑裕美(43)
コスメの進化に日々感動しながら、熱量高く記事を執筆。「最近老け感が増したなと思ったら上まぶたが激やせ(泣)」

\ 美容大好きメンズ編集 /

Image title

VOCE編集部員 与儀昇平(27)
新製品情報ページを担当。「疲れるとすぐ“目が死んでいる”と……。だからこそアイケアは男女問わずマストと実感中」

B.Aアイゾーンクリームのここがスゴい!

◆スゴい理由1

脂肪や眼輪筋も。目元の構造をトコトン研究!
「“目元は老化が表れやすい”のは知っているからこそ表皮や真皮のケアに取り組まなくちゃと思うけど、ポーラはその奥に潜む問題にまで注目。加齢の影響で眼輪筋が薄くなると目まわりの脂肪がせき止められなくなり、脂肪がずるっと押し流されて上まぶたはくぼみ、目の下はたるむ。そんな理論に納得だし、期待も膨らむばかり♡(泉地)」

◆スゴい理由2

『バーシカン』『抗糖化』。B.Aだけの成分がギュッと
「B.Aといえば、やはり独自のエイジングケア理論に基づくレシピも魅力。新成分に加えて、新しい肌を生み出すために必要な因子バーシカンや、糖化に着目したB.A共通成分も漏れなく配合。みずからの力をサポートして根本から立て直しつつ、ふっくらハリも与え、引き締まった印象に、と全方位にアプローチ。頼もしすぎる!(楢﨑)」

◆スゴい理由3

テクスチャーも香りも快感! ケアが楽しみに
「とはいえ、なかなかアイケアが習慣化しないという声も多いVOCE世代。でもB.Aのアイゾーンクリームなら、その点もクリアできるはず! 濃厚なクリームは肌にのばすとほどけるようにみずみずしくなじみ、即、引き上がるような手ごたえとハリを実感。上品なフローラルウッディの香りも心地よく、積極的に使いたくなります。(与儀)」

ココをリコメン! 使い方&注目ポイント

FROM 泉地佑紀
初回から実感するパッチリ感に夢中

Image title

夜に塗ると、翌朝には重く感じていた目が開きやすく、見た目にもパッチリ。もたつかず、軽すぎず、きちんと潤うつけ地もよく、ベッドサイドが定位置に。継続してます‼

FROM 楢﨑裕美さん
奥まってきた上まぶたも含め、ぐるっと一周塗り

Image title

目の下~目尻のみならず、眉下のくぼみ~頰骨上あたりまで幅広くが鉄則。まぶたやせを痛感している身としてアラサーの皆さんには予防的にすぐ始めることを本気でオススメ。

FROM 与儀昇平
適量使いでミチッと密度の詰まった目元に

Image title

先端の丸みが使用量の目安、真珠1粒ほどの大きさなので、適量が一目瞭然。その量をきちんと守るとひと晩でもハリを実感。1本使い切る頃を想像しただけでワクワクします!

こちらもスゴい!

B.A リップ バーセラム

Image title

唇のエイジングに根本から立ち向かう!
唇は肌よりも血管の占有面積が大きいということに着目し、独自の理論を確立。取り戻すのが難しいと思われてきた、美しい血色感、柔らかな質感、ふっくらとしたボリュームを再び!

B.Aリップバーセラム 3.6g ¥6800 (10/1 発売) /ポーラ

血管と線維芽細胞がふくよかな唇へのカギ!

もうひとつの“印象ゾーン”、唇がターゲット。ボリュームダウン、縦ジワ、ハリ不足、血色の悪さなどが混在する唇のエイジング悩み。その原因が、加齢によって血管が途切れ、栄養や酸素を届けられなくなることに着目し、さらに唇の線維芽細胞が産生するヒアルロン酸が減少するという新発見をベースに誕生。唇の上でなめらかにとろけるタッチ、ぷるんと立体的に導く効果も秀逸だから、こちらもぜひ!

撮影/吉田健一(No.2) 取材・文/楢﨑裕美 協力/AWABEES,UTUWA