有名人の下半期べスコス

【田中みな実】ピンク&オレンジのガチ買いべスコス5選【下半期ベストコスメ】

公開日:2021.12.05

VOCE2022年1月号 田中みな実

ますます進化する美しさとプロ顔負けのコスメの審美眼で「みな実売れ」なる言葉が生まれたほど。日本中が注目する美女、田中みな実さんの2021年下半期のガチ買いを大発表。大好きなピンクとオレンジをピックアップ!

VOCE2022年1月号 田中みな実

ますます進化する美しさとプロ顔負けのコスメの審美眼で「みな実売れ」なる言葉が生まれたほど。日本中が注目する美女、田中みな実さんの2021年下半期のガチ買いを大発表。大好きなピンクとオレンジをピックアップ!

本当に買ってよかったもの、全部見せ【田中みな実のガチ買いベスコス】

ますます進化する美しさとプロ顔負けのコスメの審美眼。“みな実売れ”なる言葉が生まれるほど日本中が注目する美女が2021年下半期にガチ買いしたものとはいったい? そのすべてをここに発表!

“あざとピンク”ד仕込みオレンジ”にハマった!

色ものは、ピンクの魅力にまたもや心奪われてしまった今期。いわゆるモテピンクとは違う、くすみトーンやメタリックな発色の変化球が気分です。そこにオレンジトーンのラインを仕込んで目元の彩度を“ちょい上げ”。カラーバランスを楽しみながら最旬のメイクを堪能中。ーーーby Minami

VOCE2022年1月号 田中みな実
まろやかな赤みが美しいパレット
田中みな実さん
田中みな実さん

微糖な陰影を生み出すまろやかなローズニュアンス。ここまでデイリー使いができるピンク系のパレットはなかなかないから即買い。捨て色がなく、質感がどこまでも美しい。


圧倒的なくずれにくさを持つ名品
田中みな実さん
田中みな実さん

ベストセラーも納得の機能性。マスクの日でも目元に好印象を。まつげのカールが落ちにくいし、にじまない。赤すぎず、ダークすぎないブラウンカラーがピンクメイクとも相性バツグン!


3股のフェルトペンにプロも夢中
田中みな実さん
田中みな実さん

ほかにはない3股のドットライナーはまさに“仕込み”の達人! これを仕込むことで、目ヂカラが弱くなりがちなカラーライナーの存在感が過不足なく引き立つのです。01、03も愛用中。


薄軽マットのつけ心地は無重力レベル
田中みな実さん
田中みな実さん

薄膜のマット質感は指でポンポンづけすると日常使いしやすい。ピンクメイクの甘さ加減を、洗練ムード漂うこのリップでほどよく引き締め。


キャッチーなメタル質感の淡いピンク
田中みな実さん
田中みな実さん

ややメタリックでコーラル寄りの発色がたまらなく好き。使用するときはあまり欲張らず、ポイント的に! そうすることで、このアイライナーが持つニュアンスを生む力が最大限発揮。


VOCE撮影で出合った即買いコスメ

VOCEの撮影で出合ったコスメを、セルフメイクのスタメンに迎え入れることが多いという田中さん。ここでは、2021年の撮影で彼女のハートを摑んだ最旬コスメをご紹介!

【SUQQU】
田中みな実さん
田中みな実さん

ミルキーなグレーの新しさに感動しました。こういった色を使うのは初めてで、使う前は難しそうだと思っていたけど、AYAさんにメイクをしてもらったら「瞳が澄んで見える気がする~!」と大興奮。で、即買い(笑)。私のメイクの幅を広げてくれたアイテムです。


【to/one】
田中みな実さん
田中みな実さん

イチゴを煮詰めたような赤みが醸し出す、なんともいえない色っぽさに心を奪われました。笹本恭平さんのメイクにもすごくマッチしていました! 定番のアイメイクもアイライナーをコレに替えるだけで、目元がこなれるんです。コシのあるブラシで描きやすいのも最高。


【コスメデコルテ】
田中みな実さん
田中みな実さん

9月号の表紙メイクで笹本恭平さんに使っていただきました。明るいちゅるんと系の赤リップをつけるのは久々で新鮮だったので印象深い。飴細工のようなツヤとじゅわっとした血色感は唇そのものだけでなく、肌色まで冴えるんです! 同じシリーズの色違いもゲット済み。


【FAVES BEAUTY】
田中みな実さん
田中みな実さん

キラキラメイクの名手、林由香里さんのメイクで使用。キラキラ=若い人向けという概念を鮮やかに覆す肌なじみの良さに、大人の盛りメイクの正解を見た気がします。ブラウンとゴールドというベーシックな色みと、重ね塗りしてもツヤと輝きだけが高まる発色が本当に優秀。


“キスする距離で初めて気づく大人のあざといピンクメイク”

きっとね、男の人は最初、気づかない。「あれ、今日なんか違くない?」って思うだけ。けど、キスする距離まで近づいたら、メタリックなピンクのラインやうっすら仕込んだピンクの陰影の可憐な色香に吸い込まれちゃう。そんなふうにピンクをあざとかわいく使いこなすのが気分。誰かに選ばれるためのわかりやすい甘~いピンクはもう卒業。媚びずに自分がしたいメイクを楽しむことで結果がついてきちゃった。そんな賢いあざとさがピンクメイクで叶っちゃう。

VOCE2022年1月号 田中みな実

2021年下半期のベストコスメをまとめてチェック!

撮影/三瓶康友(人物)、高橋一輝(近藤スタジオ/静物) ヘアメイク/AYA(LA DONNA) スタイリング/西野メンコ 取材・文/中川知春

Edited by 松本 薫

公開日:2021.12.05