連載 これがワタシの生きる道

【ぼる塾 酒寄希望】ただ今、育休中。3人がいるから、私は「こうあるべき」から解放される

公開日:2021.12.20

ぼる塾酒寄さま

バラエティ番組で引っ張りだこ、YouTubeも人気のお笑いカルテット“ぼる塾”。「自分たちの面白さに気づいてない」という他メンバーのことを綴った新著『酒寄さんのぼる塾日記』を書き上げたばかりの酒寄さんの視線を通して見えてくる、ぼる塾の“強さ”の秘密とは? 後編は、互いを認め合い、柔軟に変容し続けるぼる塾の魅力を探る。

ぼる塾酒寄さま

バラエティ番組で引っ張りだこ、YouTubeも人気のお笑いカルテット“ぼる塾”。「自分たちの面白さに気づいてない」という他メンバーのことを綴った新著『酒寄さんのぼる塾日記』を書き上げたばかりの酒寄さんの視線を通して見えてくる、ぼる塾の“強さ”の秘密とは? 後編は、互いを認め合い、柔軟に変容し続けるぼる塾の魅力を探る。

前編はコチラ

あんりちゃんも私も、前コンビ時代は
ネタを飛ばされた時に解散を考えていた

――酒寄さんは現在、育休中で、他の3人のようにテレビに出ることはないけれど、YouTubeには出演したり、ネタを書いたり、文章を書いたりということはしていますよね。

酒寄「今は自分はテレビに出てバリバリやろうということは考えてなくて。今年、『M-1グランプリ』でぼる塾が3回戦で敗退だったので、あんりちゃんとふたりで話し合って、来年、『M-1』でもっと結果を残そう、それをぼる塾の今後の一番優先すべき目標にしようと話し合ったんです」

――あんりさんとは、ネタを作る人同士ということで、何か特別なシンパシーみたいなものもありますか?

酒寄「本当にあんりちゃんとふたりでネタを作るようになって、ネタ作りがすごく楽しくなってきたんです。今まで(田辺さんと)猫塾をやってたときは、田辺さんは基本的に絶対に私が書いたネタを否定しないので。面白いねって、いつも言ってくれてたんです。それはあんりちゃんにとってのはるちゃんも一緒で。
 でも、そう言ってくれるのはうれしいけど、そうなると全部ひとりで考えないといけないっていうのが負担になって。書いてみて、本当に面白いのかわからなくなるときもあるし。さらに、舞台の上でセリフを忘れられたりすると、『忘れられてしまうネタってやっぱり面白くないのかな』って悶々とする時期もあったんです。
 もちろん田辺さんもはるちゃんも、ライブの平場やコーナーではめちゃくちゃ頑張ってくれてるんですけど、あんりちゃんが『しんぼる(あんり、はるかで結成していたコンビ)の解散を考えてた時も、やっぱりネタを飛ばされたときのダメージが大きかった時だ』って聞いて。同じことが、数年前の猫塾にも起きてたんです。
 それがぼる塾になると、ネタを作る人もひとりじゃなくてふたりいるので、同じ立場の者同士、キャッチボールをしながら作ることができる。自分が思いつかない部分でも、あんりちゃんが案を出してくれる。あんりちゃんも、今までネタ作りの時間がつらいときもあったけど、今では楽しくなってきたって言ってくれて」

ぼる塾酒寄さま

次ページ
「その日の文句はその日に言う」というのが、ぼる塾のルール

Serial Stories

連載・シリーズ