1. キラキラグリッター×マットリップで最新秋メイク

2018.09.22

キラキラグリッター×マットリップで最新秋メイク

エッジのきいた「秋色のスターコスメでほんのり甘い顔」をヘアメイクのGeorgeさんにお願いしてみたら……!? アラサーの魅力が最大限に生きる、「今、なりたい顔」ができあがりました!

キラキラグリッター×マットリップで最新秋メイク

キラキラグリッターとマットリップの甘やかな関係

「イリデッセントに輝くグリッターの攻め感を生かしながらも、スウィートなニュアンスをほんのり加えるのが気分。唇を染めるように色づくカジュアルなマットリップや素肌になりすますホイップムースのチークで、"シュガーな甘さ" をふりかけて」(ヘア&メイクアップアーティスト Georgeさん)

Image title

(A)「肌にとけこみながら主張するピンクライラックのグリッター」
ハードワイヤードアイシャドー 5342 ¥2500/NARS JAPAN

(B)「なめらかなリキッドがほわっと柔らかいパウダーに変化する、新感覚のマットリップ。映える色のフランボワーズで可愛さが弾けます」
ルージュ アリュール リクィッド パウダー 960 ¥4200(10/5発売)/シャネル

(C)「ホイップ状のムースチークが頰の上でサラサラに変化してふんわり仕上げになる」
SHISEIDO ミニマリスト ホイップパウダーブラッシュ 01 ¥4000/資生堂インターナショナル

(D)「こっくりとした柿色で遊びをプラス」
ディオール ヴェルニ 531 ¥3000(限定品)/パルファン・クリスチャン・ディオール

How to make-up

Image title

Aをアイホールに指で軽く塗り、二重幅に重ねてピンクのラメの光沢をしっかり出します。涙袋はブラシでさらっと。唇にはにじむようなBのマットリップをカジュアルにラフづけ。攻めた目元&唇をほんのり甘いCのシルキーチークで中和させると、ちょうどいいバランスに

完成♪

Image title

低温のきらめきを放つ目元とフランボワーズのマットリップが織りなす "微糖ニュアンス"

撮影/峠雄三(人物)、伊藤泰寛(静物) ヘアメイク/George スタイリング/川﨑加織 モデル/森絵梨佳 取材・文・構成/鬼木朋子

【こちらもチェック!】
【毛穴を隠す!】2018秋冬マストバイなハイカバーファンデーション【カバー力星5つのアイテムだけ!】

クレンジング後なのに肌しっとり!【乾燥肌が厳選&オススメ】潤うクレンジング4選