1. 赤マットメイクの成功のコツは◯◯系レッドを選ぶこと!

2018.09.23

赤マットメイクの成功のコツは◯◯系レッドを選ぶこと!

今季、大ブレイクのマットは、いつもの顔を今の顔に変える最新最強の質感! 手ごわいと思うビギナーでも難なくこなせる、きっと惚れ込むスーパーレシピを人気アーティストが伝授。

赤マットメイクの成功のコツは◯◯系レッドを選ぶこと!

■教えてくれたのは…

Image title

ヘア&メイクアップ アーティスト paku☆chanさん
「Three PEACE」所属。時代を先読みする比類なき感性を武器に、日常に映える、今よりもっとキレイになれるメイクを発信。

マットを操る3つの掟

#1 ベースは"やや軽" 仕上げで、マットを生かす肌に
「マットをより今っぽく見せるために重要なのは、肌との相性。肌が重たいとマット質感が沈んで古く見える可能性が。通常、秋冬の肌は重たくつくりがちだけど、薄膜タイプを選んだり、つける量を減らしてやや軽な肌に」

#2 指でマイルドに仕立てる
「テクスチャーがソフトなマット質感は、指で上手くのせられるし、キレイになじむのが特長。ブラシで塗ると色がばしっとつきやすいけど、指ならマイルドにぼかせるので、肌との一体感が生まれて自然に仕上がります」

#3 トーンの異なるカラーは、2色までに留める
「マット質感は、パールみたいに光による軽さが出ないので、色を過剰に使うと重たくなって古く見えがち。たとえば、目もとをマットグレーにしたら、他は赤みのある色で揃えるというように、ひとつのメイクで使うトーンは2色までに絞って」

KEY ITEM:蛍光ニュアンスの赤マットリップ

Image title

人目を惹く美顔に変わる、奇跡のツヤ消しレッド
抜群の美肌見せカラー。ふっくら柔らかそうな唇に仕立てる極上マット質感。
ラプソリュルージュ DM157 ¥4000(限定パッケージ)/ランコム

攻略ポイント

☑ 赤リップはネオン系を選んで、顔を明るく
☑ カジュアルな色気を目もとの赤みでプラス
☑ 肌の透明感で赤唇の美しさをきわ立たせる

Image title

「マットな赤リップは、蛍光感のある色みが断然、今っぽい。肌色が沈まないし、くすんだ肌もクリアに見えて、パッと顔が明るく引き立つんです。とくに、洋服が重たくなる秋冬は、ツヤを抑えた鮮やかな唇によってほどよく軽さがプラスされ、全身バランスもあか抜けます」。塗るときは、輪郭ギリギリまでなじませ、ボリューム感をアップ。目もとは、唇と連動する赤みのあるシャドウを合わせて、さりげなく色気を感じさせるのが正攻法。

OTHER ITEMS

Image title

(1)ベースメイクの仕上げに、眉上から小鼻脇までにさっと重ねて肌に透明感を。
カネボウ プレストパウダースライドコンパクト 01 ¥8000/カネボウインターナショナルDiv.

(2)目頭から目尻側へぼかし、色気+彫り深感を。
グロウ タッチ アイズ 05 ¥3700/SUQQU

(3)眉はマスカラだけでふんわりと。
インテグレート ニュアンスアイブローマスカラ BR695 ¥800(編集部調べ・限定品)/資生堂

完成♪

Image title

ふわんと色づくマットな赤の唇で、狙ってないのに溢れ出るしなやかな色気

撮影/向山裕信(vale./人物)、伊藤泰寛(静物) ヘアメイク/paku☆chan(Three PEACE) スタイリング/程野裕子 モデル/内田理央 取材・文/橋本日登美

【マット質感のメイクを極める!】

Image title

【マットリップが浮いちゃう】問題を解決するプロのワザは「指塗り」!