1. 1分でプリッと丸い小尻ができる美尻立ちダイエット【美尻王子のシリ♡トレ王国vol.1】

2018.10.10

1分でプリッと丸い小尻ができる美尻立ちダイエット【美尻王子のシリ♡トレ王国vol.1】

おっぱい信仰の強かった日本に、美尻旋風が上陸! ダイエットをして痩せてもペタッと横に広がった扁平尻のままでは、もはや時代遅れ。そんな扁平尻女子の救世主・美尻王子こと、バレエダンサーの竹田純さんが、バレエのメソッドを取り入れた簡単で美尻効果の高いシリ♡トレを紹介します。

1分でプリッと丸い小尻ができる美尻立ちダイエット【美尻王子のシリ♡トレ王国vol.1】

教えてくれたのは……
バレエダンサー 竹田純さん

Image title

ヨーロッパでバレエダンサーとして活躍後、帰国。現在は、自身が考案したメソッド『床バレエ』の普及や、美尻王子としてメディアでも活躍中。著書に『1分!美尻立ちダイエット』(学研プラス)ほか多数。また、『床バレエ』のレッスンが受けられる『床バレエスタジオ』を8月に東京・目白にオープン。https://www.yukaballet.jp/

「それお尻? 日本人のお尻はほぼ骨盤!」。脱!扁平尻は立ち方を変えることから!

長年、フランスを基点にダンサーとして活躍した竹田さん。日本女性とフランス女性のお尻への意識って何が違うの?

「日本女性はみなさん、「痩せたい、痩せたい」って言うけど、フランス女性から「体重を落としたい、痩せたい」って言葉を聞いたことがないです。特にフランス女性にとってお尻は、男性に対して、触って気持ちがよさそうな弾力と大きさを主張する場所。お尻はセックスアピールのシンボル。だからみんなゴージャスなお尻を目指してトレーニングしてるよ。フランス女性のお尻に比べたら、日本女性のお尻は残念だけど「それお尻? 骨盤の形そのままよ」って感じ。美尻王子としては、日本女性にはもっと女性らしい丸みのある美尻を目指して欲しい! もちろんゴージャスなお尻づくりにはエクササイズが大事だけど、その前にまずは姿勢と立ち方をマスターするのが先決。1日1分立ち方を意識しているうちに、体が美尻立ちを記憶。立ち方が変われば、信号待ちも電車で立っている時もずっと「シリ♡トレ」になっちゃうよ。今日からフランス人の美尻を目指して、美尻立ちを始めてみてね」

こんな立ち方がブス尻をつくっていた!

Image title

背中が丸まって、骨盤が後傾。お尻、太ももの裏、太ももの内側の筋力が弱いタイプ。

Image title

一見いい姿勢に見えるけど、反り腰で、骨盤が前傾。腹筋に力が入らないので下腹が出て、横に広がった大きなお尻になる。

Image title

いつも左右のどちらかに体重をのせて立つと、骨盤が歪み、不格好に広がったお尻になる。

毎日1分意識するだけ! 美尻立ち

Image title

壁にお尻の上にある仙骨と肩甲骨をつけて立ち、足を半歩前に出す。つま先、ひざを正面に向け、両足をそろえる。足の裏の親指付け根、小指の付け根、かかとの3点に均等に体重をのせるように床を踏み、1、2と数えながら腰を5cmほど下へ落とす。

Image title

横から見るとこんな感じ。ひざとつま先は正面を向けたままを意識して!

Image title

足裏の3点で床を押して、内もも同士をつけるように力を入れながらお尻を締め、ゆっくりと腰の位置を上へ戻す。上げきったら10秒キープ。5セット行う。

Image title

横から見ると、お尻がプリッと上がっている。美尻立ちをマスターすれば、いつでもプリッと上がった美尻になる。

もっと詳しく知りたい方はこちらもチェック!

Image title

1分!美尻立ちダイエット

プリッと上がった美尻づくりを意識することで、全身引き締まる! バレリーナの立ち方を元に考案された、1分美尻立ちエクサは、お尻周りのインナーマッスルを連動して使う、静的トレーニング。いつでもどこでも毎日できるから効果が出やすいと体験者も実感。