1. 【1000人ネット調査】カップルの数だけ事情あり!悲喜こもごもの【結婚式】

2018.10.03

【1000人ネット調査】カップルの数だけ事情あり!悲喜こもごもの【結婚式】

時代とともに驚くほど変化を遂げるのが結婚事情。挙式や披露宴の演出に夫婦のあり方、婚活内容……。1000人が見て聞いてたまげた結婚白書2018がコチラ。

【1000人ネット調査】カップルの数だけ事情あり!悲喜こもごもの【結婚式】

こんなはずじゃなかった

★一刀両断
友人の結婚式でウエディングケーキのチョコレートコーティングが固すぎたようでなかなか入刀できず。新郎新婦は笑顔だけれど、相当力を入れていたようで二人の手がブルブル震え出した。業を煮やした新郎が思い切りナイフを振り下ろし、バッサリ。謎の拍手が起こった。(28歳・教員)

★牛歩並み
父親のバージンロードを歩くスピードが遅すぎて、途中から無音になってしまった。教会に、スリスリとドレスを引きずる音が響いた。(26歳・販売)

★息子<農協
式の前日、旦那の両親から電話があり、「明日だけんど農協の会合が断れなくでね」とドタキャンの連絡が。父親の挨拶もあるし……と困っていたら、「顔がそっくりの(義父の)弟が行くからさ、それで勘弁してけろ」だって。そういう問題じゃありませんから。(38歳・営業)

Image title

★リアル“タイタニック”
弟がバリの海上に浮かぶレストランで披露宴をした。花嫁が両親へ手紙を読むという感動のクライマックスシーンで客席から悲鳴が。なんと、会場の一部が床上浸水! 新郎が嫁を残し、来賓よりも先に逃げ出していったため、相手の両親がカンカンになってしまった。(33歳・経営)

★メスをくれ!
指輪を参列者に披露する時、主人の手が「メスをくれ!」と言う手術前のドクターのようになっていて、つい笑ってしまった。(35歳・理学療法士)

★「やめて、やめて、イタッ」by新郎
新婦が余興に参加した時につけたピンマイクがONになったままに。その後、主役の二人がお色直しで退場した直後、新婦が新郎に「おいタカアキ、テメェ、なに元カノ呼んでんだよ」と激怒している声が会場中に響き渡った。(32歳・不動産)

Image title

★おむつレビュー
旦那のご友人の余興が紙おむつダンスだった。キリッとしたイケメンが一列に並んだキレッキレのヅカ風レビューに大盛り上がり。退場時には、各テーブルをまわり、笑いもきっちり。あまりのインパクトに、多くの女性が退場した彼らを追って外に出ていってしまい、式が中断される事態になるほどだった。(25歳・アパレル)

★地雷スピーチ
新郎の友人が新婦の名前を間違えた。しかも、元カノの名前! わざと!?(27歳・アパレル)

Image title

★あわや大惨事
キャンドルサービスをしていたら、テーブルクロスに引火。消火器で会場が真っ白に。(30歳・主婦)

★魅せられ……ない
余興などお願いしていなかった親戚のおじさんがヒラヒラしたドレスを着て、司会者のポジションに登場。そして、マイクを取り、「歌います!」とゲリラ的なライブをスタート。袖を広げながらジュディ・オングを一曲。音程が低くて呪いの呪文みたいだし、酔っ払って大きなゲップはするし、ひどすぎて涙が出た。(38歳・福祉)

準備あるある

★結婚式の呪縛
毎週末、式場を見て、コース料理の試食を堪能。でも、楽しかったのは最初だけ。ほかにデートに行くこともなくなり、義務のように式場を回り、数十軒になったところで、別れ話に。(39歳・銀行員)

★捕らえられた宇宙人
痩せようと必死にジムに通い、いい感じに絞れてきた式の2日前にギックリ腰に。バージンロードは、両脇を支えられてヨタヨタと歩きました。(29歳・経理)

★完全燃焼
姉は、ブーケや花、座席表など、あらゆるものを手作りにこだわり、式前日は徹夜。結果、式当日は、ずっと高砂でウトウトしていて記憶が曖昧だとか。(30歳・主婦)

★「お母さん?」と言わないで
必死にダイエットして12kg痩せて着たドレス姿は大好評だった。その半年後に旦那の友人に会ったけれど、完全にリバウンドした私は花嫁と同一人物だと気づいてもらえず……。(31歳・デザイナー)

Image title

★最高の出来かと……
二年間かけて準備した結婚式。式場が来賓に行った「この式場で結婚式をしたいと思いましたか?」というアンケート(無記名)では、8割強が「NO」と回答していたそう。ショック!(30歳・事務)

★総額40万ちょっと
結婚式にまったく憧れがなく、プランナーとの打ち合わせでも「ケーキ入刀の儀式は不要で、テーブルの花もブーケもいりません。コース料理も一番安いもので」とやる気ゼロだった。しかし、結婚式当日、ウエディングケーキは出てくるし、テーブルフラワーもあり、コース料理も立派なものが!!「貧相な内容でホテルのイメージが悪くなると困るので」とすべて式場がサービスでやってくれたらしい。(39歳・フリーランス)

★準備期、終始戦闘モード
式場での打ち合わせ中、内容について旦那と意見が割れ、どつきあいに。警備員に外につまみ出される始末。(36歳・医療事務)

驚きの結婚式

最近よく見かけるのが植樹セレモニー。お互いの家から持ってきた土をひとつの植木鉢に合わせる儀式で2つの家庭がひとつになるという意味合いのよう。が、しかし、友人は、都会のマンション育ちなので土がなく、「ホームセンターで買った」と……。(29歳・販売)

趣味が阿波おどりという新郎新婦。その仲間が式の余興で踊りはじめた瞬間、会場のドアが開き、阿波おどりをする人が続々と入場してきた。なんとその数100人以上! その振動でテーブル上の料理が揺れる揺れる。(33歳・会社員)

最後の新郎による挨拶が1時間以上!(33歳・保育士)

Image title

おしゃれで知られる友人の引き出物が新郎新婦の顔イラスト入りクッキーと名前が刻印されたワイングラスで、ベタすぎて意外。(31歳・飲食店)

今どきの結婚式は、お客さんを楽しませることに必死。入り口にフォトブースを用意し、ご飯もインスタ映え重視。LED照明を使った派手な演出も完全ゲスト向けのサービス。会場が暗いので新郎新婦の姿がよく見えない。(29歳・栄養士)

お色直し2回のドレスカラー当てクイズ(賞金3万円)が大盛り上がり。新郎新婦の再入場を全員が食い入るように見ていました。(31歳・教諭)

新郎新婦がミュージカル調に歌いながら入場。本気すぎる熱演で大盛り上がり。(30歳・医療事務)

Image title

新郎が大の納豆好きということで300パックもの納豆がデコレートされた納豆ケーキに入刀! その後、参加者にも振る舞われて悲鳴が上がった。(36歳・事務)

最近、結婚式の前撮りのバリエが豊富! 友達は、オシャレなバスの前で風船を持っている姿やナイトプールなど都会バージョンに加えて、離島、森の中、ビーチ、断崖絶壁など、全15シチュエーション。肝心のTHE記念写真的なものはなし。(26歳・飲食)

エンドロールムービーで、ガーデンパーティの様子をドローンで上空から映したライブ映像が! その映像で、会場にただ飾ってあるだけだと思っていた花とバルーンで「LOVE」と「THANK YOU」と描かれていて、最後に大盛り上がり。(30歳・会社員)

Image title

Image title

Image title

Image title

Image title

イラスト/五月女ケイ子 文/金子優子 協力/千田好美、岡崎邦子(マーケティングジャンクション) 構成/佐野桐子

《こちらも合わせてcheck!》
【1000人ネット調査】今どきの【結婚事情】赤裸々レポート!