1. 顔の歪みを改善したいなら、【〇〇〇筋】をほぐそう!【マッサージ法】

2018.10.08

顔の歪みを改善したいなら、【〇〇〇筋】をほぐそう!【マッサージ法】

小顔マッサージは顔の表面をケアすることが多いが、歪みとりで大切なのは、実は口の中の筋肉!?口腔内筋をほぐして、顔の左右バランスを整えよう。

顔の歪みを改善したいなら、【〇〇〇筋】をほぐそう!【マッサージ法】

お話を伺ったのは……
さつま骨格矯正鍼灸整骨院 総院長 薩摩宗治さん

Image title

柔道整復師。顎顔面骨格矯正を専門分野とし、顔の歪みをとることでアンチエイジングと小顔を同時に叶える「さつま式メソッド」を考案。著書は『顔の「ゆがみ」がなければ、あなたはもっと美しい! 顔面筋革命』(講談社)。

口腔内からの深層筋ほぐしで筋肉の硬さをとって歪みオフ

 顔の歪みをとるためには、顔表面のマッサージだけでは足りなかった!?
「歪みケアは、顔表面の表情筋よりも顎関節を支えるそしゃく筋群や、舌を動かす舌筋群がカギ。特に口の中から顔深部の筋肉を刺激すると左右バランスが整います」(薩摩さん)
 顔の歪みに効果があるのは、口腔内にある筋肉=口腔内筋のマッサージや舌トレ。
「刺激で痛みを感じたり、舌トレで筋肉痛になる人は、口腔内の筋肉が硬く張って、口や鼻、目、あごが左右でずれ、顔が歪んでいます。左右、違和感があるほうを多めに行うことで、筋肉がほぐれ、歪みがとれてきますよ」

左右非対称顔をつくる
口腔内筋崩れチェック

ほうれい線の長さや深さが左右で違う
口角の上がり方が左右で違う
メガネがずれる
目の大きさが左右で違う
のどが渇きやすい
☑ 集中していると上下の歯がついている
エラが張っている
舌のまわりに歯形がついている
あごの位置が左右どちらかにずれている

1個でも当てはまったら、口腔内筋のバランスが崩れている!

上記に当てはまったら口腔内筋が衰えていたり、ある一部分だけ使いすぎているサイン。口腔内筋が衰えると目の大きさやエラの張りの左右差が増すだけでなく、唾液が少なくなるのでのどが渇きやすくなる。

顔を歪ませる口腔内筋肉はココだ!

Image title

そしゃく筋群

あごを動かす時や、嚙む時に力が入るのがそしゃく筋群。特に食いしばった時に力が入る咬筋の深層部は、エラ張りやあごのたるみの原因に。口の中からのマッサージが効く!

Image title

舌筋群

舌を動かす時に使われる筋肉。舌をよく動かすことで舌筋群が鍛えられ、あごや首のたるみがとれ、左右均等のフェイスラインに。特にほうれい線など顔の下半分にいい影響が。

口腔内筋をほぐす
咬筋マッサージ

清潔な指を口の中に入れて、顔の深層筋を刺激。バスタイムの習慣にすれば、いつでも手が洗えて清潔に保てるからオススメ!痛い部分は指定の時間より少し長めに行うと、筋肉がほぐれるだけでなく、むくみがとれて小顔に。

1.ほおの奥に指を入れて強くさする

Image title

硬い部分は念入りに!
右手の人さし指を左のほおの一番奥に入れて指の腹を当てる。左手は顔表面の食いしばった時にふくらむ場所に当て、ほおの内、外を上下左右に10回ずつ強めにさする。反対側も同様に。

2.口の中から小鼻を持ち上げる

Image title

小鼻を持ち上げるように
口の中に利き手の人さし指を入れ、左の小鼻の下に当て、鼻を持ち上げるように5回押す。鼻の下中央、右の小鼻も同様に、5回ずつ押す。広がった鼻を中央に集める効果もある。

3.ほおを内側から強めにさする

Image title

ほおをふくらませるイメージで
左ほおの内側に右手の人さし指の腹を当てる。指を上から下に動かしながらほおをふくらませるように、ほおの内側を10回さする。反対側も同様に行う。

撮影/恩田亮一、小野良子(取材) モデル/齊藤彩(VOCEST!) 取材・文・構成/山本美和

こちらも合わせてチェック
■【顔の歪み】を改善!セルフケア術【こぶしカッサ】をマスターしよう
■肩こり・腰痛も顔の歪みに影響!?全身のこりをとって美人顔に!