1. 【ダイエット中もOK】チョコレートを食べるならカカオ70%以上の物を選んで!

2018.10.27

【ダイエット中もOK】チョコレートを食べるならカカオ70%以上の物を選んで!

高カカオチョコレートにはダイエット効果があります。ただし、摂取の方法に注意が必要ですので気を付けましょう。

【ダイエット中もOK】チョコレートを食べるならカカオ70%以上の物を選んで!

Image title

なぜ高カカオがダイエットに有効なのか

チョコレートを食べるとすぐに血糖が上昇するため、少量で空腹感を消すことができます。この少量というのが重要です。たくさん取りすぎるとカロリーオーバーになり、ダイエットには逆効果です。

またカカオに含まれる“テオブロミン”や“カフェイン”には脂肪燃焼効果があります。ただし、これも取りすぎると身体が興奮してしまうので、夜遅い時間には食べないようにしましょう。同じようにカカオポリフェノールにも脂肪の蓄積を抑制する効果が報告されています。高カカオチョコレートを正しい時間に適切な量で食べて、ダイエットに役立てましょう。

統計データ

週に1回以上、カカオ70%以上のチョコを食べていない人は、太ももが太くなるリスクが4.31倍になります。

A: 週に1回以上、カカオ70%以上のチョコを食べていますか?
B: 人よりも太ももが太いですか?

Image title

Image title

集計数:309人
・オッズ比  AをしないとBになるリスクがX倍になることを示しています。
・信頼度  信頼度はデータの関連性の正しさを表しています。
(統計学のZ検定を使用)
>数値の見かたはこちら

チョコレートについて

美容お目覚め、ビタースウィーツ
最近は、チョコレートブランドもたくさんありチョコにまみれてしまう女子も多いはず。甘美な美味しさのスウィーツに、美容まで期待しちゃだめですか?

Image title

チョコレートの種類

もっとも一般的なのは乳固形分が14%以上のミルクチョコレート。規格はないが、カカオ含有率の高いビターチョコレートもある。ちなみに、ホワイトチョコレートはポリフェノールを含まない。

チョコレートの保存方法

チョコレートの融点は約28度。冷蔵庫に入れると風味が落ちる可能性があるので、冬なら室温で十分。夏なら冷蔵庫に入れるが、その場合臭いを吸収しやすいので袋などに入れて。

ゆずチョコスプレッド

ゆずチョコスプレッド

柑橘類の爽やかな香りをプラスして
パンやクラッカーに塗って食べるのが美味しいとろとろスプレッド。ゆずは、果汁も皮も使うことで、ゆず独特の爽やかな酸味とほろ苦さが溶け込む。また、ゆずチョコスプレッド大さじ1を150ccの牛乳やお湯で割れば、“ゆずチョコドリンク”も作れる。チョコとゆず両方のパワーで身体が芯からポカポカと温まる。寒い冬の夜には特にオススメのホットドリンク! 1185kcal

作り方
1.ゆずの皮をむく。ゆずの皮は千切りにする。
ゆずの皮を水(分量外)からゆでて、沸騰したらざるにあけ、水気をきっておく。
2.皮をむいたゆずは、薄皮をむき、種をとり、果汁を搾る。薄皮はざく切りにしておく。
3.(2)・水を合わせて鍋に入れ、火にかける。沸騰したら弱火にして5分煮る。(1)を加えてひと煮立ちしたら、砂糖を3〜4回に分けて加え、そのつどよく溶かしてなじませる。
4.(3)がジャム状になったら、刻んだチョコレートを加え、溶かす。
全体になじんだら火を止める。

料理のキメテ
柑橘類の房の外側に付いている白い筋には、ビタミンPというポリフェノールが含まれている。
ビタミンPは、毛細血管までしっかり血液を運び、冷え性に効くとされる。
柑橘類を食べるときは筋を取らずに食べよう。

材料
ビターチョコレート100g
ゆず1個(100g)
水1/2カップ
砂糖150g

鶏肉の赤ワインチョコレート煮込み

鶏肉の赤ワインチョコレート煮込み

バルサミコ酢の酸味とビターな風味がぴったり!
チョコレートのソースは、日本ではあまり馴染みがないけれど、フランス料理では鴨肉などのソースによく使われている。バルサミコ酢の味わい深い酸味とチョコレートのコク、そしてしょうゆが相まって、なんとも奥深い味を作り出す。バルサミコ酢には、鶏肉をやわらかく仕上げる効果も。具だくさんシチューの気分で、鶏肉と野菜、そしてソースを味わおう。 273kcal

作り方
1.鶏肉は皮をとり、塩をふっておく。
2.たまねぎはくし切りにし、にんにくはみじん切りにする。
ブロッコリーは小房にわけ、塩(分量外)を加えた熱湯でゆでて水気をきる。
3.鍋にオリーブ油・にんにくを入れて火にかけ、香りが出てきたら(1)を加え、こんがりと焼き色をつける。
4.(3)にたまねぎを加えて炒め、全体に油がまわったら赤ワインを振り入れ、ローリエとひたひたになるくらいの水(分量外)を加える。
煮立ったらアクをとり、Aを加えて煮る。
5.鶏肉がやわらかくなったら取り出し、ブロッコリーとともに器に盛り、煮詰めた煮汁をかける。

料理のキメテ
チョコレートと赤ワインは両方ともポリフェノールが豊富な食材で、老化防止ソースといってもいい。また、チョコレートに含まれる油脂は野菜のβカロテンの吸収率を高めてくれる。

材料
骨付きぶつ切り鶏肉(皮なしで)300g
塩小さじ1/3
たまねぎ1/4個
にんにく1/2かけ
ブロッコリー1/4株
赤ワイン大さじ1 1/2
ローリエ1/2枚
A
ビターチョコレート25g
バルサミコ酢大さじ1 1/2
しょうゆ大さじ1
オリーブ油大さじ1/2

バーボンファッジブラウニー

バーボンファッジブラウニー

しっとり焼き上げた、洋酒が香るかんたんケーキ
ざっくりと焼いて四角く切り分ける、家庭的なチョコレートケーキ“ブラウニー”。こちらはヘーゼルナッツとプルーンをしのばせている。ヘーゼルナッツは軽やかで香ばしさがあり、チョコレートと相性抜群。プルーンは甘酸っぱく、味のアクセントになり、しかも鉄など女性にうれしい栄養素に満ちた食材だ。プレゼントにも手軽なおやつにもなる、ハッピーなケーキ。 122kcal

作り方
1.ヘーゼルナッツは空焼きをして粗みじん切りにし、プルーンは5mm角に切っておく。
2.Aは合わせてボウルに入れ、湯煎で溶かしておく。
完全に溶けたら湯煎から外し、バーボンを加えてよく混ぜておく。
3.別のボウルにBを入れ、ハンドミキサーで泡立てる。
4.もったりとして白っぽくなったら、(2)を加えてよく混ぜる。
5.(4)にCをふるい入れ、ゴムベラでさっくりと混ぜ合わせる。
ヘーゼルナッツの2/3量・プルーンも加え混ぜる。
6.20cm×20cmの角型に合わせてオーブンシートを敷き、(5)を流し入れる。表面に残りのヘーゼルナッツを散らす。
7.180℃のオーブンで20〜25分焼く。

料理のキメテ
プルーンには鉄や食物繊維、カルシウムが豊富に含まれている。特に鉄は、卵のたんぱく質によって吸収率も高くなり、さらに、チョコレートにも含まれているため、しっかり補給できる。

材料
A
チョコレート100g
無塩バター40g
バーボン50cc
B
卵2個
砂糖70g
C
薄力粉50g
ココア15g
ベーキングパウダー小さじ1/2
ヘーゼルナッツ30g
プルーン50g

大豆のキャラメルチョコレート

大豆のキャラメルチョコレート

香ばしいお豆とキャラメルがカリッと軽やか
大豆の表面をキャラメルで包み、さらにチョコレートをまぶした二段構造になっているため、噛むとポリポリと軽い歯ごたえがあり、香ばしさが広がる。また、大豆はほかの豆類に比べて炭水化物が少ないため粉っぽくならず、軽い食感に仕上がる。ピーナッツなどよりも素朴で甘さが控えめ、さらに小粒仕上げだから、甘いものが苦手な男性でも楽しめそうな嬉しいお菓子に。 730kcal

作り方
1.Aを鍋に入れ、中火にかける。
沸騰して砂糖が完全に溶けたら、火を止めて煎り大豆を加える。木べらで混ぜながら、砂糖が白く結晶化してくるまで混ぜる。
2.再び火にかけ、大豆を混ぜながら、結晶化した砂糖をこがす。全体が茶色く色づいたら、オーブンシートなどに移して広げ、熱いうちに一粒ずつばらばらにする。
3.チョコレートを湯煎で溶かす。
4.(2)が冷めたらボウルに入れ、(3)の1/4量をまわしかけ、全体にからめるようにへらで混ぜる。
表面が乾いてきたら、同じように繰り返す。すべてのチョコレートをからめたら、ココアをまぶす。

料理のキメテ
大豆に含まれる鉄やたんぱく質、大豆イソフラボンなど豊富な栄養を手軽に摂ることができる。大豆の油脂はチョコレートやナッツより少なく、血圧やコレステロールを下げる効果があるとされるリノール酸を含む。

材料
ビターチョコレート75g
煎り大豆50g
A
砂糖25g
水大さじ2/3
ココア大さじ1

撮影/外山亮一、浜村多恵、中原一孝 監修/竹内冨貴子 フードスタイリング/阿部まゆこ、鈴木亜希子 協力/my healthy