1. 田中みな実流!イベント映えメイク|上品メタリックアイ×セミマット肌のバランスを楽しむ!

2018.10.22

田中みな実流!イベント映えメイク|上品メタリックアイ×セミマット肌のバランスを楽しむ!

大人になればなるほど、さじ加減が難しいイベントメイク&ドレスアップ。上品な佇まいと美貌で人気の田中みな実さんが「好感度しか生まない極意」を伝授します!

田中みな実流!イベント映えメイク|上品メタリックアイ×セミマット肌のバランスを楽しむ!

田中みな実さんのイベントメイク

Image title

愛されポイントは肌だった!なにはなくとも上品なツヤと透明感!

イベントメイクで大事にしているのは肌ですね。特にこだわっているのは人工的ではない 内側からにじみ出るようなツヤと、色つき下地を駆使して生み出すくすみレスな透明感。 こういった肌の美しさこそ、見る人に品や幸福感を感じさせることができると思うから。

愛されメイク × ファッション
上品メタリックアイ × 黒ロングドレス

大人っぽい黒レースのドレスには、イエローゴールドのメタリックシャドウで今季らしい華やかさをプラス。目元にインパクトがあるぶん、リップやチークには肌になじむカラーをチョイス。ヘアもゆるっと“頑張りすぎない”バランスを追求して。

みな実語録

“たとえば、クリスマスパーティ。メイクはトレンド満載、肌は上質。そんなバランスを楽しみたい”

メタリックシャドウは、私的にはかなり冒険。でも、肌を上質なセミマットに仕上げておけば品が保てるし、頑張りすぎた感じになりません。

アイメイクに使ったのは……
SUQQUのメタリックシャドウ

Image title

大小のパールが華やかにきらめく。ひと塗りでまぶたにピタッと密着し、長時間ヨレないのも魅力。

グロウ タッチアイズ 02 ¥3700/SUQQU

Image title

パールが際立つブラウンアイライナー。
ディオールショウ オンステージ ライナー 466 ¥3600/パルファン・クリスチャン・ディオール

Image title

シャイニーなゴールドブラウン系。
ケイト ヴィンテージモードアイズ BR-2¥1200(編集部調べ)/カネボウ化粧品

メイクポイント!
「上品メタリックアイ」の作り方

Image title

1.Aを二重幅と下まぶたの目尻1/3に。下まぶたの目尻1/3のキワにはBを細く。

Image title

2.リキッドシャドウはアイホールの中央に黒目幅よりやや広めにポイント的に。密度の異なるパールを重ねて奥行きのある目元に。

Image title

3.上まぶたのキワ、目頭から目の形に沿って目尻より少し長くラインを引く。

みな実語録

“男女いる場では同性から支持を得た方が、きっとよい”
結婚式やクリスマスパーティなど男性と女性の両方がいるイベントでは、女性目線を意識します。同性の厳しい目をクリアできたスタイルなら、男性にも好評なはず。

“濃いチークは大人ウケと男性ウケがよくない。肌なじみがよく、主張しすぎないものを”

チークが目立つメイクは、厚化粧に見えがち。「メイクを頑張ったからキレイ」という印象は欲しくないので、チークは肌になじむ淡い色みが基本。

Image title

肌に自然な陰影と血色をもたらす。目頭の少し下からしずく形に入れて高揚感を。

カムフィー ブラッシュ 04 ¥3500/セルヴォーク

冒険メイクを受け止めるのはセミマット肌

赤みのある部分にイエロー、小鼻脇やまぶたなどくすみが気になる部分にはブルーの下地でトーンを整える。全顔にふわっとパウダーをのせ、セミマットに仕上げて。

Image title

(右)プリズム・プライマー SPF20・PA++ 03
(中)プリズム・プライマー 0130ml 各¥5900/パルファム ジバンシイ
(左)フィニッシュ ルースパウダー 02 ¥6500/アンプリチュード

どのパーツにも密度の異なるツヤを仕込んで

目元に強い輝きを使うなら、他のパーツにもツヤを。密度の異なるツヤを選ぶと洗練度がUP。唇には軽いツヤを。繊細な光のハイライターは目尻下の影ができやすい部分に仕込んで明るさをプラス。

Image title

(右)タン・クチュール・シマー・パウダー 01 ¥5500/パルファムジバンシイ
(左)ディグニファイド リキッドリップス 04 ¥3200/セルヴォーク

完成♡

Image title

黒レースノースリーブワンピース¥98000/(グレースクラス)、クラッチバッグ¥22000(グレースコンチネンタル)/アイランド ショールーム イヤリング¥22000/Room403 表参道本店(Room403)

撮影/向山裕信(vale.)、伊藤泰寛(静物) ヘアメイク・監修/ AYA(LA DONNA) スタイリング/筒井葉子(PEACE MONKEY) 取材・文/中川知春