1. 「シャコ20貫」「24年間ダブルチーズバーガー」etc.……【食の偏愛】徹底レポート!|1000人ネット調査

2018.10.28

「シャコ20貫」「24年間ダブルチーズバーガー」etc.……【食の偏愛】徹底レポート!|1000人ネット調査

生きていくうえで、欠かせないのが「食」。好きなものやキライなものなどいろいろあるけれど、もはや最強のエンターテイメントといっても過言じゃない。そんな1000人の食事情に密着!

「シャコ20貫」「24年間ダブルチーズバーガー」etc.……【食の偏愛】徹底レポート!|1000人ネット調査

いくら食べても飽きない!

11年間、毎日バニラアイスを食べている。ざっと見積もって4000個以上、80万mlオーバーのバニラアイスを食べていることになる。(33歳・会社員)

Image title

焼き肉を3日で5回食べた時は自分でもニンニク臭かった。(39歳・自営業)

おやつのカシューナッツが止まらない!一週間に1kg、5000kcal超え。(21歳・大学生)

ソフトクリームが好きすぎて一日に10個以上食べたことも。わんこ蕎麦状態でおかわりするのでアイス屋の店員が引いていた。(28歳・事務)

ポテチ5袋を毎日食べていた時期があった。お年頃のお顔がブツブツになり、ドクターストップに。(33歳・公務員)

Image title

ダイエットのために“夜トマト”を始めたらすっかりハマってしまい、6kg痩せたあともトマト熱が冷めず!もう7年以上、毎晩トマトに砂糖をかけて食べている。(30歳・保育士)

かれこれ半年以上、毎日昼と夜のご飯は、うどん。(33歳・建設)

ランチは、週3回、回転寿司。20分で30皿!(29歳・会社員)

餃子が好きすぎて専門店で思い切り食べてみることに。すると15皿(105個)食べても飽きることはなく、その帰り道、すでにほかの店の餃子にヨダレがジュルッ。(28歳・レンタル業)

親子丼を食べ続けて、はや1ヵ月。(34歳・事務)

Image title

彼と初デートで寿司屋へ行った時、「シャコ20貫。という注文に交際していいものか、悩んだ。(30歳・販売)以上で」

社会人になってから日々の疲れを癒やすのは、どんぶりに山盛りのこしあん。やめられない♡(27歳・営業)

Image title

とんこつラーメンを食べ続けて5021日目。昼と夜に会食の予定がある時は朝から食べるし、週末は毎週のように本場九州へ遠征に!(35歳・フリーランス)

週1ペースで通っているファストフード店で食べているのは24年間ダブルチーズバーガーのセットのみ。期間限定ものに浮気しても満足いかず結局買い直すので、もう“ダブチ”に一途。(36歳・出版)

味覚の変遷

大嫌いだった抹茶とあんこ。大人になれば好きになると聞いていたがまさに30歳でドハマりしました。(33歳・事務)

関西で毛嫌いされていた納豆が今では大人気。スーパーでも当たり前のように売っている。栄養もあるし、美容にもいいし、なんで食べなかったのかと後悔。(29歳・サービス業)

人はなぜ山菜を食べるのだろう。ただただアクが強い繊維じゃないか。そう思っていた私が今、旬を迎えると、それが欲しくて山に採りに行ってしまうまでに。(30歳・無職)

Image title

ブヨブヨとした歯ごたえが大嫌いだった椎茸。お酒を飲むようになって、焼いたものに醤油を垂らしたものを食べた時、あまりの旨さに今まで食べなかった自分を殴りたくなった。(30歳・会社員)

ゴムのようだと思っていたエリンギ。「食感がアワビにそっくり」と聞いた瞬間からいい歯ごたえで美味しいと思えたから不思議。すっかりエリンギブームが到来。(26歳・飲食)

若かりし頃、山椒の実の辛さを罰ゲームに使っていた時が。そんな仲間から「ご飯のおかずに」といって山椒の実を炊いたものをもらって喜ぶ私。(34歳・主婦)

苦手だけどだけど食べてます

★まずくはない
よくCMで「美味しい! 抹茶のよう」と絶賛されている青汁を毎朝飲んでいる。ただ、コレに健康&美容効果がなくても飲むかといえば絶対に飲まない味だと断言できる。(30歳・教育)

★トイレソフト
ラベンダーが有名な観光地で食べたラベンダーソフト。芳香剤を食べているような気分になる味で、普段食べ物を残さない彼氏もお手上げ状態に。(27歳・事務)

Image title

★ミランダ・カー気分
ココナッツオイルが流行った時、コーヒーやカレーに入れたり、クッキーを焼く時に生地に混ぜたりしていたけれど、全部が“ハワイ風味”になっちゃうので、2週間で飽きてしまった。(31歳・主婦)

★スーパーフード
チアシード入りのドリンクを飲んでいる意識高い系の先輩。どう見てもカエルの卵がジュースに浮いているようなビジュアル。口では「美味しい」と言いつつ、涙目になっていた。(28歳・販売)

Image title

★無心で食べる
鉄分が体によいと聞き、焼き鳥屋に行くたびにレバーを注文。とはいえ、正直、苦手な部類なので、あまり嚙まずなるべく早く飲み込んでいる。(26歳・広告)

情熱なら負けません!

★欲望の3食
朝、香川でうどんを食べた後、大阪へ行ってたこ焼きを食べ、そのまま名古屋へ行き、きしめんを食べた。(28歳・会社員)

★一日3回外食派
美味しい食事はしたいけれど、太りたくない。なので、10㎞圏内の外食は歩いて往復。3年で内臓脂肪が半減。(33歳・事務)

Image title

★獣命
ジビエにハマり、もっと新鮮なイノシシや鹿を食べたいと思い、狩猟免許を取得した。さらに血が滴るような鮮度で食べたくなり、田舎に引っ越しを決めてしまった。(33歳・会社員)

★ソフトクリームのために
回った牧場の数、37県、全224ヵ所。(27歳・OL)

★インド男
インドを巡って厳選したスパイスを使った本格的なカレーに加え、ナンやラッシーまで手作りする彼。(32歳・販売)

イラスト/五月女ケイ子 文/金子優子 協力/千田好美、岡崎邦子(マーケティングジャンクション) 構成/佐野桐子