1. 長井かおり|人気連載を総編集!読者に人気だった「美のワザ」はどれ?

2018.11.06

長井かおり|人気連載を総編集!読者に人気だった「美のワザ」はどれ?

長井かおりさん発のひとワザありなメイクテクを紹介する人気連載の総集編! 美界をあっと驚かせたワザたちを、もう一度おさらいしていきます。

長井かおり|人気連載を総編集!読者に人気だった「美のワザ」はどれ?

ヘア&メイクアップアーティスト
長井かおりさん

独自のメイクテクに注目が集まる、今一番目が離せないアーティスト。VOCEをはじめとした雑誌やテレビで大活躍中。

Image title

人生で初めて雑誌連載を担当させていただいたのがVOCE。著書でも紹介しているように、「コスメの良し悪しではなく、テクニック次第で美は磨ける」ということを伝えたく、必死に駆け抜けてきました! 紹介してきたのは、どれも私が長年の経験をもとに編み出した、自信のあるテクニックばかりです。決して難しいことではなく、ちょっとした心がけで変わるものが多いので、ぜひ実践してほしい! テクニックで、一生モノの顔を手に入れましょう!

長井的伝説をおさらい♪

■伝説1:合計20万部突破!著書がどれもバカ売れ中

Image title

長井さんのテクニックをまとめた本は、どれも大ヒット! あっと驚くテクニックが満載だから、読むだけで美容スキルが上がります。

■伝説2:読者アンケートで連載が常に人気上位をキープ!

アンケート集計で常に上位をキープし続け、読者からの反響も多かったことから連載の人気ぶりが窺えます。好きな写真ランキングに選ばれることも!

■伝説3:長井メイクを実践し美人になる人続出中!

Image title

実用性の高いテクニックを多く紹介していることから、「参考になる!」との声があちこちで。長井メイクを真似して、美人度がアップした人多しです♪

読者に人気だった長井メイクはこちら!

◆難易度高めのアイテムを使いこなすさりげなテクにざわついた!

【2017年11月号】

Image title

見事1位に輝いたのは、派手リップを使いこなす長井流の繊細テク。リップの色みや発色によって塗り方を変えることで、どんな色でも似合わせてしまうのがすごい。細部へのこだわりの大事さを気づかせてくれました!

<HOW TO MAKE UP>

①事前に行う“しごき”は2段階。容器のフチで液をそぎ落した後は、必ずティッシュオフ。

Image title

②唇の輪郭に沿って、色をオン。ここは自由に描いてOK。オーバーめに描くのも可愛い♪

Image title

③極細タイプの綿棒で唇のまわりをグルリと一周。フチの色をなじませます。

Image title

【BEFORE】

Image title

【AFTER】

Image title

唇と肌との境目がパッキリと分かれず、いい感じにぼけていることで、強すぎる印象をクールダウン。色がなじんで、自然と溶け込んだ印象になるので、失敗も少なくなりますよ。ヴィヴィッドな色を使う際におすすめのテクニックです♪

MAKE-UP POINTS!

Image title

どマットな赤リップを使うには、しごき&後処理が大事!
発色が抜群にいいマットな赤リップは敬遠してしまいがち。難しいと感じた人は、チップのしごき&唇に塗布後の後処理テクを習得して。

詳しくはこちらをチェック!
【人気ヘアメイク・長井かおり発】派手リップを使いこなす方法【色別塗り比べ】

動画でHOW TOもチェック♪

◆デートに最適なうぶ肌メイクテクにざわついた!

【2018年2月号】

Image title

冬のデートでは、男性が思わず触れたくなる“うぶ”で軽やかなフォギー肌を装いたい。上気したような血色があり、守ってあげたくなるような女子を演出できちゃう! 2 種のパウダーを使い分けるのが長井流テクニックのキモ。

<HOW TO MAKE UP>

①ミネラルパウダーは斜めカットされたブラシで。断面に粉を含ませ、肌を磨くようにのせる。

Image title

②フェイスパウダーは、ブラシをトントンと動かし、まぶすようにのせる。ソフトフォーカスな磨りガラス肌へ。

Image title

MAKE-UP POINTS!

2種のパウダーを目的別に塗り分ける!
いつも、肌仕上げ用に2 種の形の違うブラシを常備して使っています。肌にツヤを与えつつ、アラを隠してくれる「ミネラルパウダー」と、フォギーな質感をプラスする「フェイスパウダー」を塗り分けるのも私流のテク!

詳しくはこちらをチェック!
【ヘアメイク長井かおり発】寒空の下で映える【デートメイク】

動画でHOW TOもチェック♪

取材・文・構成/河津美咲